2007年02月12日

Wikipediaの中立性 このエントリーをはてなブックマークに追加

Wikipediaを閉鎖させないために必要な金額はいくらなのか?


結論から言うと、3ヶ月で1億円必要だそうです。
GIGAZINEでは、
---引用開始---
確かにこれだけの金額が必要となると、多少広告を貼った程度では維持できませんね、たぶん。GoogleとYahoo!とマイクロソフトから資金援助を受けるとか、全世界のありとあらゆる大学から資金援助を受けるとか、何か根本的にこの増加するコストを解決する方策を採らないと、焼け石に水になりそうです……。
---引用終了---
とありますが、本当にそうなのでしょうか?

Alexaで確認してみると、
ページビューはGoogle.comの6分の1程度あります。

Googleの売り上げは年間1兆2000億円程度見込まれています。
その半分がGoogle検索で稼いでいるとすると、年間6000億円になります。
もし、Wikipediaが広告を掲載すると、単純計算で、年間1000億もの収入となります。

Wikipediaが財政難なのは、
広告を掲載しても収益が得られないからではなく、
広告を掲載しないという方針が原因なのです。

もし、Wikipediaが広告を掲載すれば、
Wikipediaの記事は広告掲載主の影響を受けることになります。

どんな機関からも影響を受けない中立的な存在であり続けるために、
Wikipediaは個人からの募金で運営しているのだと思います。

--2月13日追記--

関連記事
ウィキペディア資金難で閉鎖 うわさの「真相」
Wikipediaが閉鎖の危機??
Wikipediaが財政危機でも広告を掲載しない理由

やはり中立性の観点からみて広告掲載は問題が多いようですね。


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by クー   2007年02月12日 13:56
5 広告主の影響を受けないWikipediaで
あって欲しいなと思いました。

2. Posted by 武田   2007年02月15日 19:14
広告主の記事は掲載しなければいいのでは?
あるいは、記事の内容は読者の編集に任せるということで広告主に了解を取るとか。
相手を選ばなければ、その条件を飲む広告主はいくらでもいるかと。
3. Posted by だめログ管理人   2007年02月17日 01:39
Wikipediaでは、自分に直接関係する記事の編集は認められていません。なので、広告主の記事を広告主が編集することはそもそもありえないことです。(実際に問題になったケースもあります)

http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:中立的な観点

に詳しく述べられています。



詳しいことは良く分かりませんが、Wikipediaの運営サイドは、コンテンツを営利目的で使いたくないようです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「最新トラックバック」は提供を終了しました。