公開当時、正直に言うとマイケル・ジャクソンの『This is it』を
あまり観たくはなかった。

本物のアーティストは、パフォーマンスの舞台裏を
決して見せたくはないと思うし
マイケル自身は、絶対にリハーサルを
映画化することに賛成はしないと思ったからだ。


でも、あまりの評判の良さに映画館でぜひ観たいという気持ちになった。
あえて、ほとんど、予備知識なしで、映画を鑑賞した。



映画を観た感想は、感動というよりは呆然だった。

圧倒的なパフォーマンス。
リハーサルの映像でも、圧倒されてしまうレベル。


そして、この映画は、『This is it』に関わった人が
ぜひ世の中に少しでも、マイケルのメッセージを伝えたいと願って
リリースされたものだと感じた。


小学生の頃に観た『THRILLER』にプロモーションビデオの衝撃は
いまだに忘れられないし、
『MAN IN THE MIRROR』のメッセージ性には、とても感動した。


そして、『This is it』からも多くのメッセージをもらった。

圧倒的なパフォーマンスから生まれる、最高のエンターティメント。
映画館で、観ておいて良かった。