以下の2つのランキングでNO.1資格ブロガーを目指しています。
下記のバナーをそれぞれクリックして頂けるとランキングが上がります
是非「毎日1クリック」
をお願いします
rankにほんブログ村 資格ブログへ
                


早いもので本試験から4日経ちました。
受講生の方から毎日連絡があり、喜びの声、安堵の声、後悔の声、怒りの声、懺悔の声、様々な反応があります。
いずれにしても、これが今回の結果です。
色々問題で疑義や不審な点はありましたが、ただ、それは全員同じ条件です。
皆同じ、その条件の中で結果を出している方もいる訳ですから、まずは喜びも悔しさも含めて、
今回の結果を受け止めましょう。

さて、前回から第42回社労士本試験問題の講評を行っていますが、今日は「噂の」社会保険編です。
どんな噂って?
それはそれは悲喜交々の悪い噂です(;´Д`)

また、前回に引き続きあくまで「私の主観」ですから、参考までに…。
では選択式の「社会保険編」です。


[社会保険一般常識]
択一式では近年毎年出題されていた「確拠・確給」ですので、キッチリ択一対策を行っていた受験生であれば
ABCは楽に入ったでしょう。
それに、出題予予想会や授業でも適格退職年金廃止(H24.3.31)に伴い、企業年金関係は予想していましたので、
私を信じて頂いた方は(笑)解けたと思います。
ただ、一般常識という性格上、なかなか手が回らない受験生も多いので、十分にテキストの読み込みや
問題演習ができなかった受験生にとっては1〜2点しか取れていない方も多いと思います。
いずれにしてもDEが非常に難しい論点でしたので、択一対策をきっちりできていたかどうかで明暗が分かれる結果となりました。
そういう意味では「難しい問題」とも言えますので、2点救済の可能性は(少し)あります。

[健康保険法法]
この問題も社一と同じく択一対策をキッチリ出来ていれば十分3点以上は確保できました。
特にABCは「ザ・基本」とでもいうべき論点ですので、DEで間違っても3点確保は容易だったと思います。

[厚生年金保険法]
数少ない年金関係の改正項目である在職老齢年金からの出題でした。
授業の中でも「法改正があったので例年よりも計算問題が出る可能性が高い」ということは
お伝えしてましたので、CEが比較的難しいため、計算問題であるABが取れているかが3点クリアのポイントです。
また、Dについても論点は簡単なのですが、「繰り上げ」と「繰り上げの特例」をゴチャゴチャにしている
受験生も多くいましたので、ABが取れていないと1点前後という結果になっていると思います。
ただ、受講生に関して言うと、Eは模試の択一で出題されていた論点でしたので、取って欲しかった…。
2点救済可能性は(多分)あると思います。

[国民年金法]
さあ、真打ちの登場です(笑)。
受講生の方に話を聞いたら、本試験中にこの問題を見て、思わず「えぇぇ…」という声を出していた方がいたらしいです。
気持ちは分かります。
色々意見はあるでしょうが、完全に私個人の独断です。

これは5点中3点以上取らないと原則合格できない試験の問題としては、厳しいにも程があります。

正直、講師という立場からして、Aは授業中口頭でも板書でもレジュメ配布でもお伝えした内容ですし、
Bはテキストに載っているし(さらっとしか見てませんが)、DはB前後の文章から
「物価が下がった時だけ引き下げるルール」と書いていることから物価下落率は選べるはずなので、
3点とは言わないまでも、AとDは正答して欲しい問題でした。
ただ、一般の受験生からすれば全て??という問題に違いありませんので、そういう救済確実な
しかも1点救済さえ十分あり得る問題というのは、原則の基準点から考えてもムチャしすぎです。
更に点数が低い要因として、最後の科目というのもあります。
選択式は順番を管えず最初から解く方が多いと思いますが、労働基準法が難しくはないが判例で長文だったため
思いの外時間がかかり、しかも途中の社一と厚年で悩んで時間が無いところにラスボス登場、というわけですから…。
ドラクエで言えば、バラモス(社一・厚年)を倒しても、実はゾーマ(国年)がいた、という感じです。←わかりにくい??
結果は合格発表まで分かりませんが、2点救済は(ほぼ間違いなく)あると思いますし、1点救済もありえます。


さて、以上で選択式試験の講評を終わります。
今回は社保編の難易度が高くトータルも24点前後に落ち着くのではないでしょうか。
更に国年がこんな感じですから、恐らく多くの受験生が昼休みは沈み切っていたのではないでしょうか?
そして昼からの択一が始まっても選択を引きずってしまい、思うように力を発揮できなかった方も多かったはずです。
そういう意味で、今回の選択式は今年の本試験の結果を大きく左右する問題だったと思います。


次回以降も引き続き講評を行っていきます。

では、今日はこの辺で 
第42回社労士本試験の合格発表まで71日です

以下の2つのランキングでNO.1資格ブロガーを目指しています。
下記のバナーをそれぞれクリックして頂けるとランキングが上がります
是非「毎日1クリック」
をお願いします
rankにほんブログ村 資格ブログへ