Dr.水族館 ~とある産婦人科医による水族館ブログ~

とある産婦人科医による水族館ブログです。 飲み会の最中に教授から「医局のホームページとリンクした水族館ブログを書いて、医局のアクセスを増やすぞ」という命を賜り、このブログを開始することに、、、。 とりあえず好きなことを書きまくりますので、興味のある方はたまにのぞいてください。

今回は厳密には「水族館」ではないですが、「水族館」と呼びたい施設が大復活したのでご紹介。
2011年の大震災で甚大な被害を受けた気仙沼。人的被害、家屋・社屋の流出、津波に引き続いて起こった火災・・・、多くの方が1日で日常を失ったあの日、気仙沼観光の中心施設であった「海の市」も同様に大きな被害を受けました。

海の市は1階は海産物の物販、2階には食事処を要し、気仙沼魚市場の観覧デッキにもアクセスできる施設。そして実は2階には有名なサメ博物館である「リアスシャークミュージアム」、1階には「氷の水族館」という「巨大冷凍庫」があった。この巨大冷凍庫の中には氷漬けの魚がところ狭しと展示されていました。
津波は1階の駆体を残してほぼ全てを流し、2階は床上浸水しました。
548691_287542134681012_592918526_n_R
これは震災から2年近く経ったころの海の市・・・。1階は何も残っていません。

復興が進むにつれて、観光の中心をなす施設であった海の市も次第にその機能を取り戻していきます。
2015年には、1階の物販と2階のリアスシャークミュージアム(正式名称がシャークミュージアムになった?)が復活!
DSC06884_R
違う方向から撮っていますが、色も変わりました!。
1階はお土産を買い求める観光客でごった返すようになり、以前の活気を取り戻しつつあります。

しかし、氷の水族館復活の話はなかなか流れてきませんでした。
・・・が、この度ようやく1階に氷の水族館が復活しました!
2017年4月29日にグランドオープン!!
私は当日仕事があったので、5月4日に一足遅れで行ってきました!

DSC08354_R
DSC08362_R
駐車場とは反対側の入り口のあたりに以前より大きくなった(はず)氷の水族館!
壁面にはPSOMANさんというアーティストさんが描いた絵が彩りを添えています。
DSC08360_R
入館料は500円。2階のシャークミュージアム(500円)とセットで900円・・・、ちょっと得です。
後ろに見える防寒具を着込んでの入場です。ちなみに中はー20℃。
以前は、適当に入って、自由に出ることができましたが、今度は
・完全入れ替え制!(最長10分)
・途中で2分間のプロジェクションマッピング

という、仕様です。
入り口前で、内部の見取り図を渡され、簡単な説明を受けます。その図を見るとサメはネコザメだけ。
とりあえずネコザメは絶対に見ないとなぁ・・・。という感じで入場です。
では、入場。
DSC08372_R
以前よりごちゃごちゃ感じゃなくなっています。
入り口前でみんなしっかり説明を受けていますが、床のラインはプロジェクションマッピング中の立ち位置です。白い防寒具にも投影されてきれいに見えるそうです。
入って少しするとプロジェクションマッピングが開始しますが・・・
DSC08472_R
DSC08478_R
もうしわけありませんが、プロジェクションマッピングはいりません(笑)。
しかもほとんど人が、床のラインの説明なんて真面目に聞いていないので、普通にプロジェクターの光が遮られたりしているし・・・、ちゃんと投影されている部分も、あんまり何の映像なのかわからない感じ。
ちなみにプロジェクションマッピングが終了すると、
DSC08468_R
DSC08452_R
DSC08402_R
結構きつい色の照明が次々と切り替わります。
もうしわけありませんが、きつい色の照明もいりません(笑)。
魚の本来の色をもっと楽しみたいのです。もちろん一般のお客さんの多くが、こういう照明を「ムードがある」と表現し、「プロジェクションマッピングもやってて気合い入ってる!」とSNSに投稿するのも知っています(確認してませんが・・・)。
だから私は照明の色が切り替わる間にときおり訪れる色が薄い時間帯にがんばって標本を見るのです。
DSC08502_R
DSC08486_R
どっちがいいですか?
ちなみに「忘れずに見ないとっ!!」と思っていたネコザメでしたが、、、、
DSC08428_R
ん?
ちなみにネコザメの画像がこちら(@しまね県立海洋館アクアス)
P1010803
立派な棘を伴った大きな2枚の背びれが特徴なのですが・・・。

ネコザメとして展示されていたのはおそらくトラザメでした。
ネコザメ推しではありませんが、間違いだけは勘弁です。
ま、氷の水族館を運営している「岡本製氷」さんは、魚の専門家ではなく、氷の専門家。実際、この透明度で魚を氷漬けにするのはかなりの技術を要するようですので、そのクオリティだけで満足です。
DSC08439_R
出口の方では我らがアイドルホヤぼーやがお見送り。
そんなこんなな氷の水族館復活でした。
もちろんネコザメのことはお伝えしましたよ。

ちなみに今回は、温度変化でカメラ内に結露ができるのを懸念して、1周目は耐水・耐衝撃のコンデジで臨みましたが、案外大丈夫そうだったので2周目・3周目は一眼レフを持ち込みました。ただ、途中でのレンズ交換はさすがにできませんので、2周目と3周目の間を十分に時間をあけて、レンズを交換しました(2周目:超広角 3周目:標準ズーム)。館を出てすぐは表面に結露ができますが、内部までは冷え切らないようです。

あと、以前の氷の水族館の写真を探したのですが、前のPCからHDDに移し損ねていたみたいで、見つかりませんでした・・。以前は防寒具が紫色だったはずです。

まとめとして
・氷の水族館が無事に復活!
・開館は9時~(ネットにも館付近にも書いてません)
・製氷技術は相変わらず高い!
・プロジェクションマッピングときつい色の照明は好みが分かれる
・完全入れ替え制(お客さんの体調を考慮して最長10分)
・一眼レフカメラも概ね大丈夫そう(保証はしません)ですが、中でのレンズ交換はしない方がいい
・ネコザメと書かれていてもネコザメではない

気仙沼復興の象徴の一つである氷の水族館。みなさん是非行ってみてください!!

余談ですが、ブログ更新をしていなかった4ヶ月の間に下書きだけしてボツにしたネタがありました。
理由はその企画をどうやっても酷評してしまうから。
でも、そのうち公開しちゃうかもしれません(笑)

あと、宮城県の水族館の歴史について書いた以前の記事も編集しましたので、よろしければどうぞ
http://blog.livedoor.jp/realblack_96/archives/43746003.html





↓気が向いたらクリックお願いします。
 
水族館 ブログランキングへ
 
にほんブログ村

久々の更新になりました。私生活でいろいろありましたもので・・・。
2017年は水族館活動を少し活発化させたいところです。

で・・・1月1日に行ったのは
DSC05808_R
夕方の仙台うみの杜水族館ですね。

今回のポイントは
・初売りや福袋は1月2日
・ヨシキリザメ生存確認
・ペンギン展示に異変!

昨年はうみの杜水族館の初めての年越しだったので、当然初めての初売りだったわけで、、、福袋について軽くレポートしたのは記憶に新しい?ところですね。
2016年水族館初め ~うみの杜水族館の福袋~

で、今年も
DSC05759_R
明日初売り!そして福袋も昨年同様のラインナップです!
2000円が300個 10000円が30個 100000円が1個
2000円と10000円の福袋は昨年レポートした内容から推測してください(笑)
そして10000円の1個は予想では昨年売れなかったものの使いまわs・・・なんでもありません。
DSC05761_R
↑明日に向けて準備された福袋たち!

続いて
DSC05597_R
世界でここだけのヨシキリザメはいまだ健在!
DSC05792_R
もともとマンボウが暮らしていた水槽は小さめですが、2尾のヨシキリは変わらず泳ぎ回っています!
今日で195日目!世界記録更新中ですよ!
そして今は期間限定でヨシキリザメ展をやっています。
DSC05807_R
入り口のゲートをくぐってすぐの順路のわきにヨシキリ展示!
DSC05767_R
ヨシキリザメ展示にあたってのドキュメンタリー番組を上映しており、そのまわりにヨシキリ展示!
そして2階にも
DSC05733_R
以前メダカの特別展示を行っていたスペースに立派な展示があります。
DSC05736_R
サメ展示に向けた苦労が一目瞭然ですね。
DSC05749_R
冷凍ヨシキリに触れたりもできます。
結構展示内容も充実してますので、細かい部分はご自分の目でお確かめください。

そして屋外のペンギン展示ですが・・・
DSC05729_R
いわな・・・?
なぜ突然いわな?ペンギンおらんやん。
DSC05732_R
とのことでした。
・・・ということで、屋外で飼っていたマゼランやフンボルトたちがバックヤードに追いやられたようです。
でも、屋内飼育のオウサマやジェンツーたちは変わらず展示中なのでご安心を。

あとは簡単にダイジェスト。
DSC05616_R
うみの杜おみくじがあったのでやってみました。
ヨシキリザメを期待したのですがサンゴタツでした。クオリティはかなり低い印象です。あえて画像は載せません。
DSC05628_R
リスが復活してました!!
DSC05653_R
バイカルアザラシは3頭とも元気
DSC05684_R
先日名字が「海乃杜」に決まったツメナシカワウソのご夫婦ですが、私が行ったときにはくるりだけが展示中でした。早く同居再開しないかなぁ・・。
DSC05698_R
以前マリンピアでは立ちワニとして有名だったメガネカイマンは、うみの杜にきて水深が浅くなって中腰ワニくらいになってましたが、とうとう立つことを完全にあきらめて伏せワニになってきました(笑)
DSC05701_R
チンアナゴは全体的に成長して長くなってきた印象
DSC05762_R
受験生におすすめされていたオクトパス(置くとパス)グッズコーナーができてましたが、
DSC05764_R
文鎮は赤が2200円、ペンギンカラーが3125円・・・高っ!!!

あと、イロワケイルカは4頭とも元気!フェアリーペンギンも3羽とも元気!

そして一番大事な情報
混んでませんでした!!
さすが元日夕方15時~17時!イルカアシカショーはガラガラで、ショー中の館内はさらに余裕でした!!

久々の更新はこのへんで・・・。
今年は家族の反発もあり、福袋は買いませんのであしからず!




↓気が向いたらクリックお願いします。
 
水族館 ブログランキングへ
 
にほんブログ村

では先の日記の続きを・・・。
前回の日記にも載せた写真ですが
DSC02470_R


・・・おわかりいただけただろうか・・・。画面右下に注目して欲しい・・・。
この付近で戦時中に亡くなった霊・・・ではなく
DSC02530_R
アクリルのベンチ!!
飾りっ気もなく、厚さおよそ30cm超級の上質なアクリルを面取りして足をつけただけのベンチです。
日本のアクリル(おそらく日プラ製)の透明度と強度をいかんなく発揮した逸品です。
水槽に水が入った状態で展示されることの多いアクリルですが、水を入れずに使うことで水族館におけるアクリルの存在感と重要性が際立ちますね!
来館者と水中の生物を隔てる「壁」でしかなかったアクリルそのものを感じるのも、水族館を楽しむ上でとても有意義です。

そしてこの水族館で最も魅了された展示がDSC02425_R
もう見ただけで興奮しますね!!!
1枚のアクリルを成型してひょうたん型の水槽が作られています!
アクリルはただでさえ加工が難しく、一般には平面か、がんばってもトンネル水槽に使われる一様な曲線を作るくらいのものですが、これは曲面の連続で、巨大なバスタブを作っているんです。
これにより、底面もアクリルでできているため、今度は魚影がきれいにその下の床面に映し出されて、それもまたきれいです!
DSC02433_R
ま、こんなところ見ている人はそうそういませんが・・・(笑)

ちなみにこの水槽の濾過装置はどうなっているかというと・・・
DSC02436_R
DSC02485_R
ひょうたん型の両側に取水口があり、そこから一旦濾過装置を通って、それぞれドーム型、円柱型に成形されたアクリルからあふれ出るようにして戻される仕組みです。若干パイプなどの系統が見えてしまうのは難点ですが、全体としてとても完成度の高いアクリルです!
しかも、この水槽が何に使われているかというと、タッチプールなんですよ!
いやはや、この「惜しげもない」感じを、タッチプールで何気なく遊んでいる子どもたちに伝えてあげたくてウズウズしますね!
ちなみに「ひょうたん型」と表現しましたが、実はこの水槽のモチーフは違うものなんですよ!
飼育員さんに教えてもらいましたが、公表NGのため気になる方は私に直接尋ねてください。

そして、この水族館のニシキゴイの展示水槽も
DSC02567_R
DSC02566_R
側壁だけですが、結構複雑な曲線を描いた水槽にぴったり設計されたアクリルがなんともいえないです!

そんなこんなで中身の魚たちを差し置いて、アクリルばかりを愛でていると「変態」だと思われてしまうのでこの辺にして・・・。

この水族館ゆかりの有名人のお話
DSC02604_R
その有名人さんが番組出演の際に使われたカメを連れ帰って大きくしたものが寄贈されているのですが、そのわきにこんなTシャツ。
目のいい人は気づきましたね。
DSC02605_R
ネコの眼にショコタン(中川翔子さん)がいますね。

なんで、この水族館にショコタンのカメ(しかも何の変哲もないミシシッピアカミミガメ)が展示されているかというと・・・。
教えません!

気になる人は直接千歳水族館に行って展示を確認してください!
ヒントはショコタンのひいひいおじいさんです。

そんなこんなでサケばかりでなく、アクリルやショコタンに興味津々になってしまう水族館でしたが・・・
DSC02462_R
最後はこの顔出しパネル・・・。
そこから顔出す必要ある?

お後がよろしいようで。




↓気が向いたらクリックお願いします。
 
水族館 ブログランキングへ
 
にほんブログ村

このページのトップヘ