以下の2つのランキングでNO.1資格ブロガーを目指しています。
下記のバナーをそれぞれクリックして頂けるとランキングが上がります
是非「毎日1クリック」
をお願いします
rankにほんブログ村 資格ブログへ
                


9月に入り少し涼しくなりましたが、今日は暑い1日でした。
まだまだ秋を感じるまで時間がかかりそうです。

さて、前回の記事で「リベンジを誓う受験経験者」の方向けに、学習再開の前に、
まず何が問題だったのかをしっかりと見直す必要があることをお伝えしました。
いわゆる「敗因分析」です。

そして、具体的な事例として、下記5つを挙げていました。
(拔する時間が取れなかった
∧拔時間は取れたが集中できなかった
L簑蟒犬个り解いていた
ぅ謄ストばかり見ていた
グ典頼っていた

今日から、数回に分けてそれぞれに対するアドバイスをお送りします。
では、まずは「(拔する時間が取れなかった」です。

社労士試験は、働きながら、子育て・介護をしながら、その合間に勉強する、という方が多い試験です。
そのため、それらを理由として勉強できない、という声をよく聞きます。
人間は弱いため、それらの理由を「免罪符」のようにして、できないことを往々にして正当化しようとします。

そして、会社から強制的に資格取得を命じられた場合などを除き、基本的には大多数の方が
自分の意思で勉強しているわけですから、中学・高校などとは異なり親から怒られるわけでもなく、
勉強をするもしないも、完全に自分自身でコントロール出来ます。

それに、仕事や育児・介護は、基本的には手を抜くことは出来ません。
となると、来年も同じように忙しいということが分かっている訳です。


以上を踏まえ、
時間がないことを前提として、そこから出来ない理由を考えるのではなく、
どうすれば少しでも出来るか、を考えないといけません


よく言われる話ですが、いわゆる「スキマ時間の使い方」です。
経験者である以上、各科目のポイントや弱点は把握出来ているはずですから、
それらをまとめたプリントを作ってそれを覚えるか、問題集の確認が最適だと思います。
※ちなみに問題集は択一問題集ではなく選択問題集です。理由は次回以降お伝えします。

・通勤等の移動時間
・会社等での休憩時間
・会社でコピー等の単純作業中の時間
・食事中
・洗面所(歯磨きをしながら)
・トイレ
などで、持ち歩いたり貼り付けたプリントを見たり問題集を解くだけでも、年間を通せばかなりの時間になります。

1日15分だけでもスキマ時間を活用すれば、
15分 × 340日 =85時間
にもなります。

単純に、昨年よりも勉強時間を85時間増やせ、と言われても「無理ッ!」となりますが、
スキマ時間を活用することで、勉強時間を確保することができます。


そうなると、次に問題になるのが「質」です。
それは次回∧拔時間は取れたが集中できなかったの際にお伝えします。


では、今日はこの辺で 
第44回社労士本試験合格発表まで58です
第45回社労士本試験まで347です

以下の2つのランキングでNO.1資格ブロガーを目指しています。
下記のバナーをそれぞれクリックして頂けるとランキングが上がります
是非「毎日1クリック」
をお願いします
rankにほんブログ村 資格ブログへ