以下の2つのランキングでNO.1資格ブロガーを目指しています。
下記のバナーをそれぞれクリックして頂けるとランキングが上がります
是非「毎日1クリック」
をお願いします
rankにほんブログ村 資格ブログへ
                


相変わらず暑い日が続いてきましたが、夜は過ごしやすくなりましたね。
受験生は朝型の生活になっているはずなので、集中して朝の勉強が出来ていると思います。

そして、その勉強もあと2日で終わりです。
無理は禁物ですが、残り2日を有意義に過ごして、万全の体制で試験に臨みましょう。


今日は、今更という感じもありますが、本試験当日の注意点をお伝えします。
初学者は初めての雰囲気に、経験者はプレッシャーに飲み込まれて実力が発揮できないことが
無いように、改めて確認しましょう。

≪持ち物チェック≫
 1.受験票
 2.筆記用具
 3.時計(携帯電話で代用できません。必ず時間を合わせておきましょう)
 4.上着(会場によっては寒い場合があります)
 5.お金(不測の事態に備えてタクシー代程度は持っていきましょう)
 6.着替え(試験会場まで歩くと汗ばむかもしれません。汗かきの方はタオルも併せて!)
 7.昼食(試験会場近辺の店は混みますし品薄の可能性が高いです。事前に買っておきましょう)

≪午前:択一式≫ 
 1.まずは「解ける問題からどんどん解く」が鉄則です。分からない問題、2つに絞った問題
   などは一旦飛ばして、即答できる問題を確実に得点しましょう。
   1回転目で特定の問題にハマる愚は絶対にしないように、意識して腕時計を見ましょう!
  ※当たり前ですが、本試験は全て難しいわけではありません。基本問題も数多くあります。
   「もう少し時間があれば解けてたのにッ!」は致命傷です。絶対に防ぎましょう。
 2.次の科目に行く前に深呼吸を。その科目のテキストを頭の中でイメージして解き始めます。
 3.一通り解き終わったら2回転目です。一旦飛ばした問題を精査していきます。
   答えが出ない場合は、出題者の心理でこの論点だったらどこで受験生を引っ掛けるか」
   を考えてみると、スッと解けることもあります。
 4.とにかく最後まで冷静に!アツくなったりハマったりダレてきたら、トイレ休憩を意識的に
   取って気持ちをリフレッシュ
してください。
   トイレ休憩は時間のロスではありません。集中力を欠いたままやり続けるほうがロスです。
 5.7割取ればいい、と前向きに考える。だから分からない問題や難問・奇問があっても焦る必要
   はありません。


≪休憩時間≫
 1.午前中の答え合わせをしないこと。
 2.周囲の声に耳を傾けない。(怪しい情報が大半です)
 3.昼食は満腹になるまで食べない。(消化の良いものを軽く食べる程度で)
 4.とにかく午後に向けて選択式のチェックを行う! 

≪午後:選択式≫
 1.どうせ今年もアレな問題が出ます。だから、難問が出ないように考えるのではなく、
   「さあ、今年はどんな問題で俺を楽しませてくれるんだい!?」
   くらいの気持ちでいるのが丁度良いです(笑)。
 2.いきなり語群から選ぼうとせず、まずは自分で答えを考えてみましょう。
   その答えの番号を語群から探してマークする、というのが理想です。
 3.選択式は1科目につき3点取ればいいんです。だから悩んだときは同じ答えを2つ入れる
   ことも必要です。勝負して2つとも間違うよりも、1点落として1点確実に取りましょう。
   ※この点は以前の記事で書いていますのでご覧ください。

≪試験後≫ 
 お疲れ様でした!
 さあ、飲みましょう


 
では、今日はこの辺で 
第44回社労士本試験までです

以下の2つのランキングでNO.1資格ブロガーを目指しています。
下記のバナーをそれぞれクリックして頂けるとランキングが上がります
是非「毎日1クリック」
をお願いします
rankにほんブログ村 資格ブログへ