つーか、映画と言っても、DVDですがね。

さて、マイセンです。

昔は貪るようにB級の映画を見てましたが、今では、あんまり見ませんやね。
なんでだか、解りませんが…
そういう匂いのするような映画ってのが好きでしたが…
年なのかも知れません。

さて、話は飛びまして、以前に書きましたが、台湾に行った時に飛行機の中で久々に機内放送を見ました。
そこで、見てしまったのが困り物で、続けて、レンタルショップに行きました。

最近、安くなってきて、何と旧作なら100円です。

喜んで2本、借りたのは良いが、見た後に忘れてて…
何故だか、延滞しちゃって…
一日、遅れただけで延滞料が1100円…

言われた時に、一回、「えっ?」って聞き返しました。

…しばらくは借りないかなぁ…

ALWAYS 三丁目の夕日'64 DVD通常版
ALWAYS 三丁目の夕日'64 DVD通常版
クチコミを見る

で、コレです。
ベタなのに弱くなったのは、年だとは思いません。
子供が一瞬で大きくなるし…
その内、時代劇やら時代小説を読まないか不安になりますね。

美化し過ぎってのもあると思います。
田舎の暮らしをして来ましたが、田舎を美化するのと同じように共同幻想的なノスタルジーってのがあるように思えます。
でも、そういうのに、少し弱かったりします。
北の国からを見てましたが、そういうのもあるが、リアルに田舎の実情があるってのもあります。
そういうのが、好きだったりりもします。

の頃から変わらない表情かなぁ…
五郎の表情を純がするようになるって話なのかも知れません。

まあ、両方、見てない人には分からない感想ですね。

コレを大画面と、サラウンドで見れただけでも、PS3を買って良かったと思えます。
しかも初期型…
何故かと、言えば、PS2が出来るって事よりも、PS2のエンジンも乗っちゃってる豪華なハードと、SACDも再生出来るって所ですかね。
あとは、後期の廉価版の方が、映像とか、その辺の効率は上じゃ無いかな?
AVアンプを買ってしまったのも大きいですね。
本気で音質を考えるなら、プリメインも欲しかったんですが、ゲーム機や他の機器との連動を考えてしまったってのが大きいです。

今日の一冊は横溝正史で「白と黒」です。
白と黒 (角川文庫)
白と黒 (角川文庫)
クチコミを見る


昭和のドロドロとした方ですかね。
やっぱり、田舎とかの雰囲気の方が、金田一には合いますが、まあ、名にかけられてる感じですからね。
白なのか、黒なのか、まあ、そういう事ですよ。
どちらかと言うと、悪魔の方が都会で言うと、オススメかな?