2006年04月06日

BLOG更新中止

社会人になっていろいろと責任があるのでブログをやめようと思います。

日常生活のひとコマひとコマが口外してはいけない情報とともにあるし

でも、いろいろと書いてはいきたいので、なんか他の方法を考えます。


あ、ちなみに、こんな時間に更新しているからって暇なわけではないですよw

2006年04月02日

モラトリアム最終日

とうとう入社前日。

日経新聞の購読も始め、新聞を読む姿はまるでおっさんだと母親に言われるしまつ。

完全にリーマンになる準備ができた模様。


さて、社会人になるにあたり、本物のおっさんから頂いたアドバイス

「1番初めに身に付けた働き方が、今後一生の働き方になるから、初めから楽な方法を探したり、それに依存したりしてはいけない。」

子供の頃から勉強に対するアプローチの基本が変わっていないことからも実感できる。

やはり1番最初に手を抜いては絶対ダメだ。

同時に、自らの無能を認め、出来ること出来ないことははっきり上司に報告することも重要

そのためにはなんでも報告、相談できる人間関係の構築もすごく大切


なんだか当たり前のようなことばかりだけれど、恥を捨てて、主体的に行動していくことは意外と日常生活では絶対条件ではないのでサボりがち

やはり、社会人と学生の違いはその“責任”にあるのだろう



realfool at 15:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)Diary | Diary

2006年03月31日

リーマンに必要なもの

リーマン





後3日でリーマンな僕です。

社会人になるにあたって、必要なものを考えてみました。

スーツ・・・かえも含めて2〜3着はいるかも

シャツ・・・1日1枚で5枚用意しました

靴・・・雨が降ってもいいように2足用意しました

手帳・・・いっぱい予定が書き込めそうなものを用意しました

整髪料・・・カチッと見えるようにツヤ入りのグリースを買わされました

鞄・・・会社の名前入り鞄を使うか真剣に迷っています

時計・・・3万円をかけて修理しています

モンダミン・・・口臭はみんなに嫌われます

洗顔フォーム&ローション・・・男の肌は敏感なんです

奴隷になる覚悟・・・言っても、最初の数年は丁稚奉公です

大きな目標・・・激務に耐えるためには、その先のゴールが必要です

こんなもんかな。

あとは入社まで勉強したり、遊んだりするだけ




realfool at 18:48|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)Diary | Diary

2006年03月29日

なんかおもしろそうなのを発見したので

印象分析

Insho

あなたの第一印象は クール!

常に冷静で、完全無欠を目指す。
独創性と可能性を追求するひと



プラスの印象
◎理性的な
○冷静な
○機敏な
○すっきりとした

マイナスの印象
・自己中心的な
・ひややかな

Impression Map









性格分析

心理機能グラフ

型番 内向- 感覚- 思考 -自然
気質 行動性
タイプ 実務家
主文 危険に直面しても、手際よく問題を解決する沈着冷静な実務家です。
解説  独立心が強く、人と打ち解けず、一見お高く止まっているように見えますが、実は大変冷静な実務家です。何事に対しても客観性を失わず、平常心を持ち、落ち着いています。危機に直面しても、手際良くテキパキと問題を解決。一人で忙しく立ち回るのは好きですが、計画を練り直したり、話し合いを重ねたりするのを極端に嫌います。工夫に富み、あらゆる機械や情報に詳しいです。
 非常に現実的で、自分で何でも決め、行動します。一人で働くか、ほんの数人の有能な人と働きたがります。人の手を借りずに、物事を解決するのが得意です。
 その一方で、一人でスリルを味わうことが好きなようです。



当っているような当っていないような・・・・


興味のある方はどうぞー

http://www.be-fine.net/wannabe/contents/introduction/index.cfm


realfool at 16:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)Diary | Diary

2006年03月26日

お祝い

昨日は「お祝い」デイでした。

突然、高校時代の友達に呼び出され、卓球をし、食事をしに行った。

なんの会合であったはずなのかはいまだに分からないが、みんなのこれからを祝った。

内定、就職、結婚、離職

僕達にこれから起ころうとすること、僕達が起こそうとすることは全く違うのかもしれないが、なにか次のステップに進むという点では共通していると思う。

同じ教室で肩を並べた日々も懐かしいが、それぞれが別々の人生を選択肢、歩んでいっている今の方がおもしろいと感じる。

あー、なんだろう、これから始まる新生活に対する不安、期待からか寒気の様な、武者震いの様な感覚を覚える。

なんだか落ち着かない・・・。

決して初めての感覚ではないが、久しぶりに味わう気がする。

会社から内定を頂き、サインをした時に言われた

「もう逃げられないぞ・・・。」

という言葉が現実味を帯びてきた。

戦いの舞台は用意された。

あとは、僕がどう戦い、生き残るかだけ。

realfool at 11:46|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)Diary | Diary

2006年03月25日

卒業と今後

卒業しました!!!

5年という長い長い学生生活にピリオドを打つことが出来ました。

約3年ぶりに日吉キャンパスに行ったんですが、生協、食堂などが綺麗になっていたことと、日吉の学生の若さとに驚かされました。

別に大学に対する思い入れなんてなーんもないんですが、卒業するんだなーって感慨深い気持ちになりました。

園遊会後の飲み会には忙しい中後輩も数人かけつけてくれて、朝まで一緒に飲みました。すげー嬉しかった。

これからもみんなで飲んでいきたいです。


さて、そんな中、僕の配属が決まりました。

あまり具体的には書けませんが、デリバティブの仕事です。

非常に平均年齢が高く、一番若い人でも38歳のチームに所属することになりました。

新卒として入るには非常に厳しいチームかもしれませんが、一度ケチョンケチョンにぶっ潰れた方がいいという上司のあたたかいお言葉を頂いたので、安心して入れそうですw

とにもかくにも、配属が決まり、少しはほっとしました。

非常にタフな仕事なので楽しみながら臨んでいきたいと思います。

realfool at 10:06|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)Diary | Diary

2006年03月21日

旅行の1コマ

スペインはバルセロナでサッカー観戦をした時の1枚

他人の食べ終えたポップコーンの容器をかぶるおっちゃんが印象的な作品



PopcornMan

2006年03月18日

お迎え


Alcohol


えー、久しぶりに死にました。いろんな人に迷惑かけました。
覚えている限りをここに綴ろうと思います。


昨日はOVAL友達の2人と渋谷に飲みに行きました。

1次会はスペイン坂にある、サムライチャイニーズ?とかいう名前のお店に行きました。
そこでは普通に生中を何杯か飲んだだけで、ほど良く酔っ払っていました。

2次会ではどっかのバーに行きました。
まぁ、酔っ払いたいよねということになり、お店で1番強いのをお願いしました。
たしか、アルコール度数75%とかだったと思います。
それから酔っ払って、なぜか会話が英語になり、バーに一人で来ていたオーストラリア人のサム(?)が参加してきました。
その後も何杯か同じショットを飲み、また、一人で来ていたオーストラリア人の女性も参加しました。
彼女は彼女の飲んでいたワイン代金を払わずにしれーっと帰っていきました。

このあたりから記憶が断片的なんですが、なぜか僕は店の外に行き、えぐっていました。1次会ではそれほど料理を食べてなかったので、そんなに物は出てこなかったんですが・・・。

つぎに覚えているのが、店の前では迷惑だからと言われ、誰かに担がれちょっと離れた通りに寝かされていました。
誰かさんはえぐっている僕を捕まえて暴れてましたけど・・・w

そこでえぐっていたら、どうやら、血のようなものを僕が吐き出したらしく、よく知らない人が救急車を呼んでいました。

さすがに、救急車のお世話にはもうなりたくないと思っていたので、親に電話して迎えにきてくれるようにお願いしました。

救急隊の人には母親が看護婦だから面倒見てくれるので、平気です。って何回も言ってたような記憶が・・・。

家から渋谷はすごく近いので、親がすぐに現れ、僕は家に連れて行かれました。

そして、今です。まだ、相当気持ち悪い。

あんまり詳細は覚えていないんですが、他の友達も結構えぐっていたような気がするので、彼らの安否が気になります。

今年で23歳になりましたが、また、親によっぱらって迎えにきてもらうとは思ってもいませんでした。

いい加減、調子に乗って飲むのは控えなければいけないなと思います。

今日も今から飲み会ですが、本気でアルコールを飲める体調ではないので、安静にしていたいと思います・・・。

realfool at 15:19|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)Diary | Diary

2006年03月17日

英語のお勉強

旅行から帰国して、毎日英会話学校に通っています。

なぜなら会社からやれと言われたレッスンを今月末までにこなさなければならないから。

毎日4レッスンほどマンツーマンで受講していますが、結構楽しんでいます。

だいたい2〜3人の先生と毎日会っているのですが、先生によって全然教えるポイントが違います。

テキストはビジネス英語で、Risk Management, Growth Model, Marketing...とかいろいろトピックがあり、それにそって進めていきます。

で、ある先生は「商学部の君には内容は簡単でつまらないだろうから、発音の勉強をしよう」と言い、ひたすらに発音をなおしてくれます。

また、ある先生は「パラグラフを音読して、自分の言葉で内容を要約してください。」とひたすら言い続けてきます。

またまた、ある先生は「子どもが産まれたんだよ、見てくれ!!」から始まり、ほとんど雑談(ビジネス系の)で終わってしまいます。

さらに、先生の出身地もまちまちで、最近の先生はアメリカ、カナダ、オーストラリア、アイルランドなどなど。

なんとなく違いが分かってきたような気がします。

ついでに先生の来日目的も様々です。

日本語を勉強していたから、世界中をまわっていたらたまたま、日本人の女の子を追いかけてたら、わからない・・・。


そうそう、どの先生にも大体、「すっげーリラックスしてるね。社会人になってもそのままでいてね。」と言われます。

学校のロケーションの関係、僕みたいに私服でちんたら来る若者もあんまりいないからかもしれませんが、彼らにとっても僕はおもしろい存在らしいです。


しかし、そんな楽しい英会話学校もあと少しで終わってしまいます。

さすがに自腹で通うのは厳しいですが、仕事だけではなく、プライベートでも英語を話す環境を作るように努力していきたいです。

realfool at 15:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)Diary | Diary

2006年03月14日

TV DRAMA

英国からの帰りの飛行機の中で見たドラマが面白かったので紹介します。

アメリカの作品で「Prison Break」です。

無実の罪(多分)で捕まっている兄を助けるために、わざと逮捕されて、兄と一緒に脱獄しようとする弟が主人公の話です。

兄は死刑執行が60日後に決まっているので、それまでに脱獄しなければいけないというタイムリミットつき。

主人公のインテリジェンスとタイムリミットがこのドラマをすごくスリリングにしています。

まだ、第1話しか見ていないので、速く続きが見たいのですが、まだ日本では第1話も公開されていないので、もうすこし先になりそうです。

とにかく、おもしろかったので、海外旅行に行く機会のある人は飛行機の中で見られるかもしれないので、お試しください。

プリズン・ブレイク vol.1


realfool at 23:43|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)Diary | Diary