以下の2つのランキングでNO.1資格ブロガーを目指しています。
下記のバナーをそれぞれクリックして頂けるとランキングが上がります
是非「毎日1クリック」
をお願いします
rankにほんブログ村 資格ブログへ
                


本試験から数日経ちましたが如何お過ごしでしょうか?
早速仕事に全力投球の方、あまり相手できなかった子どもと思う存分遊んでいる方、
趣味に没頭している方、飲みまくっている方、自己採点の結果にうなされて体調を壊した方、
様々だと思います。
とにかく数日はゆっくり過ごしてリフレッシュして下さいね。

さて、解答速報は各資格学校で発表されていますので、今から数回に分けて本試験の講評を行います。
あくまで「私の主観」ですから、参考までに…。
まずは選択式の「労働編」からです。


[労働基準法・労働安全衛生法]
労働基準法は近年の特徴である「判例」に特化した問題となりました。
見た瞬間、「ヤバイ…」と思った方は多いと思いますが、冷静に読むと十分解答できる問題でした。
B、Cで間違えても、Aは正答できる問題です。
また、労働安全衛生法は「ベタ過ぎる基本問題」でした。
例年安衛法は難しく1点取るのがやっと、という傾向でしたが、今年はキッチリ2点取れる問題です。
労働基準法でB、Cを落としても3点は十分確保できる問題です。

[労働者災害補償保険法]
近年難問が出ていましたが、C、D以外は基本論点からの出題でした。
特にA、Bはこのブログでも、授業内でも、出題予想会でも予想していた「社会復帰促進等事業」
からの出題でしたので、受講生は当然として、ブログをご覧になった方も正解しました…よね??
あと、受講生の方に話を聞いてみると、C、Dで間違っている方が多いようです。
確かに派遣「先」か「元」で悩むかもしれませんが、それこそ以前から何度も言っていたように、
3点取ればいいのですから、C、Dともに同じ答えにするのが賢明です。
あと、一般の受験生から見た場合、A、Bの条文をキッチリ見てたわけじゃないと思いますので、
個人的には他科目との調整次第ですが救済可能性も(低いですが)あり得ると思います。

[雇用保険法]
例年基本的な問題が多く、5点取れる問題が続いていますが、今年も同傾向でした。
ある意味意表を突いた目的条文からの出題ですが、受験生として基本中の基本として押さえておかなければいけませんし、
CDEも基本論点でしたので、今回の本試験で唯一自信を持って5点を取れる問題ではないかと思います。

[労働一般常識]
一般常識は労働も社保も、選択も択一もムチャクチャ怖い科目なのですが、今年は珍しく一般的な出題でした。
H19改正法律である男女雇用機会均等法からの出題ですが、A、B、Cは難なく回答できると思いますし、
D、Eもテキストをキッチリやっていれば問題ないと思いますので、総合点のためにも
4〜5点取っておきたいところです。

以上、選択式の労働編講評です。
しつこいですが、あくまで「私の主観」ですので、参考程度にご覧下さい。

次回以降も引き続き講評を行っていきます。

では、今日はこの辺で 
第42回社労士本試験の合格発表まで72日です

以下の2つのランキングでNO.1資格ブロガーを目指しています。
下記のバナーをそれぞれクリックして頂けるとランキングが上がります
是非「毎日1クリック」
をお願いします
rankにほんブログ村 資格ブログへ