2007年10月19日

2007年09月24日

Chapter 3 終了

1996年9月20日に南1条西7丁目にオープンしてから早11年。
2007年9月21日 をもってこの場所での営業は終了いたしました。
長い間、ご愛顧いただき誠にありがとうございました。
第4章へ向けて新たな出発をいたします。

もっと沢山のお礼やご挨拶をしなければいけないところですが、
取り急ぎ、移転のご連絡をさせていただきます。
もう少し落ち着きましたら、ご報告も兼ねてご挨拶したいと思います。

今まで、ほんとうにありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします。

              REAL DEAL


[移転先]
新住所: 札幌市中央区旭ヶ丘5丁目1−1
新電話番号: TEL: (011) 563-8873
オープン日が確定次第、ホームページおよび、このブログで
発表したいと思います。


d4052b32.jpg

realdealjapan at 12:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年08月23日

Qbert インストアライブ part.II

QBERT
夕方6:20を過ぎた頃、赤くカスタマイズされた"QFO"を持ったQ-Bertが登場。

iPODらしき赤いMP3プレイヤーもセットされ、そこから流れるBGMに沿ってプレイが始まる。

いとも簡単に繰り出される数々のスクラッチ技は、さすが、世界のトップである。

Youtube等で検索すれば色々出てきますが、やはり生で見て聴いたプレイ、グルーブ感は貴重でした。

ツアー限定グッズや、サインなどもGET出来た人は良かったですね。(質問なども快く答えてくれたQの人柄は、13年前と変わりませんでした。笑)

昨日ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
DJ Taichi はじめ、Tourスタッフの皆さんお疲れ様でした。

そして、今日(8/23)はツアーの本番(ライブ)です。
噂によると、今日のライブはQFOを使わない2ターンテーブルのバトルモード・セットらしい。あくまでも噂ですが。。。

ということは、このセットのインストアライブもある意味貴重なライブとなったのでは?。

本日のライブも期待大!

「DJ QBert Japan Tour '07」

2007.8.23(木)@Acid Room (札幌市中央区南4西6)
start:21:00〜
前売3000円:w/f3500円:当日4000円

Special guest: Flair Junkie
DJ's Taichi and more

チケット取り扱っています。


QBERT













Dirt Style Records "BATTLE BREAKS"
2625YEN(tax in)
BATTLE BRAEX


realdealjapan at 16:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年08月21日

「DJ Q-bert インストア・ライブ」 at Real Deal

4a070b1a.jpg急遽決定です!

「DJ Q-bert インストア・ライブ」

日程:8月22日(水)PM6:00 〜 PM8:00

会場:REAL DEAL (リアルディール)

入場料:¥1000円(30名限定)

当日会場にて、Qバート関連の限定商品を
販売します。 お楽しみに!



[告知]
翌日は、「DJ QBert Japan Tour '07」があります。

2007.8.23(木)@Acid Room (南4西6)
start:21:00〜
前売3000円:w/f3500円:当日4000円

Special guest: Flair Junkie
DJ's Taichi and more

23日のチケット取り扱っています。

realdealjapan at 20:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年08月16日

REAL DEALラウンジパーティーVOL.3

先週の土曜日、REAL DEALのラウンジパーティーがあり
ました。
忙しい中、遊びに来てくれた皆さんありがとうござい
ました。

気持ち良い音楽と、美味しい食事と、美味しいお酒。
そして雰囲気の良い場所。
今回も、皆さんのお陰で楽しい時間を過ごすことが出来
ました。(楽しすぎて写真撮るのをすっかり忘れました)

今回の会場はガラス張りなので、3時過ぎには外も明るく
なってパーティーも終わるかな?と予想していましたが、

どうやら夜明けは関係なかったみたいです。朝5時位まで
続きました。。。。笑) 毎回でしたね!

会場は Piranha
お食事は 和創食彩 稲々...dalous
音楽は、ISSO(Soul Cop)、MITSURU(Hype3)、HANA
の皆さんにご協力いただきました。(敬称略)
ありがとうございました。

お盆休みのスタートという事もあり、都合で来られない
方もいらっしゃいましたが、第四弾も企画しています
のでその際はまたよろしくお願い致します。

では、第四弾をお楽しみに!


[協力店]
soulcopISSO / SOUL COP(ソウルコップ)
札幌市中央区南4西5丁目 第1秀高ビル2F
tel:011-222-3550


hype3MITSURU / HYPE3(ハイプ3)
札幌市中央区南5条西6丁目 多田ビル1F



piranhaPIRANHA(ピラニア)
札幌市中央区南5条西2丁目
美松村岡ビル9F
tel:011-563-3993


dalous和創食彩 稲々
...dalous(ダラス)
札幌市中央区北2条東4丁目
サッポロファクトリー三条館1F
tel:011-231-6828
http://members3.jcom.home.ne.jp/dalous/


tohtoh和創食彩 稲々(トウトウ)
札幌市中央区南8条西22丁目
tel:011-561-2081
http://members3.jcom.home.ne.jp/toh-toh/index2.html

realdealjapan at 23:34|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2007年08月10日

スペシャル(?)な夜 第3弾

ここ最近、札幌も蒸し暑〜いですね
もう少しでお盆休みの方もいると思いますが、

明日 8月11日(土)、REAL DEAL ラウンジパーティーを開催します。(大変お待たせしました!)

パーティーといっても飲み会ですが、親しい友人・知人・DJの皆さんでいつもの通り、良い音楽と美味しいお酒を楽しみたいと思います。

また、美味しいお食事もあります!(今回のお食事は特別に、稲々/dalousさんにご協力いただきました。ありがとうございます。)

毎回場所を変えて開催していますが、(Volume1 "After talk cafe"、Volume2 "anti")そして今回は、、、、

「ビルの最上階から見下ろす抜群のロケーションが魅力。夜景が楽しめるデートスポットとしても人気」のお店です。



「REAL DEAL presents ラウンジパーティー Vol.3」

8月11日(土)21:30 - 3:00(close予定)

札幌中央区


 参加ご希望の方は、スタッフまたは下記までご連絡下さい。
 詳細を追ってご連絡をさせていただきます。

 realdeal@djhonda.jp

 tel: 011-231-0160 (12:00-20:00)
realdealjapan at 15:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年08月08日

RANE serato SCRATCH LIVE専用バイナル

RANE serato SCRATCH LIVE専用バイナルの限定カラーバージョンが緊急入荷!

カラーはブルー、レッド、ゴールド(イエロー)、の4種類。

※全てクリア素材ですが、製造の過程で若干透明度にムラがある箇所がございますのでご了承ください。

※1枚単位での販売です。透明は未入荷。

scratch live Vinyl 2



scratch live Vinyl 1


realdealjapan at 23:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年08月05日

其の四 ICE CUBE & WC

ice cube










たぶん95年頃だったかな?札幌にも来てました、アイスキューブが。
"ICE CUBE & WC"がファクトリーホール(サッポロファクトリー)に。今の若い子達は知らないでしょうね。(WCはこの後何度も来てますが)

当時の生キューブは、雑誌とかテレビの通りでしたね、表情が。怖い。
でもちゃんと写真に応じてました。(意外と優しい。見た目は怖い)
ライブはかなりバッチリでしたよ。今まで見たHipHopのライブの中で一番印象が残ってます。

そして、10年ぶりに来ますね札幌に、アイスキューブが。
またまた、"ICE CUBE & WC" の組み合わせで、9月9日にライブらしいです。
すっかり俳優のアイスキューブは、どんなライブをかましてくれるのでしょうか?
楽しみです。

リアルディールでチケットを取り扱うかもしれませんので、詳しい事が解りましたらお知らせいたします。

懐かしい写真、其の四でした。


WC


realdealjapan at 13:36|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年08月03日

GARCIA インタビュー (HipHopGame.com)

HipHopGame.comHIP HOP GAME.COM


(GARCIA:以下G)What’s Up?

Goodだよ。Just blessedさ。
今、スタジオにいて最後のトラックをマスタリングに送る為に準備しているところで、今、ここまでこれた事が本当に嬉しいよ。

今回のニューアルバム『Life Unscripted』の発売にあたり満足していますか?

(G)俺は本当に恵まれてると思う。素晴らしい才能を持った奴等と一緒に仕事が出来る最高の機会に恵まれたんだ。
サウス出身のインディーズアーティストでいるという現実は厳しい中、このアルバムを通して普通じゃ考えられない奴等との曲作りが出来た。Scram Jones、Dani Kertell、Harardis Soundz、N.O.R.E.、Hecklerが参加してる。そして、dj hondaとの曲作りも実現するなんて本当に嬉しいよ。
皆それぞれいい感じで曲作りに参加してくれたおかげで、全てが素晴らしい仕上がりになった。後は、パブリックが気に入ってくれるのを祈るだけださ。最高の出来だからね。

最初に流出した曲、dj hondaがプロデュースした“Clear My Mind”はとてもパーソナルな曲ですね。どうしてこの曲を1発目に選んだんですか?

(G)そうなんだ! 初めは流出させるつもりじゃなかったんだけど、俺の友人Ketherが他の仲間にメールしたら反響がよくて、じゃあそのままLet It Flyって訳さ。(笑)
このリリックは俺の親が離婚するところから書き始めて、dj hondaがビートを持ってマイアミ入りしてから2人で2週間の間スタジオに缶詰でトラックに取り組んだ。最高の体験をしたよ。
dj hondaの曲を聴いて育ってきた俺にとって、彼は若い頃から憧れてきた存在の一人なんだ。スタジオの中で彼と一緒に座り、自分のパーソナルなリリックについて語り、彼のビートにのせてトラックを作っていけるなんて最高さ。平凡な事は話したくなかった。この曲がアルバムの中で重要な曲だって事を、そして俺達が魂をこめて作ったって事を伝えたかったんだ。

”Clear My Mind”のように非常にパーソナルな曲はあなたに取って得意分野ですか?

(G)そう思うよ、俺はアーティストだから。俺が曲作りする時は、音楽はただの音楽じゃなくて自分の体験、経験を伝える手段の一つになる。俺が誰か、どこで育ってきたかっていう真実をね。くだらない事、どうでもいい事やただ人をダンスさせたりする音楽を作るよりももっと自然な事。平凡な事を書く事を悪いって言っているわけじゃなくて、いつも現実を見つめリアルな事に影響を受けた時にいい曲が閃くんだ。
誰だって真実を見てきてる。ホントに悲しい時、嬉しい時、誰かを愛する時・・・どんな時でも本当に心から感じた瞬間に音楽が生まれると思う。アーティスト、リリシストならそれが自分を表現する方法さ。沢山の奴らは1つのスタイルしか出来ないと思ってるけど、人間は毎日いろんなことを感じて、自分しかタッチ出来ないものを感じて生きている。俺だけじゃなく、沢山の人が両親の離婚を見て育ってきたと思うし、俺のように真実を知らず自分の父親は正義の味方だと信じてた事も事実。MCとして育ってきて、いつも俺は本当のことを歌ってきた。何も隠さず怖がらず。俺の曲達はいつでもその頃の自分の真実を意味してるんだ。

スタジオにdj hondaと一緒にいるのはどんな感じでしたか?

(G)dj hondaとの仕事が実現するなんて、超クレイジーすぎて信じられなかった!
彼はいつも凄く物静かで質素な男だよ。スタジオに来る時はいつも色んなビートを聞かせてくれた。dj hondaから、彼の次のアルバム“h4”に俺を起用したいって言われた時は、名誉に思うって伝えたよ。俺達は彼の曲“The City Of Miami”って言うトラックを取り始めて、その後、彼のSHOWでパフォーマンスしないかって誘いを受けて帰ってきてから俺の曲に取り組んだ。彼のアルバムのVideo撮影もしたよ。hondaは本当に謙虚な人だよ。 彼は相手のタレント性を見出して共感したらどんなパワーを使ってでも上に這い上がっていけるようにプッシュしてくれる、そんな奴だ。彼はいつも俺のタレント性を見つけ出し、スタジオの中で彼の本当のATTITUDEが何かを教えてくれた。dj hondaを今まで以上に尊敬してるよ。



GARCIA 7-17


NOREが“Global Warming”で彼のエクスクルーシヴプロデューサーにDJ EFNを迎えた事を興奮して話していましたが、あなたにとって彼はどれ位価値のある人ですか?

(G)EFNは一緒に仕事したプロデューサーの中でもベストに入る一人で、自分が何を求めていて、何が好きか嫌いかはっきりしている絶対妥協を許さない奴だよ。とてもいい音楽のテイストを持っている。彼は伝説的なHip Hop DJさ。彼のレーベルにいるって事はちょっと厳しいぜ。奴はただのYESマン(何にでもすぐ簡単にOKを出す人、ここではプロデューサーを意味している)じゃないからね。アーティストの能力を最大限に引き出し、すべてがベストな状態か確信しながら曲を完成させる。そんなプロデューサーがスタジオには必要だろ。彼がついてりゃもっと大きい成功が待つレベルまでドライブしてってくれるよ。

(G)スタジオにいて、俺自身がいい感じに曲が出来たと思った時、奴が来ると全然良くないって言われた事が沢山あったよ。40人、50人の奴らが良いって言ってくれても奴だけはNOって事もあって、でも俺はもう1度書き直したよ。何故って?奴を信じてるからさ。子供の頃から奴を知ってるんだ。俺の本当の友達だよ。周りの95%のYESマンはいつも良いことばかり言うけど、陰では何を言ってるかわからない。そんな中で彼は俺を集中させる。奴との仕事はまるでHIPHOPのブートキャンプさ!絶対俺を辞めさせない!

どうやってEFNとそこまでのレベルに達することが出来ましたか?

(G)HIPHOPの世界に入るって言う事は、どうやってフィードバックを受けるか学ばなきゃいけない。決してパーソナルに物事を捕らえないようにね。同じHIPHOPの世界でも色んなスタイルがあるから。俺は小さい頃からEFNの周りにいて、同じネイバーフッドで同じような音楽を聴いて育ってきた。そして俺達はCUBAN(キューバ移民の血を引く)で似たようなバックグラウンドなんだ。奴は俺がどんな物が好みか、そして俺も奴が何が好きかを知っていたんだ。1度そんな友情と信用が生まれると何でもできる。奴初めて仕事をした時だって奴の周りの奴らは俺の事を最悪だってけなしてたよ。でも、俺はまだMCのBABYみたいなもんさ。でも、奴は周りを気にせずそんな俺の真剣さを見出してくれたんだ。奴をリスペクトしてるし、俺にはやらなきゃいけない義務がある。それからずっと奴からのリスペクトを手にしたんだ。

NOREはどういう方法でプロデューサーの一人としてこのアルバムに貢献しましたか?

(G)奴は沢山の知識と、どうやってたらRetailとメジャーのレーベルでの仕事が上手くいくか教わったよ。そして、沢山のプロデューサーとのコネクションとエナジーを持ってきてくれた。どうやって確かな曲を作るかも教わった。HIPHOPのレジェンドだよ。REGGAETONをアメリカに持ってきて浸透させたのも奴だし、今はまたアンダーグラウンドに戻って活動してる。あんなエナジー、成功、キャリアを持ってる奴は沢山のものを与えてくれるよ。彼がしてきた全ての事、数え切れない程の知り合い、いつもポジティブなものを持ってきてくれる存在だ。俺からだって俺異常にチャンスをもっていく勢いだよ。俺と仕事しても何も得ないかもしれないのに俺を信じてくれてる。その事実こそがこのプロジェクトを信じてくれてる証拠さ。

今回のアルバムではデビューアルバム“Anti−Social”ではできなかった事でどういう点が違いますか?

(G)皆最初に気づく違いは俺のMCとしての成長とマイクを楽しく操るレベルだよ。成長が耳で聴けるはずだよ。”Anti−Social”ではアンダーグラウンドを打ち出し“Hate the world”が頭にあったけどそれが少し変化して、HIPHOPが何かを、何が本物で何が偽者かを学んだことで受け入れる事が出来た。自分が誰で何かを見つめ、何も怖がらずマイクに集中した。
”Anti−Social”では若かったこともあるし、周りに何を言われるか気にして言えなかったことが沢山あったと思う。本当のMCでいることは全てを前においた状態でそこからやればいいんだ。

“Anti−Social”は成功作だとお考えですか?

(G)ああ、アレは俺達が自腹でつくったインディペンデントアルバムさ。“SELECT−O−HITS”がディストリビューターになってくれマイアミのベストアルバムに投票されたんだ。MTVの“MY BLOCK”でも紹介されて、契約してないアーティストがフューチャーされたのは俺だけだったし、UrbのNEXT100にもはいった。あのアルバムのおかげでマイアミMCとして信頼を受けたよ。今が“Anti−Social”が更なるレベルに押し上げてくれたんだ。アンダーグラウンドに俺のコースはもう引かれてるようなもの。マイアミを全国レベルに持って行ってるのさ。

マイアミのHip Hopはクラブバンガーやパーティーイングというイメージがあります。そんなマイアミの中でシリアスなトピックを選びリリックを書き取り組んでいる事はあなたに取ってのチャレンジですか?

(G)チャレンジの意味はマイアミの人がこれをどうやって理解してくれるかなんだ。このプロジェクトが他のマイアミアーティストを消えさせるわけじゃない。皆タレント性のあるアーティストだし、才能を持ってるのは俺だけじゃない。でも、マイアミ出身のシリアスなリリシストであることは厳しいかもしれない。なぜならマイアミへのイメージが浸透しているからさ。でも、マイアミだって本当の街だし、サウスビーチだけがマイアミじゃないんだ。本当の街の姿をみたらきっと皆驚くと思うし、リスペクトさえすると思うよ。

(G)マイアミについて知られていないことがまだまだ沢山ある。今回のメインチャレンジは、沢山の人に曲を聞いてもらって、マイアミの音楽がマイアミベースとクランクだけじゃないって事を知ってもらいたと思ってる。それが俺の目的さ。クサを売っているディーラーから、9時から5時まであくせく働きながらボスを嫌ってる奴、学校までギャングメンバーに迎えに来てもらってる奴、俺はマイアミで生まれ育ってきて全てを見てきた、俺のアングルは1つだけじゃない。
俺の役目はマイアミ出身のアーティストとしてマイアミがどんな街かを世界に知ってもらうことさ。

“Life Unscripted”は7月17日の発売ですが、これからの予定は?

(G)君みたいな人とインタビューし続けるよ!俺達はプレスモード(宣伝)に入って、数週間後には待望の1stシングルが発売予定でそれをプッシュしていくよ。これからは何よりも宣伝に力をいれていくよ。君の様な存在はアルバムの売り上げに貢献してくれてるんだ。

皆に一言お願いします

(G)クレイジーフッドな奴は俺だけじゃない、EFNもHecklerもいる。ウェブサイトをチェックしてくれ。もっと俺たちの事がわかるぜ。
ずっと応援してくれてる人、このプロジェクトに携わってくれた全ての人たちに感謝してるぜ。このプロジェクトは俺自身よりも全ての人の為に捧げるよ。そして、俺の街が何よりも誇りに思ってくれることを祈る。

(訳:GUMMI)
realdealjapan at 13:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年08月01日

其の参 Aaliyah

296fe3c7.jpg今、昔の写真を整理しています。
なので最近は昔の話ばかりになってしまいがちですが。
第三弾を。

1995年2月28日〜アリーヤが札幌にライブ(ザナドゥ/ジャスマック)で来た時の楽屋での写真です。(モザイク入れてすみません)
ファーストアルバム "Age Ain't Nothing But a Number"(1994)をリリースした翌年の来札でした。

残念ながら、2001年8月25日にわずか22歳で突如不慮の事故でその短い命を閉じてしまいましたが、94年に15歳でデビューしてから、ブラック・ミュージック界で確固たる地位を築き上げ、R&Bの新たな女王として君臨、音楽界に多大な功績を残しました。

Aaliyah(Aaliyah Dana Haughton)
1979年1月16日、ニューヨーク、ブルックリンのBedford Stuyvesantで生まれる。5歳の時、デトロイトに移る。母の影響を受け歌の世界へと入っていった。

13歳、おじ Barry Hankersonを通じて紹介されたR. Kellyはアリーヤの最初のアルバム Age Ain't Nothing But A Number をプロデュース。そして、15歳、ファースト・シングル Back and Forthは、R&B/Hip-Hop singleチャートでトップ!

彼女の才能は、ミュージックだけにはとどまらず、ジェット・リーと共演した「ロミオ・マスト・ダイ」でみせた彼女の女優パフォーマンスは、多くのファンがアリーヤへの期待をつのらせていった。そうした矢先の事故となってしまった。

realdealjapan at 13:07|この記事のURLComments(5)TrackBack(0)