パソコン

2011年06月19日

2010年12月07日

MacBookPro買おうかなー。

かっちゃいそう。

2010年12月03日

SANYO KBC-D1購入

SANYOのKBC-D1を購入しました。単三乾電池2本を使ってUSB機器を充電できる製品です。エネループ(1900mAh)が2本ついて2000円ぐらいでした。iPhone4の給電に使っていますが、1日で使い切る感じです。

メーカーによると
出力時間 :約90分 (*満充電の「eneloop」充電池でDC5V/500mA出力した場合の目安)

となっており、iPhone4をフル充電するほどの容量はないようです。

2010年09月17日

SSD搭載ノートが快適?

SSDを搭載したノートパソコン快適っていってる人おおいけど、どうしてデスクトップにSSDつかってるひと少ないんだろ。デスクトップだと、3.5インチの大容量HDD搭載しがちだけど、システムの快適性だけ考えるとSSDしか選択肢はないと思う。2万円程度の追加費用でこの快適性が得られるなら、絶対搭載すべきだとおもう。


ま、たまにWebみたり、メール確認するだけってひとにはオーバースペックだけど、1日中パソコン使ってるならSSDにすべき。ぜったいすべき。




2010年06月07日

iPhoneの発表は午前2時から?

【WWDC10前日レポート】
Appleの開発者会議「WWDC10」が7日に開幕
〜iPhone OS 4の全容公開に加えて、新iPhoneの登場も


2009年は健康上の理由から基調講演には姿を見せなかった同社のスティーブ・ジョブズCEOも、昨年末から業務へと復帰。2010年になってからもiPadの発表やiPhone OS 4のプレビューイベントなどの表舞台でプレゼンテーションを披露して変わらぬ存在感を示すとともに、米国株式市場において時価総額では米Microsoftを上回った同社の躍進を牽引している。そして同社は5月24日付けでニュースリリースを発表し、WWDC10はスティーブ・ジョブズCEOによる基調講演が幕開けとなることを明らかにした。基調講演は7日午前10時(日本時間10日午前2時)から始まる予定である。


2010年06月06日

明日夜12時。iPhone新型発表。

明日の夜12時にiPhoneの新型が発表されるようですね。

パケット無制限プランがなくなる代わりに、PCやiPadに対してティザリング接続(PCやiPadで、iPhoneの回線を使って通信する機能)を提供するという噂もあるし、いろいろかわりそう。CPUが早くなる、カメラの画素数が増える、デザインが一新される、などということは間違いないだろう。カメラが2台になるのか、動画チャットはできるようになるのか、、、その当たりが気になります。

ま、どういう内容の発表になったところで、新型iPhone買います。未だに3Gつかってるんですが、3GSと比べても反応が悪すぎなので、、、、

2010年04月28日

iPad comes with Docomo


NTTドコモ:iPad向けSIMカード販売へ

Basically there are two types of iPad, iPad that support 3G and iPad that does not support 3G.

In Japan, both models are going to be released on the end of May. And today, I find the news that says Docomo is going to provide SIM card for iPad. It does not announce pricing or release date but i will be released on the day.


I guess... not only docomo but also Softbank and e-Mobile are going to provide sim card for iPad.


2010年04月24日

Python

今日は、夕方からPythonを勉強していた。使い慣れない言語だと、調べながらの作業になるので、何をするにも時間がかかってしまう。今日は、BigTableへのレコード追加、任意レコードの削除が実装できた。慣れれば結構使いやすそうなんだけど、慣れるまでが大変そうだ。


#!/usr/bin/env python
import cgi
import datetime
import wsgiref.handlers

from google.appengine.ext import db
from google.appengine.api import users
from google.appengine.ext import webapp

class Greeting(db.Model):
author = db.UserProperty()
content = db.StringProperty(multiline=True)
date = db.DateTimeProperty(auto_now_add=True)

class MainPage(webapp.RequestHandler):
def get(self):
self.response.out.write('<html><body>[ <a href="/add">+</a> ]<br/>')
greetings = db.GqlQuery("SELECT * FROM Greeting ORDER BY date DESC LIMIT 10")
for greeting in greetings:
self.response.out.write('%s [ <a href="/delete?id=%s">-</a> ]<br/>' % (cgi.escape(greeting.content), greeting.key()))
self.response.out.write("</body></html>")

class Add(webapp.RequestHandler):
def get(self):
self.response.out.write("""
<form action="/add" method="post">
<div><textarea name="content" rows="3" cols="60"></textarea></div>
<div><input type="submit" value="submit"></div>
</form>""")
def post(self):
greeting = Greeting()
if users.get_current_user():
greeting.author = users.get_current_user()
greeting.content = self.request.get('content')
greeting.put()
self.redirect('/')

class Delete(webapp.RequestHandler):
def get(self):
Greeting.get(self.request.get('id')).delete()
self.redirect('/')

application = webapp.WSGIApplication([
('/', MainPage),
('/add', Add),
('/delete', Delete),
], debug=True)

def main():
wsgiref.handlers.CGIHandler().run(application)

if __name__ == '__main__':
main()


2010年04月15日

iPhoneアプリが実機で動いた。

証明書を発行したり面倒な手続きを経て、なんとかiPhone実機でサンプルアプリが動作するところまでやってきました。この勢いで、iPadでサンプルアプリが動くところまでは今日中にやってしまいたいところだ。

MacOSを使っていて不便に感じるのは、キーボード。スタイリッシュでコンパクトなキーボードなんだけど、なれるまでが大変そう。

参考にしたサイト
アプリを実機で動かす
つくれる?iPhoneアプリ





iPad発売延期

iPad、やっぱり延期になりましたね。

予約開始日の告知がないので、怪しいなとは思っていました。

独自経路で手配していて、今週中には函館事務所に届く予定なんですが、日本での一般販売は5月末まで延期されてしまいました。

「予想以上に売れているため」米国外での販売を遅らせたそうですが、実際、出荷台数、売上台数はどれぐらいなんでしょうか。性能面で見ると、eラーニング端末として最適だとおもうのですが、今後数カ月は入手性の面で問題がありそうです。

2010年04月10日

GoogleCodeにプロジェクトを作成

GoogleCodeにプロジェクトを作成してみた。GoogleCodeはオープンソースプロジェクトのホスティングサービスとして良く使われている環境だ。レポジトリの容量は1GBと余裕があるし、タスク管理システムや、ユーザ管理ツールなど、プロジェクトの運営に必要なものは一式そろっている。ソースコードを公開することが大前提なので、社内システムなどの開発には使えないが、オープンソースソフトウェアを開発するには便利な環境だ。

作成したプロジェクト
http://code.google.com/p/hakodate/

レポジトリの種類はMercurialとSubversionを選択できるが、使い慣れているSubversionを選んでみた。

iPadが東京に届いた。函館は来週前半ぐらいかな。

東京のオフィスにiPadが届いたそうだ。来週前半には函館研究所に届くだろう。今のところ、Webの開発に専念しているが、場合によってはiPad向けのアプリを開発することになるかもしれない。iPadの性能は、おおよそ、iPhone3GSの2倍といわれているが体感速度的にはどうなんだろう。早く手にしてみたいものだ。


2010年04月05日

Runkeeper

iPhoneアプリのRunkeeperを使うと、走った経路を記録できます。歩いても、走っても、自転車でもOKです。消費カロリーの計算はでたらめになるけど、自動車での移動記録も残せます。GPSの電波を受信できないと測位精度が落ち移動速度の計算が正しく行えないという欠点もありますが、屋外を走行している分には問題なく計測できています。

計測結果はiPhoneで確認するだけでなく、Webサイトでも確認できます。Webの管理画面には経路だけでなく、高低差などの表示機能もついています。

Runkeeper


走行履歴を公開してみました。プライバシー設定で、完全非公開、速度・高度だけ表示、マップも表示を選択できます。


2010年03月30日

iPhoneの新モデルは「iPhoneHD」?

iPhone新モデルは「iPhone HD」・6月22日発表?

新iPhoneが(iPad同様の)アップルA4ファミリ SoCチップ、960 x 640解像度ディスプレイ、前面カメラを採用、おまけにサードパーティによるマルチタスクが可能なiPhone OS 4搭載といった情報は掴んではいないようだ、と新仕様をほのめかしています。960x640が「HD」かはさておき、ピクセル数では現行iPhoneの4 倍にあたり、Nexus OneやDroidを一気に飛び越える解像度。いずれにせよスマートフォン戦争がますます面白くなりそうなのは確かです。


2010年版のiPhoneは、画面解像度(画素数)が4倍にアップし、CPUの処理能力、カメラの性能なども大幅にアップするとの噂。CPUとカメラの性能が上がるのは当たり前なんですが、画面解像度が一気にがあるとなると、アプリ開発にも影響が大きそうですね。


2010年02月14日

HTML5とJavaScriptの時代になるのかな

HTML5で実装したお絵かきツール
sketchpad

HTML5とJavaScriptだけで、こんな本格的なお絵かきソフトがつくれるんですね。7000行余りと、それなりに長いJavaScriptが記述されているとはいえ、HTMLとJavaScriptだけでここまでできるとはすごい。これを見てしまうと、今からFlashを覚えようという気が失せてしまう。

2010年02月11日

Kindle発売前にすでに普及していた電子書籍とは

Kindle発売前に、すでにかなり普及していた電子書籍がある。「電子辞書」だ。電子辞書というと、特殊な内容なのではないかと思うかもしれないが、コンテンツは辞書そのものだ。今では、学生の英語学習には欠かせないアイテムとなりつあるそうだ。

電子辞書が普及した理由は、
・持ち運びのしやすさ
・検索性
の2点に集約されると思う。

電子辞書は、紙の辞書と比べ、大きさ重さともに大幅に小さく、検索性能にも優れている。


では、Kindleが普及する理由はなんだろうか。持ち運びがしやすいという特長はあるが、検索性という利点はあまり大きくない。検索性に代わる、大きな特長が必要だ。

電子書籍の普及の鍵は
・購入の手軽さ
だと思う。

電子書籍は
・世の中にでている全ての本を、
・紙の書籍以下の値段で、
提供することができれば、間違いなく普及するだろう。

Amazon Kindleが、今年の6月に印税70%の販売プランをはじめるが、このプランを適用するための条件が、まさに、電子書籍普及の条件になっていると思う。

- 販売価格$2.99以上$9.99以下でなければならない。
- デジタル版の販売価格はあらゆる印刷版の価格をすくなくとも20%下まわっていなければならない。
- 著者、出版社が出版の権利を有するすべての国と地域で販売されなければならない。
- デジタル版はテキスト読み上げ機能をサポートするなどKindleストアが要求する仕様でなければならない。
- この新オプションが適用される場合には、Kindle版の販売価格は印刷版を含むあらゆる版の販売価格を下回っていなけれならない。

Amazon、Kindleのデジタル出版に新しく70%のロイヤルティ契約を用意



2010年01月27日

iSlateはeラーニングに最適?

今夜遅く(午前3時)、アップルが新製品の発表会を開催する。おそらく、タブレットPCが発表される。マルチタッチの液晶もしくは有機ELディスプレイを搭載したデバイスになるだろう。タブレットPC専用のアプリを開発するだけの時間はとれなさそうだが、今開発している製品はWebアプリケーションなので、そのままでも利用できそうだ。

2010年01月20日

アップルの新製品は1月27日発表

アップルが、2010年1月27日(米国時間)に、新製品の発表を行うようだ。タブレットPCや、iPhoneの新型などが期待されているが、MacBookProのアップデート(Corei3やCorei5などを搭載)なども期待できそうだ。

2010年01月16日

iMac 27インチモデルで開発する利点

画面が広い
27インチという物理的な大きさも魅力だが、2560×1440という表示解像度の高さが魅力的。

コンパクト
ディスプレイのように見える筐体に全部入ってます。無線のマウスとキーボードを使えば、接続も電源ケーブル1本だけ!

iPhoneアプリを開発できる
将来的にはiPhoneアプリも開発してみたいですね。iPhoneアプリを開発できるのはMacだけ!

値段もお手頃
14万円台http://kakaku.com/item/K0000064885/で購入できます。ほぼ同等の画面解像度を持つ30インチディスプレイは、ディスプレイ単体で14万円近くします。

欠点としては
・MacOSXのままで使うと、Windows向けのアプリケーションが動作しない。
・Windowsをインストールすると、キーボードが使いにくい。
などがありますが、Webアプリの開発がメインなので、問題なさそうです。



2010年01月09日

iSlate?

Appleの新型タブレットPC「iSlate(仮)」について現時点でわかっていることまとめ


・LG製の9.7インチ有機ELディスプレイ搭載モデルと10.6インチ液晶ディスプレイ搭載モデルの2種類
・9.7インチの有機ELパネルが約500ドルと現在値づけされ、パネルコストは製品の全コストの約30%を占めるのが通常なので、Appleの9.7インチの有機EL搭載タブレットPCは約1500〜1700ドルになると予想される。しかし、有機ELパネルの価格は急速に落ちてきており、2011年までにノートPC用の合格水準に達すると予想され、それに合わせてAppleが製品の登場を遅らせると見られており、結果的には有機ELディスプレイ搭載モデルは1200ドル〜1500ドル(約11万円〜約13万円程度)になる見込み。
・10.6インチ液晶ディスプレイ搭載モデルは800ドル〜1000ドル(約7万円〜約9万円)になる見込み。
・3G通信がバンドルされれば価格はさらに柔軟になる(安くなる可能性が増える)。
・MacBook Air、iMac、MacBook Proなどの製造に関わっているAVY Precision Technology(応華精密科技)が「iSlate(仮)」をアルミ筐体で製造している。
・タッチスクリーンパネルを搭載しており、この部分は台湾TPK Solutionsが担当しており、過去にiPhoneのタッチパネル製造を担当したと見られている。もしくは台湾Wintek Corp.が担当すると思われる。
・搭載されるCPUはIntel製ではなくP.A.Semi製になる可能性が大きい。このP.A.Semiとはどのような会社かというと、もともとはAlphaプロセッサの立役者の1人であるダン・ドッベルプール氏が2005年に立ち上げたもので、Appleが2008年に2億7800万ドルで買収、著名なチップ設計者が数名在籍しており、主にiPhoneとiSlate(仮)についてその心臓部を担当する省電力チップを設計していると見られています。このチップ開発は大規模なプロジェクトであり、IntelのATOMにかなりの打撃を与えると推測されています。
・このiSlate(仮)は電子書籍リーダー機能を搭載しており、世界中のさまざまな有名出版社や新聞社に対してAppleからコンタクトがあり、電子書籍の売上の70%を出版社側に提供するとされている。


発売されるのは間違いないでしょう。電子ブックリーダーとしての機能がどうなるのか(どんな書籍が手に入るのか?)、気になるところです。

Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「最新トラックバック」は提供を終了しました。