自分の存在を知り得るには
相対的なものがあってこそ
初めてその価値を見出すことができる。