自分の存在は、相対的なものがあってこそ
その価値が明確になってくるものです。