2009年05月18日

引越し先

04e8d2db.jpgよくわからないままにこちらを利用させてもらおうかとトライしてみた。
慣れるまではしばらく時間がかかりそう。

http://ameblo.jp/shojisamada/

今後とも、どうぞよろしくお願いします。

realblue318 at 22:48|PermalinkComments(0)

2009年05月16日

引越し

82649236.jpg心機一転、ブログを引っ越す。
新しいアドレスは・・・なんかよくわかんないけど2〜3日後に届くらしい。
うーん、イマイチよくわからんができることからやっつけていこう。

と言うことで、このライブドアブログを利用した日記もこれで一旦幕引き。
最後の方は殆ど更新もしていなかったんだけど、ネタは今んとこ溢れかえるぐらいに抱え込んでいる。
俺のこと、書き出したらまたきっと止まらなくなる。
長い、硬い、偉そう、色々と反省材料はあるが、それはそれ。
俺の日記だからまぁ仕方ない。

使い慣れたこちらのブログのシステムの唯一の物足りなかった点は、
写真が一枚しか載せられなかったこと。
解決策はあるんだろうし、新しい管理ページからならできたかもしれないけれ
どタイミングというか、俺にとっての新しいシーズンの始まりなので
思い切って引っ越してみた。

最後の一枚は何にするか悩んだ。
悩みぬいた結果、これにした。
何度散っても、必ずまた咲いて人々を喜ばせる。
そんな存在になりたい・・・。


新しいブログのアドレスは、出来次第こちらに載せます。
万が一、興味をお持ちの方はご面倒ですがそちらを覗いてみてください。

realblue318 at 11:45|PermalinkComments(0)

2009年04月26日

RE-BORN

9f015721.jpgバタバタと、あまりにも激しく数週間が過ぎた。
日記として書くには、3月にサイパンで起こった出来事は少々過去になりすぎてしまったのでもう少し時間を置いて、もっと良い脚色を思いついてから書くことにしよう。

今月前半から、自分の行動径の限界点近くの移動を続け少々バテ気味。
こんな俺に、ましてこのご時勢に少しでも俺に仕事の話をいただけるのは本当にありがたい。
そして優柔不断な上、支離滅裂な思考の俺の軽率な言動で多くの友人、知人に迷惑をおかけしてしまった。
申し訳ないです。

そして、結局まだ何も答えはでていないけれど、無いアタマをいくら絞ったところで
何かが変わるわけでもなし、目の前のこと、今できることから始めてみた。
今までの俺は、始めようと思う・・・。
今は、始めてみた。

小さいことだけど、俺の中の前進。


こんな俺ですが、みなさん今後ともどうぞよろしくお願いします。

realblue318 at 15:09|PermalinkComments(2)

2009年04月07日

数日前から上京中。
今夜、成田からサイパンへ。
全て急遽決まったスケジュールで動いている。
東京・サイパン含めて荷物をバックパック一つにまとめて、根無し草みたいに漂う。
フットワークが軽いのが信条だが、東・彩どちらも宿未定。
夜中に入彩する今夜は、いつも何かしらの刺激を与えてくれるサイパンのアニキが
空港まで迎えてくれているそうだ。
めちゃくちゃありがたい。



今回の渡彩で、これからの俺にいろんなことが起こるはず。
吉と出るか凶と出るかわ神のみぞ知る・・・いや、俺しだいか。

realblue318 at 10:03|PermalinkComments(0)

2009年04月01日

April Fool's Day

498cfd60.jpg毎年、この日になるとわざわざ楽しいニュースを作って報せてくれる友人が
何人かいる。
誰も傷つかない嘘なら、たまには面白おかしくついてみるのもいいかもしれない。


realblue318 at 22:02|PermalinkComments(2)

2009年03月31日

兵どもの夢のあと

619c8799.jpg心が震える景色を見たとき、美しいと感じながら同時にどこかで侘しさを感じることがある。
そこに立ち、かつてそこを流れた刻に思いを馳せる。
時に笑みがこぼれ、時に雫が頬をつたう。



優柔不断な俺はこれから大きく動くことになりそうだ。
誰でもない、俺自身が結局そうすることを強く望んでいる。
出来るかどうかはわからない。
だからこそ、やってみよう。



realblue318 at 15:56|PermalinkComments(0)

2009年03月29日

新しい体験

63cfe80d.jpg初めてテニアンを訪れたのは1999年、5月。
それからただの経由地ではなく、目的地としてサイパンに通うようになったのが
2003年の2月。
結構な時間が過ぎ、北マリアナで多くの体験を積むことができた。
その、ほんの一部を遊びに来てくれた友人やお客様に楽しんでもらうことが
俺にとっては何よりの喜び。
もちろん、Cashはとても大切で絶対に必要なんだけど、それよりも誰かの笑顔を
見せてもらえるほうが、俺には価値がある。
今回の一月の滞在中に、今まで全く知らなかったサイパンの側面を覗き見ることができたので、今後のショージからの遊びの提案に活かすことができる。

今年の6月を境に、法的な部分で大きな変化が起こるらしいあの島々。
神様の宝石でできた島たちに暮らす人々の笑顔が、どこかの大国の軍事のために
消されていく。
ただ、それを指を咥えて眺めていることしか出来ない自分が、情けなくて恥ずかしくて。

探そう。
何か自分にできること。
小さくてもいいから、今から探そう。


さて、写真は初体験の一つ。
ローカルの友人の運営するファームに招かれたとき、玄関にいきなり登場した
このスカル。
どうやら牛の頭骨らしい。
なんだか、不思議と絵になる。



realblue318 at 08:22|PermalinkComments(0)

2009年03月28日

GROTTO

cdd3af29.jpg今回のサイパン滞在中、グロットに潜れる機会が数回あった。
幸運にも到着後、一本目のダイビングで親友のメモリアルダイブにお付き合いさせてもらえた。
俺も含めてインストラクター三人と、先輩でもあり親友でもある彼と四人でのダイブは、若干荒れ気味の海面の存在をつい忘れてしまいそうなほど、穏やかでクリアーブルーな海の中。
ウミガメとのド接近や、ギンガメアジの立派な群れ、大型のバラクーダやナポレオンの姿もチラリ。
やっぱり、グロットはオモシレェ♪
そもそもグロットは自然にできた穴なのだろうか?
一説によると、日本統治時代に潜水艦のための秘密基地を作るために爆弾で穴を空けたなんて話もある。
本当のところは誰もわからないのかもしれないけれど、それでも世界的に誇れるとんでもない場所であることは間違いない。
しんどすぎる階段も、あの海の青のためなら昇りきれるはず。


realblue318 at 20:54|PermalinkComments(0)

2009年03月27日

帰国

d62e191d.jpg俺にとって、6年ぶりになる観光客としてのサイパンへの長期滞在。
事前に必要なものがわかってることが大きなアドバンテージになるので、生活は快適そのものだった。
サイパンでの長期滞在に必要なものを俺の場合に限って簡単に挙げると、一人でリラックスできる空間と時間、行きたいところへ連れて行ってくれる車(ピックアップ最高)、いい音があれば尚よし。
それにたくさんの知人と、暖かい友人と、大切な親友と、もう一つの家族がいつも迎え入れて、送り出してくれる。
そこに新たな『出逢い』が何度も繰り返されて、俺の充電は毎日満タンになる。
今日からしばらくは、今回の滞在中の出来事を書きたいだけ書き連ねてみるつもりだ。

そうだ、ちょっと嬉しかった出来事を一つ。
ある日の夕方、一番長い時間を共に過ごしたマニャガハ島のライフガードの彼と一緒に島の南の方にある楽しそうなホテルへ、彼の友人に会いに向かった。
そこのビーチから眺めるサンセットもかなりお勧め。
で、目的の友人たちと合流しビーチバレーでもしようとコートへ向かうと
西日で輝くビーチの妖精が汗を流していた。
彼女たちのトレーニングが終わった後、同じ場所でド素人がビーチバレー遊びに夢中になってはしゃいでいたときのこと。
ストレッチで身体をほぐしていた妖精の一人が、『走るの早いですね!!!』とこの俺に一言かけてくれた。
まさか、日本のビーチのトップアスリートにビーチでの走りを褒められるなんて!
32歳、まだまだ頑張れそうだ。
ちなみに一言めにかけられたのは、『日本人ですか?』だったのは言うまでもない。

realblue318 at 09:51|PermalinkComments(2)

2009年03月19日

メインイベントを終えて

d4741226.jpg今回の滞在の俺の中でのメインイベントがサイパンで未体験のオーバーナイトキャンプだ。
こればっかりは、時々遊びに来てるぐらいじゃあ中々参加できない。
今回みたいにサイパン在住の友人たちが上手くスケジュールを合わせてくれて、ようやく実行できたのは本当に幸運だ♪
皆への感謝とリスペクトは絶対。
久々に訪れた場所で眺めて景色は、他のサイパンとはまたかなり異なるエリア。
詳しくは後日、嫌われることも読み飛ばされることも覚悟の長文で綴りまくってやる!
ちなみに写真は珍しくサンライズの写真だ。
早起きと言うか、眠るのがもったいないのと波の音がちょっとうるさ過ぎて寝ずに朝を迎えたお陰で出会えた奇跡。

realblue318 at 08:22|PermalinkComments(0)