工作員派遣型 少年がハムを刺した

日本各地に送り込んだ工作員たちが派遣先の地域の情報をお届けいたします

京都

桜。

久々の京都のマイセンです。
出張してました。

なので、久々に京都の桜です。
image

円山公園ですね。

image
祇園の方です。

image

平山公園ですね。


京都は春ですね。

京の一曲は、いきものがかり、で「花は桜君は美し」です。

小牧

f11e594f.jpgなんか解らないのですがタワーです。

百メーターくらいです。

詳細はコバさんが書きます。

スーパーアリーナ

c61413ea.jpgマイセンです。

Greendayに来ています。
今年、初ライブです。

楽しんで来ます。

春山と言えば

b0b39f93.jpg旬の筍。

みそ汁にすると美味い!

これから雨が降ると増えるなあ…
食いたい人は掘りたい人手とします。
作業服かジャージで泥だらけになって良い人は来てね。

僕は食いたいだけは取ったので良いやね〜。

田舎のマイセンでした。

茶の国

36628c89.jpg未だ八十八夜には早いがお茶の国は緑です。

さてさてさて、もう年明けとか、どうでも良いですね。

どうも、お疲れさんです。
マイセンが書かせて頂きます。


いや、書いて無かったですね。
つーか、何を書きたい事は沢山あるのですが、書けて無い…
まあ、何となく土曜日のドラマってのを毎回、見てるんですが…
それをドラマ化するかってのが多いんですが、今回、銭ゲバ

……大丈夫か?

鬼才、ジョージ秋山の名作ですが、問題作でもある訳で、少年誌(サンデー)に乗ってたのが信じられない位の作品です。
まあ、読んで頂けば、大体、解るかと思いますが、後半に行くほどに悪が濃いって言うか、救いようが無いような物語ですが、何故か引き込まれていくって面白さ。
でも、ドラマ化とか、アニメ化とか出来るのか?
って所かと思います。
まあ、初っ端から、ちょっとストーリーが違う感じです。
まあ、リアルにやったら、誰も見ないか…

つーか、wikiを見てきたら、静岡ってなってるけど、原作では長野だった気がします…
静岡、もっと良い所だよ…
静岡でもズラって言うけどね(今では爺さん婆さんしか使わないよ!)。
と、言うかドラマの子供の頃の人達の方言は静岡っぽかったけどね…
家とかも、静岡の田舎の匂いがしたけどね…
田舎の何だか息が詰まるような感じの子供の頃ってのは何となく解りますね。
まあ、そんなこん、どうでもいいけんね!

昔、子供達ってのはジャージか体操服で外をタモ持って年中サンダルで走り回ってましたが、今の子供達は私服で小奇麗な格好をしてますね。
外を走り回ってる子供も居ないしね…
年中サンダルの大人は知ってますが…
そんな事を、ちょっと思いました。
だから、今のドラマとかの子供の頃のイメージとか、何だか僕らの子供の頃と違ってて何となく違和感がありますね…
おんぞいかっこしてたんは俺らだけだったんかやあ、解らんけんね…


今日の一曲は筋肉少女隊で「モーレツア太郎」です。
昭和ってのを現代でリメイクってのは難しいですね。
かと言って、昭和の雰囲気ってのも良かったようで悪かったようで、微妙な感覚がしますよ。

明けましておめでとう御座います。  …しかし、三日目…

何がめでたいの?
って毎年、書いてますが、未だ謎は深まるばかりですが、謎は謎のままの方が良いと言う事もありますので、そっとしといて下さい。

マイセンが新年のお慶びを申し上げてる場合なのだろうか?
さてさて…

今年もしたい事は色々とあって、こんな微妙な感じで書いていこうと思います。

で、新年ので曲とか思いつかないので、本でも書きます。

ユージニア (角川文庫)
ユージニア (角川文庫)
クチコミを見る


さてさて、休みと言う事で溜まってた本を消化してるんですが…
恩田 陸さんの書くペースが早いのか、僕の読むのが遅いのか、最近、本なんて読めて無かったので、大変です…
映画とか、借りてくる事もあんまり出来てない状況ですしね…
まあ、仕事とか言い出すと暗くなるので、そういうのを除いても、ちょっと本を読むペースが遅いですね…

で、この本ですが、面白いと言うのが在りますが、昔の感じ、昭和の色々な感触とか怖さ、そんなのが良く出てると思いました。
黄昏の百合の骨を読んだ時に感じたのとは別の面白さかと思います。
あの本の設定が好きじゃ無いって感じに以前、書きましたが、それが自然とはいえないけど、深く感じます。
以前に書き分けでドミノとか(どっちかと言うとQ&Aの方に近いかな?)に代表されるようにソレゾレの視点から浮かび上がる事件の流れみたいなのが面白いと書きましたが、その書き分けが良く出ていると思います。
しかも、六番目の小夜子みたいな学園のと言うか学生の匂いがする小説も大好きですが(夜のピクニックネバーランドも同じ系列かな?)、もっと濃い感じのする色々な視点や人の意見の羅列から、それぞれの真実からの事件を見て読者が銘々に推理して、それぞれの結論を出すってスタイルが一つとしてあります。
僕が推理小説を読んでて、パズルと言われる、本当にロジックの小説も良いけど、それよりも金田一シリーズとか、宮部みゆき、とかが好きなのも物語が好きって所が有ります。
推理小説と言うか犯罪の小説ってのが有って、その付随する物語がしっかりしているってのが良いと思います。
真実はいつも一つなのか?
ってのが、あの漫画に反旗を翻す訳じゃあ有りませんが…
(YAIBAの方が大好きでした。)
その辺の暗号とかが必然では無かったりダイイングメッセージとか謎解きの方が主では無いのより、こういうのが好きだったりします。


まあ、そんなこんなで、今日の一冊は森博嗣で「ZOKUDAM」です。
ZOKUDAM
ZOKUDAM
クチコミを見る

まさかの「ZOKU」の続編って事で、まあ、この先生の、こういうノリも面白いんじゃ無いかと思います。
S&Mシリーズとかの推理や、映画化されたのとかの理系にスッと入り込めない人達にお勧めかと思います。

師走。

いやいや、更新してませんでした。
年末です。
マイセンが報告します。

今年、一年、シャレにならない事ばっかりだった気がします。
まあ、年末に向けて、忙しさが加速するみたいです。

どうって事は無い事が、色々とある気がして憂鬱ですが、来年の事など、何も決まってません。
先行き、不透明なのは景気ばかりじゃ無いはずで、そろそろ、色々と考える年頃なのかも知れません。
…暗いな。

まあ、人生とか言い出すとキリが無いので言うのを止めます。
つーか、機械の事とか気になるけど、何も出来てないですね。
パソコンをイジってますが、まあ、そんなのも適当に…


音楽とか書きましょうか?
それが、明るくて良いと思います。
いきものがかり、が、厚木って事で、ちょっとだけ良いと思います。
あと、ホルモンを最近、聴いてます。

…オッサンも最近の音楽についていこうと、必死なんですよ…
ELLEGARDENのベストも買ったしね。
活動休止って事ですかね。
この年になると、新しいバンドとか音楽に興味を持つってのが大変な事みたいですよ。
懐メロも大好きですけどね。

あと、今年は動画サイトを色々と見て回りましたね。
まあ、良い事か悪い事か解りませんがね…
youtubeなんかで音楽をチェックするなんてのは前から結構、やってる人が多かったんですが、大っぴらになってきたなと思います。
ジャケ買いって言葉が死語になってしまったのかも知れません。
中古のCDを漁ってブートを探すのが楽しかったんですがね…
いや、それも駄目な事なのかも知れませんが…

大人になったのか、amazonでCDとか本とか買うのにも抵抗が無くなって来た今日この頃。
CDとか買わないと解らない事もある気がします。
つーか、CDとかで手元にあるってのが、楽で良い気もしますね。
ネットで探して、ネットで視聴して、ネットで買い物。
…コレがITって事なのか?
良く解りませんが、買ってるのが本が多いらしいし、アナログは無くならない気もします。

本とかアナログって事かも知れないけど、普通に考えれば、ハードとソフトが一体で安くて持ち運びも出来てコンパクトで読み易いって事を考えれば、コレ以上の電子機器ってのは難しいかと思います。
特に文庫の小説は、それだけで完結してますね。
それ以上ってのは今の技術では難しいかも知れません…
ネットブックでネット小説を読む事や、携帯で携帯小説を読む事が代替になると思えないですね。(DSで文学ってのも有りますが、読み難い気がします… オッサンだからか?)
新聞とかニュースは代替可能かも知れないし、テレビは録画して持ち出し可能かも知れませんが、読み易い文字や軽くページを捲れる本ってのは中々に難しいし、ある意味、簡潔してると思います。
デジタルについて行けないオッサンだからかも知れませんが…


で、年末の予定は、また書くとして…
京の一曲はZEROで「ゼロから歩き出そう」です。

…wikiって読んでると止まらなくなるのは、昔、ブリタニカを一生懸命に読んでたのに似てるかもね…
調べ物の積もりが、ついつい派生に飛んでしまう…

書いてきますなかったっけ?

abca0c5d.jpg
db038691.jpg
書いて無かったみたいなんで、乗っけときます。

まあ、コスプレした集団に混ざった時の写真です。

ここでも、ぐるぐるわになって回っている人達がいました。
バターになりたいのか、最近の流行りなのかよく解りません…

オッサンには着いて行けない時代になったかなあと感じました…

京はThe WHOのライブです。


行くに決まってますよ!
次は無いかも知れないしね…

怖いものが多すぎる…

さてさてさてさて、真面目な話題は書き飽きた!
ふざけた事を書きます。
今回のテンションが異常なのはご勘弁頂きたい。
てきとうに、つらつらと思った事の考察でも…
マイセンが駄文を適当に書きます。


さて、この夏は怪談とか書かなかったんで、何か書こうと思ったのですが、そんな体験とか前に書いちゃったんで、書けない訳です。
で、幽霊についての考察。

先ず、そんなものは認めません。
多分、居ても居なくても認めないものは認めない。

コレが基本姿勢です。
まあ、超常現象とか、そんなのは有った方が面白いってだけで信じては駄目ですね。
ネッシーは最強のマスコットキャラくらいのスタンスで考えましょう。
スーパージャーナルとかくらいの感じでね…
恐怖の大王が超古代文明で…
胡散臭さが満載ってのは笑うもので有って、怖がるものでは無いですね。
まあ、その辺は、ハマってしまう人が怖いって事で鰯の頭も信心からとか言われていますように、怖いのは人ですね…
 

恐怖ってのが有りまして、人間の本能とか動物の本能とか言われておりますが、怯えに恐れってのは誰しも持っているもので、ここらで一杯、茶が怖い…
ってのは、未だ早いので、置いといて、何が怖いかって言うと、急に驚かされるってのが怖い話の常でしてね。
大きな声で落ちを言って驚かすとか、最後にドンデン返しがあるって話の他で考えると呪い殺されるとか最終的に死んでしまうってのが怖いって事なんだと思いますよ実際。

で、幽霊が怖いってのですが、有名な話で夜中に人が尋ねて来て、次の日に、その人が死んでいて、夢かと思ったら部屋にコーヒーが二杯ってお話が有りますが、コレって別に怖いとは、あんまり思わない訳です。
幽霊とか、そんなのが怖いってのは知らない人だったり恨まれていたりするから怖いって事で、その人間が怖いって事なんじゃ無いかと思います。

まあ、昔の神話とか、そういうのの共通項を探して人間の普遍的な無意識の中には死後の世界でどうとか、こうとかで、相反する感情がつり橋で、絵をX線で透過すると下絵には髑髏が……

ってのは難しいんで、どっか心を読めるとか、精神世界にダイブしてとか、人間の思いがどうとかこうとかだったら、超能力(潜在能力で人間の脳髄は眠っていて、物を思うは寧ろ、この街?)とかでも良いんじゃねぇの?

……脱線していくので辞めます。

で、死んだはずの知り合いに会ったとして、大体は恨まれて無かったら、結構、良い話だったりするんじゃ無いのかなぁって事を思いますと、幽霊と言うより人が怖いって事で、寧ろ対人恐怖症になりそうな感じですがね…
少なくても、交通事故とか病気で死んでしまう確率が、幽霊に呪い殺される確率よりは圧倒的に高い訳でして、寧ろ、成人病等の病気の方が日本人にとって見ると余計に怖い、甘い物が怖いって事で饅頭怖いって言うか、有機リンだあ、メラミンだあと原産国を辿ると、あの国だったり、あの国だったり…

今、一番怖いのは食品が怖いって事を考えますと、現実が一番、怖いって事かと思います。
まあ、お茶を飲んどけって事です。

※ああ、お茶のブランドの宇治茶って言えばね高い金出しても買いたいのか?
解らんが、玉露とか、抹茶とかより、普通の煎茶が美味いと思うのは年だからか…

で、こんな感じらしいよ↓
http://www002.upp.so-net.ne.jp/ysuzuki/topic/brand-uzitya20040403.html

まあ、特に、地元が好きな訳でも無いし、どこの業者でもやってそうな訳ですが、ここまで、おおぴらにやってるって事ですね。
お茶は、ブレンドで飲むのは普通だったりしますし、特に問題は無いかも知れませんが、ブランドで騙されるのは辞めましょうって事かな?
 
お後が宜しいか?
 
 
京の一曲は中村由真で「Dang Dang 気になる」です。
…前に紹介したっけかな?
あんまり覚えて無いが、美味しんぼのOPです。

美味しんぼとかはコバさんが書いてくれるんじゃない?
暇だったら、今度、読み返して書こうかな?
メンバー
京都 : マイセン
大和 : コバ
訪問者数

お天気
最近のコメント
記事検索
  • ライブドアブログ