2006年06月27日

タイヨウのうた

YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、田中聡元、小柳友、ふせえり、
小林隆、マギー、山崎一他出演。

原作/脚本、坂東賢治。監督、小泉徳宏。

あらすじ

YUIの演じる雨音薫(16歳)は、XP(色素性乾皮症)という病気で太陽の陽射しを浴びることの出来ない体であり、夜になってから街に出て路上ライブをする日々を送る。

薫の部屋から見えるバス停に、明け方サーフボードを持った高校生が現れ、彼を眺めるのが日課となる。その彼とは塚本高史演じる孝治であり、3人組でサーフィンに出かける。

薫は路上ライブの時に孝治を見つけ、ひたすら追いかけて、そして追いつき彼に自己紹介をするが・・・。

0626-10626-2






感想

登場人物が孝治と薫にその父、母、友達とごくごく限られたシンプルな作品でした。

孝治と薫の恋愛がメインとなるのですが、薫の魅力が路上ライブや練習風景を通じて伝わってきたのです。一方、孝治の魅力というのが比べると、あまりにも描かれていないと思ったのです。ほぼバス停のシーンのみなのです・・・。

・・・個人的に、作品中の薫は孝治の、孝治は薫の視点から描かれているように思いました・・・。

恋愛の進行と共に病気も進行していくのです・・・。そんな中で孝治の優しさが、薫を前向きにしました。「薫の歌をCDにする」約束でした。
高校生の孝治が考えた精一杯の励まし方に感動です。。。
そして、この歌に涙です「Good-bye days」。ひたすら涙。。。

実は孝治以上に、岸谷五朗が演じる薫の父のさりげない優しさにやられました。孝治と薫を会わせようとするとは・・・。恐い父親像を描いていたのですが真逆でした。

薫にとっては孝治こそが太陽のような存在だったのかもしれません。

(6/23鑑賞)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/real_love_life/50676971
この記事へのトラックバック
彼女は、タイヨウに帰っていった。僕の心に、歌を残して。 ■監督 小泉徳宏■原作 天川 彩(「タイヨウのうた)ソニー・マガジンズ刊」■原案・脚本 坂東賢治■キャスト YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、山崎 一□オフィシャルサイト  『タイヨウ...
『タイヨウのうた』【京の昼寝〜♪】at 2006年06月27日 23:33
 Aadd9−E−Bm7−Dadd9♪
タイヨウのうた【ネタバレ映画館】at 2006年06月27日 23:37
映画としては小粒で素朴なんですが、わりと序盤から心の琴線にふれてくるもんですから、ウルウルきちゃって、涙注意報に警戒するまでもなく、早々と泣けてしまいました。作品がどうこうというよりも個人的なツボがとても多い物語だったんですね。主人公の薫にも孝治にも素直....
タイヨウのうた/YUI、塚本高史、岸谷五朗、通山愛里【カノンな日々】at 2006年06月27日 23:41
ピュアな歌声が心に響き,じんわりと感動。 だけど,お涙頂戴の場面も幾つかあって少し興醒め。 良い映画なのに,そこだけ残念。
タイヨウのうた【Akira's VOICE】at 2006年06月28日 18:39
5月30日(火)試写会・プレシネ60にて 太陽の光に当たることが出来ないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えた16歳の少女・雨音薫(YUI)は、学校にも行けず、昼と夜が逆転した孤独な生活を送っていた。そんな薫の生きがいは、歌を歌うことだった。誰も居ない深夜の駅前で....
もうひとつの「いじわるな神様がくれたもの」◆『タイヨウのうた』【桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」】at 2006年06月29日 18:18
2006年6月17日 劇場初公開 公式サイト: http://www.taiyonouta.jp/ 渋谷アミューズCQNシアター1(8階) 2006年6月28日(水)11:00の回 ゴウ先生総合ランキング: B-/C+   画質(ビスタ): B-   音質(ドルビーデジタル・ステレオ?): B
タイヨウのうた【映画と本と音楽にあふれた英語塾】at 2006年06月29日 18:52
「彼女は、タイヨウに帰っていった。        僕の心に歌を残して。」 監督:小泉徳宏 脚本:坂東賢治 出演:YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、田中聡元、小柳友、ふせえり、小林隆、マギー、山崎一 公式HP:http://www.taiyonouta.jp/ 鑑賞:T...
タイヨウのうた / A SONG TO THE SUN【きょうのあしあと】at 2006年06月29日 22:36
彼女は、タイヨウへ帰っていった。 僕の心に、歌をのこして。 CAST:YUI/塚本高史/麻木久仁子/岸谷五朗/通山愛里  他 ■日本産 119分 久々に目頭が熱くなって鼻をかんだ映画に出会いましたわ〜。 お気に入り度も久々の五つ★!! 本当は観に行く予定はなかったけど、...
タイヨウのうた(映画館)【ひるめし。】at 2006年07月02日 16:42
まっすぐに前向きに、今出来る事を一生懸命に! 予告編では、3回泣いた…。 けれど、不思議と劇場では涙はなかった。 その代わり、彼女の瑞々しい歌声が、心の奥にまでジンジンと響いてきましたよ。 『タイヨウのうた』 輝く太陽の様に、キラキラと眩しいくらいの彼女の姿...
『タイヨウのうた』【Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐】at 2006年07月02日 21:15
大切なもの 歌 家族 そして 彼 限られた時間を 歌と生きた少女の物語 太陽にあたると 死んでしまう 彼女はタイヨウに帰っていった 僕の心に歌を残して 『私、生き生きて生きまくるんだから!』
【劇場鑑賞68】タイヨウのうた "Live Life Love"(A Song to the Sun)【ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!】at 2006年07月04日 00:56
 公式サイト 映画 『 タイヨウのうた 』 [試写会鑑賞] 2006年:日本 【2006年夏ロードショー】[上映劇場 ] 監 督:小泉徳宏 脚 本:坂東賢治 原 作:坂東賢治  [ キャスト ] YUI 塚本高史 麻木久仁子 岸谷五朗 ...
『 タイヨウのうた 』【やっぱり邦画好き…】at 2006年07月04日 05:21
『タイヨウのうた』 “月の下でしか生きられない少女”雨音薫役のYUI、“バカで下品な高校生”藤代孝治役の塚本高史。この2人の演技はとてもナチュラルな感じで好感が持てました。それに岸谷五朗の不器用でぶっきらぼうな父親役も後半にかけてすごくいい味出してます。...
Live Life Love【】at 2006年07月04日 14:39
http://www.taiyonouta.jp/最寄りの映画館で鑑賞。こんな病気が有ったんですね。全国色素性乾皮症連絡会 公式ホームページ最近、病気を題材にした映画が多い中、これは比較的明るく、最後まで生きてやろうという気持ちがい
タイヨウのうた【勝弘ブログ】at 2006年07月04日 23:57
まずはじめに、この映画はあなたの予想してるよりイイです!!(断言(笑))  画づくりが丁寧です、非常に勉強になります。ツッコミどころがないほどリアルな恋愛、家族愛も描かれているので若者にも大人にも心に染み入るでしょう。 松下IMPホール、主演YUIの生ミ...
タイヨウのうた試写会 セカチューをもしのぐ涙あふれる感動ラブストーリー、、、だったんですが。【長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 】at 2006年07月05日 00:02
太陽が沈んでから日が昇るまで。 それが少女に与えられた限られた時間。 暗闇の中で歌を歌い、恋をし、死を迎えるその瞬間まで精一杯生きた彼女の、澄んだ歌声に思い切り泣いてください・・・
「タイヨウの歌」【ハッピーエンド】at 2006年07月07日 20:55
 のびやかと素直さがいい。それは、主演であるYUIとYUIの歌、そしてこの映画を演出している弱冠25歳の監督の手腕についても言えることで、未熟さ、拙さはあっても、ヘンな気取りや押し付けがましさがなくて、さっぱりとして清清しい。それは、主人公が好きになった男の子を...
YUIは山崎まさよしを超えられるか? 映画『タイヨウのうた』【海から始まる!?】at 2006年07月10日 04:34
 絵に描いたような静謐なメロドラマ。それも、韓国映画の書法を地でいくような描き方に、いずれは韓国でリメイクされるのではという予想や、あるいは
タイヨウのうた【シネクリシェ】at 2006年07月11日 10:02
6月に全国ロードショーされる「タイヨウのうた」のマスコミ試写。 監督は25歳の小泉徳宏。YUI、塚本高史、岸谷五朗、麻木久仁子ほか出演。 16才の薫(YUI)は太陽の光にあたることができないXP(色素性乾皮症)という病気で、昼間は自宅の部屋に閉じこもり、夜になる...
「タイヨウのうた」【やまたくの音吐朗々Diary】at 2006年07月15日 14:48
監督:小泉徳宏 出演:YUI、塚本高史、岸谷五朗、麻木久仁子、通山愛里 評価:92点 公式サイト (ネタバレあります) 泣いた・・・。 ラストで薫(YUI)の歌う「Good-bye days」が流れだしたきには鳥肌が立つような感動が押し寄せてきた。...
タイヨウのうた−(映画:2006年98本目)−【デコ親父はいつも減量中】at 2006年07月21日 22:32
 ドラマも放映しているタイヨウのうたの映画版を見てきました。病気者と言えば最近は1リットルの涙が記憶に新しく、かつドラマ版は僕的には最高傑作と思っていますが、タイヨウのうたはどうでしょうか。。。
「タイヨウのうた」遅ればせながら・・・。【よしなしごと】at 2006年07月24日 00:56
評価:★10点(10点満点)   監督:小泉徳宏 主演:YUI 塚本高史 麻木久仁子 岸谷五朗 2006年 119min  公式サイトはこちら。 彼女は、 タイヨウに帰っていった。 僕の心に、歌をのこして。 歌と共に生きる雨音薫(YUI)とサーフィン好....
タイヨウのうた【Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)】at 2006年08月03日 14:53
2006年 小泉徳宏監督作 純粋で素朴な映画。色素性乾皮症(XP)に関する作品。 映画としての出来具合は、監督初の本格デビュー作ということで雑で荒削りな気がするけれど、XPという病気そのものの知名度を高めるには十分な役割を果たしていると思う。 XPに関する映....
「タイヨウのうた」【雑板屋】at 2006年08月07日 11:17
ドラマも見てますが、これは映画版の感想です。 観るきっかけは、ドラマ見てたからなんですけど、思っていた以上に 映画が良く手ですね^^ 是非??紹介したかったんですが、もしかして公開終わってる? 監督  小泉 徳宏 出演  YUI  塚本 高史  麻木 ...
タイヨウのうた【PLANET OF THE BLUE】at 2006年09月09日 02:44
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術3/衣装2/配役4/魅力4/テンポ3/合計37) 『評論』 「世畀x?? 9
【邦画】タイヨウのうた【ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!】at 2006年12月26日 13:35
カテゴリ : ラブ・ストーリー 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 119分 公開日 : 2006-06-17〜 監督 : 小泉徳宏 出演 : YUI 塚本高史 麻木久仁子 岸谷五朗 マギー 山崎一 届くことを、信じること。 雨音薫、16才。学校に行かず、夜...
mini review 07017「タイヨウのうた」★★★★★☆☆☆☆☆【サーカスな日々】at 2007年02月02日 12:51
月の下でしか生きられない少女。 サーフィンの好きな陽に焼けた少年。 交わるはずのないふたりが出会って、奇跡の物語がはじまった------。 海辺の町に暮らす雨音 薫(YUI)は16才。彼女は太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えている。学校には行けず...
映画「タイヨウのうた」 〜我にとっての“生きる証”は歌う事である〜【混沌と勇気日記。 〜紡げ、天地創世の破滅を綴る勇ましき姿を〜】at 2007年03月14日 03:26
タイヨウのうた 2006年   小泉徳宏 監督  板東賢治 原作、脚本YUI  塚本高史  麻木久仁子  岸谷五朗  通山愛里  田中聡元  小柳友  ふせえり  小林隆  マギー(ジョビジョバ)  山崎一 うわぁ〜、、、これはダ...
タイヨウのうた 07069【猫姫じゃ】at 2007年03月20日 16:52
タイヨウのうた   公式HP   詳細@yahoo映画 去年のうちにWOWOWで録画していたこの作品を鑑賞 初鑑賞だったがとても良かった XPって言う病気の事も初めて知ったし まぁ、何てったって“YUI”のかわいさ・素朴さその魅力にやられた?? 演技はまだ初々...
≪タイヨウのうた≫(WOWOW@2008/01/04@009)【ミーガと映画と… -Have a good movie-】at 2008年01月29日 17:02