桃太郎店長のひとりごと

リアルウッドSE事業部の店長ブログ

桃太郎店長が日々の彼是を徒然なるままに随筆中。
シートン博士顔負けの動物観察から、青春時代の淡い恋物語まで、バラエティに飛んだ話題をお届けしています。
株式会社リアルウッドSE事業部 http://www.realwood-se.jp/

レモン主義?

桃太郎家の鬼ママは、愛犬ムクとノンをそれこそ、
「猫」可愛がりしております。

それ自体は結構な事ですが、散歩に出てまで、事有る事に
カワイーイネー!カワイイネー!
を連発し、珠に叱っても、ノンがシュンとしてる姿を見ると今度は
御免ねー!御免ねー!
を5倍も6倍も連発します。

其の姿を見て近所の方は如何思うか?
矢張り可笑しい人ですよね。

さて、

全然話は変わりますが、
昨今、財閥大手の三菱自動車が燃費偽装して巷を騒がせています。

売り手が買い手を騙して物を売る事を「レモン主義」と言い、
商品不信が広がり、経済に悪影響を与えるそうです。

皮が厚くなかなか身が見えない事から「レモン」。
逆を「ピーチ」と称するそうです。

大企業病と言うか?
お上の意向のままに嘘の商品を市場に平然と出荷。。。

嘘は必ず破綻して、大きな損失に繋がる
自明の理が解らないのでしょうか?

トップが責任を取って辞めてたところで、
工場で働く罪の無い社員が何千人とリストラされ、
下請け業者何百社の仕事が無くなる。

その影響たるや大変な事ですよね。


lemon-water-segment-boiling













かたや訪日観光客が2月だけで200万人弱、
経済効果1兆円と言うニュースも有りました。

島国日本はアジアの盟主と勘違いしてる人が多く、
中国や韓国等近隣の同胞を爆買いなどと笑い。
ヘイトスピーチまでして馬鹿にする輩が多い様ですが、

資源少国の日本が負債を減らし、成長する為には、
日本人の特性である思いやり、気配り、おもてなし文化を
徹底して売り込む事が肝要。

フランスは人口の何倍もの観光客を受け入れて国力を付けています。

日本人も高度成長時にはそれこそ団体旅行で世界中に出かけ、
ブランド商品を買い漁った事をすっかり忘れ、
隣国の中国、韓国の方を馬鹿にした言動を吐く身勝手さ。

観光客の使ったお金が廻り廻って
自分の財布に入って来ると思えばおもてなししないと。

更なるサービスを向上させ、リピーターを増やし、観光客を誘致する事。
水資源・技術力を生かした農業の工業化。

過疎化した未利用農地を有効利用した農業開発が絶対に必要です。

自給率以上に安全でおいしい食と水を輸出する農業こそが
日本を支える事になります。


婚活女子よ農家に嫁げ。

アホウドリの虐殺?

昔の話、鎖国を続けて来た日本が文明開化の明治になり、
異質な西洋文化の開放策・合理主義が雪崩の様に押し寄せた時代。

見方を変えれば「伊豆諸島の開拓の祖」とまで言われ、
銅像まで建っている、豪商が居ましたとさ。

其の名も玉置半衛門。

鳥島(とりじま)は無人島なのですが、
世界的にも貴重なアホウドリの最大の繁殖地で
当時500万羽の群が生息していました。

金儲けに徹した玉置が此れは良いと目を付け、
明治政府に伊豆諸島を開拓すると証し、
120名の手下を派遣して、なんと半年だけで、
10万羽のアホウドリを棍棒で撲殺してトロッコでピストン輸送、
玉置商会なる羽毛会社を立ち上げ輸出して巨万の富を得たそうです。

あほうどり1













(アホウドリは最大1m位になり、地上では非常に動きも緩慢で人間を恐れない)

たった一人の人間がアホウドリの楽園に住む500万羽を
30年掛けて絶滅に追い込んだ凄い話です。

手下にはあほうどり殺しを10年続けたら土地を与えるとの空手形まで与え、
無人島ですから労働者の食料等も高い金取って売りつけたそうです。

アホウドリの居なくなった鳥島にその後移植した方々は島の噴火で全滅したそうで、
暫くアホウドリの祟りだと、恐れられたとの事です。

当時は貴重な鳥を守ろうと言うより、
士農工商で抑圧された個人で強かな人間の豪腕が最優先された時代だったんでしょう。

だからこそ日本では稀な英雄・豪傑が数多く出現した時代と言う事なんでしょうけどね。

現在でも自分の利得を最優先して密かに、誰にも知らされず、
同じ様な事が行われている様な気がします。

例えば?

あほうどりですが、世界的な貴重種と国際保護鳥に認定され、
遅れながらの保護策でなんとか1,000羽程が生き残っているそうです。

雀は悪者か? 〜後編〜

さて、時代は遡り、昔、ドイツがプロシアと呼ばれていた頃のこと。

当時の国王エドワルドが大のさくらんぼ好きで、
雀が自分の好きなさくらんぼを食い荒らす姿に怒り、国民に雀狩りを命令、
2年間に70万羽の雀を駆除させました。

庭園に雀が全く居なくなり安心していたら、翌年、害虫が異常発生し、
大事にしていたさくらんぼの木が全滅したそうです。

60年位前の中国でも、
4大害虫として鼠・蠅・蚊・雀を指定して、徹底駆除したそうです。

共産主義ですから、11万人の青年を雀狩り突撃隊として組織し、
春は巣や雛を見つけ徹底的に殺し、
夏には銅鑼・太鼓等で雀を追いたて、落鳥するまで圧力ホースで水攻め。
冬は雀の食料がありませんから、強力な酒付けにした米や穀物をまいて
酔ったところを根こそぎ捕まえ、なんと11億羽の雀を退治したそうです。

其の後害虫が異常発生し、何年も凶作が続いたため、
中国政府も雀を4大害虫から外し、代わりに南京虫を加えたと言う史事も残っています。

雀jpg














雀は世界中に生息し、街中の雀を見れば、文明度が解ると嘯く愛鳥家も居ます。

雀は益鳥と理解して居る人が多い国の雀は、
人が悪さをしないとわかっていますから人を怖がらないそうです。

街中で最近雀が減っている最大の原因は、鴉の繁殖の所為と私は思いますね。
都会において鴉は無敵で何でも食いますからね。

雀も住めない土地は何れ人間も住み難い地になりますよ。
キット。
livedoor プロフィール
携帯でも!
QRコード
Recent Comments
livedoor 天気
livedoor 天気
ブログトピックス
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ