real_oranges

横浜からエスパルスを応援してみるブログ

横浜の遠い空からひっそりこっそり清水エスパルスを応援してみる。

2011年06月

19

浦和戦勝利

DSCF0390


試合開始前にスタメンを見た感想
・疲労を考慮してスタメンを変えてくるかと思ったけどゴトビ監督は変えてこなかったのが意外。
・高原、小野、永井で、だれが一番浦和さんにブーイングをされるのかな?
(選手紹介の時の比較では意外にも永井へのブーイングが大きかったような)
・浦和のスタメンは変わってるかどうかわからないけど、サブに原が入ってる!
・でも攻撃のメンツは豪華な浦和で原の出番は無さそうだなぁ。

試合開始直後の内容は互格と言うかどっちもどっちと言うか、連戦の疲労もある為かどちらも運動量豊富とは行かずプレスのかかりがイマイチでお互いにゴール前までは持っていけるけど決定的な場面は少ない。
そんな中で高原が受けたファイルからのFKを得ます。
蹴るのはボスナー。明らかにボスナー。アレックスもボール近くに立ってはいるけど、ボスナーの露骨に長い助走距離から蹴る気満々なのがわかる。
最近のボスナーのFKは壁直撃や枠外が多かったのであんまり期待していなかったのですが、低い弾道で見事に決まり先制!

先制して大喜びのゴール裏、その喜びの数分後に、何故か原一樹がピッチに登場。
これはちょっと意外でした。
山田直輝でもマゾーラでも梅崎でも無く原なのかと言うこともありますが、それ以上に交代要員がCBの坪井だったということ。
今まで点を取れそうな流れが皆無だったわけでも無く失点もセットプレーからなので、前半の途中から守備を削って攻撃の枚数を増やすというのは早過ぎるのでは無いか?
周囲からも「坪井はケガ?」「何かやらかした?」などと言う声も聞こえてきましたが、そうでもなかったようです
原は清水のDFの癖や弱点をよく知っているということでの抜擢だったのでしょうか?
(それ以上に清水のDFが原の突破のパターンを知り尽くしていると思いますが)

後半は小野に変えて枝村、後半途中から俊幸に変えて大悟が入ります。
二人とも疲労でミスが多かったのでこの交代は納得です。
浦和は攻めの圧力を高める為に鈴木啓太に変えてマゾーラを投入。
後半はもっぱら前がかりになる浦和と、カウンターを狙う清水と言う構図になってきます。
ただ、途中交代で入ったマゾーラは個人技もスピードもあるのですが、まだ周囲と合っていないのか一人でサッカーをしている感じです。さらに顔が少し怖いのも損をしているのでは無いかと(あの顔で審判に詰め寄ったらイメージが良くないですよ)
清水はいくつかのカウンターのチャンスのなかで、枝村のポスト直撃のシュートや間一髪でDFにブロックされた大悟のシュートなどの惜しいシーンがありましたが、なかなか追加点を奪えません。
しかし、ここでやってくれたのが高原。
清水のコーナー付近で奪ったボールがアレックス、枝村、大悟、大前と繋がり、右サイドの大前から高原に完璧なクロスが入り高原のダイビングヘッドで追加点!
高原のヘッドも良かったけど大前のクロスが絶妙でした。

ところが、その後にカウンターから大前のヘッドで決定機を得るのですが、そのヘッドで得たCKからのカウンターで梅崎にゴールを許してしまいます。
一応、懸命に戻った宏介が一度は梅崎のシュートをブロックするのですが、こぼれ玉を拾った原のシュートをブロックしたボールが別の清水の選手に当り、ボールが梅崎の前に転がり込んでしまうという運の悪いものでもありましたが、2点リードしている状況でCKからカウンターを受けるのは勿体無かったですね。
2点獲った事で調子に乗りすぎた面があったのかもしれません。

1点差にしたことで俄然意気上がり押せ押せになる浦和。
このまま試合終了まで粘るのはキツイなぁと思っていたら、アレックスが倒されてFKとなり、またしてもボスナーがズドン(笑)
これで清水は一気に楽になり、長い5分のロスタイムも余裕を持って凌ぐ事ができました。

互角の流れをFKで清水の流れにして、浦和が一点返して追撃ムードが高まったところをFKで打ち砕くと。
まぁ、この試合はボスナー様様でしたね。
(高原の得点も浦和さんには精神的なダメージが大きかったかもしれませんが)
15

家本さんが主役?

試合内容は良くなかったね。全体的に運動量が少ない感じでパスが繋がらず、ミスも多くてシュートで終われない。
一方守備では山形にサイドを抉られて再三のピンチに。

しかし、後半に二人目の交代で枝村が入った直後に、その枝村を起点にパスがキレイに繋がり先制点ゲット。

その後、呪縛から解き放たれたように、清水の選手の動きが良くなり前を向いてボールを受ける場面が多くなり、押せ押せの展開に。
これができるならもっと早くやってくれ。

しかし、好事魔多し、後半も終盤に本日二度目のPKで同点に。
なんだそりゃ、PKで同点に追いつかれるなんて気分悪いなぁ。
しかし今度はロスタイムに清水がPKをゲット。

何、この試合。

勝ったのは嬉しいけど、審判の裁量で試合が決まったかのようでイマイチスッキリしないなぁ。
5

厳しい現実

5a2bed85.jpgナビスコ予選一回戦の前半が終わっただけ。
悲観する事はないと言いたいところですが、そうも言ってはいられない現実を突きつけられたら試合でした。

今日の試合は、ナビスコの緒戦ということ以上に、アレックスが豪州代表で抜けて小野と高原がそれぞれ足首痛と股関節痛で大事を取って休み、ボールをキープしてタメを作れる3人がいない中でどんなゲームができるかという課題があったわけですが。

結果は散々でした。
0-1と言っても、守備陣が踏ん張っての0-1であって0-3くらいになっている可能性もありましたね。

リーグ戦を8試合消化してチームとしての戦術がようやく確立されてきたと思っていましたが、それも小野、高原、アレックスが抜けたら厳しいということがわかってしまいました。
このままでは彼らが怪我等で長期離脱した時には残留争いを覚悟しなければなりません。
ボランチより前目の選手は奮起してください。

高原の代わりに入った伊藤翔が批判されることも多いのですが、彼も良くなかったけれど彼に高原並みのボールキープを求めるのは酷な話で、もっと周りの選手が近い距離感でフォローしてあげたほうが良かったんじゃないかとも思います。
最新のコメント
プロフィール
real_oranges
ニックネームには大した意味はございません。
テキトーです。

エスパole!
みんなの観戦記
リンク
エスパルスオフィシャルウェブサイト

日本平を満員に

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ