以下の2つのランキングでNO.1資格ブロガーを目指しています。
下記のバナーをそれぞれクリックして頂けるとランキングが上がります
是非「毎日1クリック」
をお願いします
rankにほんブログ村 資格ブログへ
                


本試験からちょうど2週間経ちました。
ほぼ全ての資格学校から本試験の分析や、ボーダー予想などが出ています。
大手資格学校だけで比べても、今年は択一のボーダーラインの得点差が非常に大きいですね。
さらに、これに選択の救済科目がどれになるか、という要素も加わるわけですから、
結局、11月9日までは誰にも分からない、ということです。


ただ、分かっていることもあります。
それは、明らかに基準点未満の場合です。

具体的には…
‖魄貅阿韮苅嘉整焚
択一式で基準点割れ(3点以下)がある
A択式で1点の科目がある

この 銑のどれか一つにでも該当している場合は、残念ながらほぼ100%今年の試験の
合格はありません。

その場合、道は二つです。
1.学習を再開してリベンジを果たす
2.社労士合格を諦める

そして、私は社労士講座の講師ですし、合格のためのブログをやっている身として、
1の方がどうやってリベンジを果たすか、ここの部分に触れておきます。

ちなみに、2の方には一言だけお伝えします。(お約束の言葉です)
「私だけかね…?
 まだ勝てると思っているのは………
 あきらめる?
 あきらめたら そこで試合終了ですよ…?」

「スラムダンク第27巻」湘北高校バスケ部監督 安西先生


本題に戻ります。まず、社労士試験は「諦めなければ合格できる」試験です。
もちろん、選択式でいわゆる足切りにあって不合格、など不条理な要素もありますが、
ちゃんとやれば誰でも充分合格点を取ることはできます。
旧司法試験のように、どれだけやっても合格できない、という試験では全くありません。

そうなると、問題なるのが「勉強のやり方」=「方法論」です。
当然、誤った勉強方法で合格できるほど甘い試験ではありません。

今回の記事の対象となる明らかに基準点未満の方は、程度の差はあれ、勉強のやり方に
どこか問題があるわけです。

ですので、リベンジを誓った方は、まず何が問題だったのかをしっかりと見直しましょう。

例えば、
(拔する時間が取れなかった
∧拔時間は取れたが集中できなかった
L簑蟒犬个り解いていた
ぅ謄ストばかり見ていた
グ典頼っていた

など、色々な問題があると思います。
まずはそれを見直した上で、どうすれば問題を克服できるか、を考える。

面倒ですが、悔しい気持ちだけで勢いで勉強していても、結局報われなかったら余計に悲惨です。
正しい方法で、点数に反映される勉強をしてリベンジしましょう!

次回以降、各問題点に対する具体的な対策をお伝えしていきます。

また、リベンジを目指す方、来年の試験(8/25と仮定)まであと350日です。
まだ350日と考える方も多いですが、そうやって、まだ300日、200日、100日と思っていて、
いつの間にか直前対策、そして本試験を迎えた方、多いんではないでしょうか?

今の時期から何時間も勉強する必要はありませんし、やってはいけませんが、それでもリベンジを目指すなら、
上記を踏まえて少しずつ来年の8/25を意識した行動に変えていきましょう。
もう来年試験向けの戦いは始まっているわけですから。


では、今日はこの辺で 
第44回社労士本試験合格発表まで61です
第45回社労士本試験まで350です

以下の2つのランキングでNO.1資格ブロガーを目指しています。
下記のバナーをそれぞれクリックして頂けるとランキングが上がります
是非「毎日1クリック」
をお願いします
rankにほんブログ村 資格ブログへ