real_oranges

横浜からエスパルスを応援してみるブログ

横浜の遠い空からひっそりこっそり清水エスパルスを応援してみる。

2013年11月

23

櫛引がノヴァコさんとの1対1を止めてなかったらどうなっていた事か

ed4ef87a.jpgという試合でした。

天皇杯の失点ではポジショニングのミスっぽい場面もありましたが、今日は獅子奮迅の活躍でした。
しかし、今日も高い位置で奪ってショートカウンターというやりたい形はできているのにゴールが遠かった。
後半になってセカンドボールを拾えなくなってくると、かなり押し込まれる時間もありましたが、守備陣がなんとか持ちこたえてくれました。
攻撃陣の不調は気になりますね。
16

天皇杯終了

c53e7603.jpg大前と俊幸という両エースを欠いてどうなるかと思いましたが、両翼に竹内と河井を配置しダブルボランチに浩太と本拓というボールの回る布陣が奏功して仙台を押し込みます。
特に浩太がボールを奪ってショートカウンターという形がよく出ていました。
しかし、攻めてはいるけど点がとれないでいると少ないチャンスでやられるという典型的なパターンでやられました。

内容は悪くないけど、トーナメントは内容よりも結果ですから(T_T)

しかし、このオプションをリーグ戦にも生かしてほしいですね。
14

横浜からアビスパ福岡もちょっぴり応援して見た

IMG_3199

明太子のふくやさんで限定販売していたアビスパ福岡応援ギフトセットを買ってみた。


続きを読む »
12

川崎戦

16704819.jpg


やはり、大前の負傷交代が痛かった。
清水の右サイドで石毛がかなりレナトにやられていたんだけど、そもそも石毛は守備が得意な選手では無く、相手の選手を守備で抑えるというよりは、できる限り高い位置を取って相手の選手に守備をさせることを期待されている。しかし、昨日の清水は中盤でほとんどボールが収まらず、攻撃も単発なのでサイドバックの石毛が高い位置を取ることはできず、守備に忙殺される状態。

大前はドリブラーというほどではないが、あるていどボールの収まり所としても期待できる選手で、大前や高木俊幸がボールを持っている間にラインを上げたりサイドバックがオーバーラップしたりという中盤が適正なポジションを取って落ち着いたりできると思うのですが。
しかし、川崎戦では俊幸は磐田戦による負傷で欠場、大前も前半早々に負傷交替で中盤でボールが落ち着かず、簡単にボールロストする場面が多く、石毛も戻って守備する場面ばかりが目に付きました。
ハーフタイムに監督からもっとコンビネーションを使って崩せという指示が出たようですが、恐らくラドンチッチや他の選手が突っかけてボールロストする場面を見てそういう指示を出していると思うのですが、後半に確かにコンビネーションで崩そうという意図は感じられましたが、落ち着きが無いせいかパスが微妙にずれてシュートまで行けない。そしてボールロストしてカウンターという悪循環。
パスとトラップの精度をもっと上げるか、中盤でボールの収まる選手を増やすかしないと、中々改善は難しいような気がします。
最新のコメント
プロフィール
real_oranges
ニックネームには大した意味はございません。
テキトーです。

エスパole!
みんなの観戦記
リンク
エスパルスオフィシャルウェブサイト

日本平を満員に

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ