結果だけ見たら5-0の圧勝なんだけど、
後半の15分近くまで大学生相手にブーイングものの試合内容で、
58分にようやくセットプレーで点をとって、
先制されて前掛かりになった相手に村田を投入して裏を狙わせて元紀のゴールとノヴァコさんのPKで突き放し、
さらに前掛かりになって相手CBのパスコースが限定されて来たところを付いて俊幸が高い位置でパスカットしてボールを奪取、
そこから俊幸と善朗の兄弟ゴール、
という大人気とか上位カテゴリの余裕とかをいっさい感じさせない勝ち方でした。
今日もプレスがかからないからボールの奪いどころが無く不安定な立ち上がりでした。
後半に石毛をトップに置いたのは裏狙いとプレスの両方を担っての事と思うけれど、あまり機能しているとは思えませんでした。
この調子だと引いて守る相手には相変わらず苦戦しそうです。