工作員派遣型 少年がハムを刺した

日本各地に送り込んだ工作員たちが派遣先の地域の情報をお届けいたします

2008年05月

久々に日記を書きましょう。

どーも、久々に書きます。

マイセンが報告致します。

 

最近、会社とか色々とあって、何も書き込む気が無かった次第です。

申し訳ありません。

 

で、ゴールデンウィークは東京に行ってました。

コバさん所には泊まったのですが、旅に出る約束が突然にコバさん都合でキャンセルになりまして…

地元の友人との約束もキャンセルしていたので、何もする事のない休みでした。

まあ、お茶の国でゆっくり出来たかと思います…

 

で、最近は何もして無いですね。

パソコンを買おうかなとか思ったりもしますが、VISTAが圧倒的に嫌いです。

最近のPCはVISTAが付いた方が良いらしいのですが、別にVISTAで無くても良いんじゃないの?

何でもかんでも、重たいPCならば良いみたいな風潮は、どうなんだろ…

まあ、こっちで、あんまり書くのもなんなんで、辞めときます。

 

あと、酒を飲まされる事があります。

酒の場と言うのとか、別に悪くは無いし、飲みの手段と言うのも解っておりますが、必要とは思いません。

別な手段でも良いし、飲まなくても飯でも食べに行けば良い事だと思います。

酒の席だからとか、酒の勢いでとか解るんですが、先ず酔った際には考えがまとまりません。

その代わりに感情が抑制されないので、思った事は言えます。

飲みにけーしょん、は日本では有効な手段だと思われます。

(アジアでは有効なのかな? 韓国でも飲んだが、日本人に合わせて接待だった可能性があるかも知れない。 台湾でも飲むらしいけどね。)

まあ、憂国では無いですが、日本で有効な手段って事は世界的に見ると駄目な手段って事でしょうかね。

まあ、酒を飲む場自体が嫌いとかでは無く、ノリとかが嫌いなだけで、煙草と同じような扱いを受けない事が嫌なのかも知れません。

 

多分、お酒を飲んでの事故とか犯罪が、これだけ多いのに、無くならないのに煙草は… と言う事も関係するんでしょうね。

 

まあ、弱いながらも楽しく飲めれば良いのでは無いでしょうか?

多分、仕事の一環も含めての飲みにけーしょん、ならば下っ端は楽しいとか酔ってる間も無いとは思いますし、その黒い裏側で読み合いや、気の使い合いも嫌なんだと思いますよ。

まあ、それも含めて楽しめる人は酒に酔って無い人だけでしょう。

ならば、酒とか要らないんじゃ無いの?

 

ちょっと言い過ぎなのかも知れませんが、酒の席と言うと、そんな経験しか無いので偏ってるのかな…

まあ、偶に飲むのも悪くは無いですがね。

 

 

京の一曲は「死ね死ね団のうた」です。

 

まあ、呑まされる事が多くて病んでるんだと見過ごして下さい…

4月27日

「車検の切れたミラ」号を洗車する。

水垢を落としてあげる。
なかなかオキレイになった。

いつも、これくらいの状態にしておきたいね。

1週間後...1ヵ月後...わからないけど必ず戻ってくる

映画「NEXT」を観ました。
NEXT













なぜ90分なのか?
もう30分やれば、解決するじゃない?

ジャンパーと同じパターンです。
なぜ2分後の未来が見えるのか?
彼女の未来だけはだいぶ先まで見えるのか?
核爆弾の爆破は止められたのか?
全部未解決です。

そして、見てるヤツ。
ケータイ切れ!?
エンドロールだからって騒ぐんじゃね〜!?
こんな天気の良い日の傘持ってきて、なくなったじゃね〜よ。

ボクの大切な時間を台無しにしやがって。

映画館が暗くなって、ケータイ鳴らしたり,液晶光らせたら
そいつのケータイへし折っても良い法律つくろうよ。
マナーとか甘っちょろいこと言ってないで。
メンバー
京都 : マイセン
大和 : コバ
訪問者数

お天気
最近のコメント
記事検索
  • ライブドアブログ