以下の2つのランキングでNO.1資格ブロガーを目指しています。
下記のバナーをそれぞれクリックして頂けるとランキングが上がります
是非「毎日1クリック」
をお願いします
rankにほんブログ村 資格ブログへ
                


18日(土)・19日(日)と、出題予想会を実施しました。

まずは、暑い中ご参加頂きました約140名の皆さん、お疲れ様でした。
本試験1週間前という重要な時期に、北は山口県、南は大分県からも、遠路わざわざ
北九州までご足労頂きましてありがとうございました。

貴重な時間を費やして頂いた皆さんのためにも、今回お伝えした「予想」や「重要項目」が、
1週間後に点数として反映されることを信じてます。


また、このブログでも選択式予想はアップしていますし、出題予想会と同内容ですので、
このブログをチェックしてくれた方にも、1週間後は幸せが訪れることでしょう(笑)。

ただ、しつこいですが、社労士試験はとにかく「択一式で勝負」です。
選択式の予想が当たったとしても、ここがクリア出来てないことにはどうしようもありませんので、
最後は問題集ではなく、テキストの読み込みをしっかり行なって知識を固めましょう。


そして、このテキストの読み込みですが、単にテキストを読んで内容を確認すること、
と同一視している方が多いので、釘を刺しときます。

単にテキストの文字を読む、のではありません。
そして、そこに書いてあることが「分かるか分からないか」を確認する、ことでもありません。

‖魄賁簑蟒犬魏鬚際に確認した「条文毎の論点」「引っ掛け」を意識しながら読む
他法律との横断的な整理を意識して読む
A択対策を意識して読む

これがテキストの読み込みです。


例えば離婚時の年金分割について、条文は読みにくいが、制度の仕組み自体は、離婚時分割(H19)も
3号分割(H20)も決して難しくはありません。
相違点を中心に押さえれば択一の問題は解けます。

しかし、だからといって択一問題集ばかりやってると、いざ選択で条文が出た際に、条文の言葉を
意識して読んでなかったために解けない、ということが有り得ます。

他にも、一般常識の各法令の目的条文を考えると、ド真ん中過ぎる論点のために、
しかも一般常識というメジャー法令ではないだけに、逆に条文をしっかり読み込んでおらず、
正答できないことも考えられます。

更に、択一問題集だけをやってると、その問われ方でしか解答できない、というケースも
よくある話です。
少しでも切り口を変えて問われると、解けない。でも、答えを見ると知ってる内容だった…というのは
多くの受験生に経験があるのではないでしょうか??


とにかく、時間がありません。
残された時間を最大限得点につなげられるように、無駄をなくして効率良く総復習しましょう!



では、今日はこの辺で 
第44回社労士本試験まで
です

以下の2つのランキングでNO.1資格ブロガーを目指しています。
下記のバナーをそれぞれクリックして頂けるとランキングが上がります
是非「毎日1クリック」
をお願いします
rankにほんブログ村 資格ブログへ