real_oranges

横浜からエスパルスを応援してみるブログ

横浜の遠い空からひっそりこっそり清水エスパルスを応援してみる。

2012年10月

30

ナビスコカップ20回記念ラッピングトレイン

先週、山手線でたまたま見かけたナビスコカップ20回記念ラッピングトレイン。

『2012 Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝』に向けたプロモーションの一環として10月22日(月)から決勝開催日までの期間に、優勝クラブの歓喜の瞬間や聖杯を掲げる瞬間などを切り取った過去19回のヤマザキナビスコカップ決勝の写真を車体に貼ったナビスコカップ20回記念ラッピングトレインが運行される。
そのナビスコカップ20回記念ラッピングトレインは山手線を走る52編成の中のたった1編成で運航ダイヤも非公開という。

ナビスコ杯列車


いやぁ、見かけたのは本当にたまたまですよ、たまたま
山手線のホームで30分くらいウロウロしてたとか、
隣のホームに入線して来たので隣のホームに全力ダッシュしたとか、
そんな事は決して・・・・・・

とりあえず車両に貼ってあるポスターを全て写真に撮ってきました。


1992

1992年優勝者はヴェルディ川崎
Jリーグ開幕前のプレ大会として行われたこの大会の決勝戦でヴェルディ川崎と優勝を争ったのが清水エスパルス。
創設されたばかりのエスパルスに対する地元の期待が一気に高まった試合でもありました。


1993

1993年優勝者もヴェルディ川崎
そして準優勝はまたしても清水エスパルス・・・


1994

1994年優勝者もヴェルディ川崎



1995年は開催されず



1996

1996年、ついに清水エスパルスがナビスコカップ初制覇。
決勝戦の相手は過去に2度も清水のナビスコカップ優勝を阻んだヴェルディ川崎で、その監督は清水でも監督を務めたエメルソン・レオンだったりと色々と因縁を感じさせてくれる試合でした。
この時は次にナビスコ決勝の舞台に戻ってくるのに10年以上かかるとは思ってもいなかった。


1997

1997年優勝者は鹿島アントラーズ


1998

1998年優勝者はジュビロ磐田


1999

1999年優勝者は柏レイソル


2000

2000年優勝者は鹿島アントラーズ


2001

2001年優勝者は横浜Fマリノス


2002

2002年優勝者は鹿島アントラーズ


2003

2003年優勝者は浦和レッズ


2004

2004年優勝者はFC東京


2005

2005年優勝者はジェフ千葉


2006

2006年も優勝者はジェフ千葉


2007

2007年優勝者はガンバ大阪


2008

2008年優勝者は大分トリニータ
12年ぶりにナビスコカップ決勝のステージに立った清水は大分の前に苦杯を嘗めることに


2009

2009年優勝者はFC東京


2010

2010年優勝者はジュビロ磐田


2011

2011年優勝者は鹿島アントラーズ


2012

そして、2012年の記念すべき20回大会の決勝戦で激突するのは清水エスパルスと鹿島アントラーズ

願わくば、将来同じようなラッピングトレインが走る時に2012年の優勝者の写真は、
国立の大観衆とともに勝ちロコを踊る清水エスパルスの選手達の写真であらんことを・・・・
28

試合後の一コマ

何しに来たの

野暮ったいジャンパーを来たオジサン他数名が騒いでいました。
何だったんでしょうね。
23

栄光に向かって走るあの列車に乗って行こう

103b0373.jpgと言っても環状線ですが。

山手線のナビスコカップラッピングトレインに遭遇。
20

期待値が高過ぎて

80b65804.jpg引き分けではかなりガッカリ。
相馬のキックは上手かったなぁ。
あの前に元紀が簡単にかわされて余裕を持ってボールを蹴らせてしまったのがマズかった。

前半のうちに追いついたのは良かったけど、後半はチャンスを生かせず、逆にヤバい場面も、ギリギリで守ったと誉めるべきか、ヤバい場面を作るミスを嘆くべきか。
八反田はチャンスには絡めているだけ、そろそろゴールを決めてくれて。
17

良いクスリになったのでは

f4d9efb0.jpg選手はまだしもメディアは調子に乗り過ぎていたので。
14

3-0のスコアだけ見たら完勝だけど

トドメのPK
本当に苦しい試合だったし、その中で必死にプレーする選手たちを見ることが出来て、その上で勝利することが出来て本当に良かった。
この臨場感と興奮はTV観戦じゃあ味わえない。
10

日本平は寒かった

ゲームの内容も低調でどちらがJ1かわからない。
ウィングとサイドバックの連携が悪くサイド攻撃が機能しない。八反田、河井、カンの中盤はミスが多くてボールが落ち着かない。
試合はヴェルディペースで進み、清水の時間と言えたのは白崎の先制点から5分か10分くらいの時間だろうか。
正直ヴェルディの決定力の無さに助けられました。

トーナメントだから内容が悪くても勝てば良いと言いたいところですが、土曜日のナビスコ準決勝2ndLegが心配になる内容でした。
6

ダービーに関しては内容なんてどうでもいい

7e3d9620.jpg勝利こそ全て!
2

小野伸二移籍

小野伸二選手 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC(豪)へ完全移籍決定のお知らせ 

残念ながら小野の移籍がクラブからも発表されました。
地元のスターがシーズン途中にクラブを去ることには寂しさもありますが、彼のような人材を控えに甘んじさせるのももったいない話。
それになにより、小野はピッチの上でこそ輝く選手であって、試合に出なくても裏からクラブを支える地味なポジションなんてものは似合わないと思う。
彼には日の当たる場所が良く似合う。
移籍先のピッチの上で輝いて欲しい。

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCというクラブは今年から新設された新しいクラブだそうで、小野にとっては全てが新しいチャレンジになると思いますが、その技術でオーストラリアのファンを魅了して欲しいと思います。
最新のコメント
プロフィール
real_oranges
ニックネームには大した意味はございません。
テキトーです。

エスパole!
みんなの観戦記
リンク
エスパルスオフィシャルウェブサイト

日本平を満員に

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ