2020年06月07日

まだブログ残ってましたね

久しぶりに自分のブログを見てみようと「経済的自由」「経済的自由人」「蓄財」と検索しても何ページも繰り下がっても見当たりませんでした。すっかり埋没していますね。。

新型コロナウイルスによる影響。みなさまのところはいかがでしょうか。昨年後半や今年も2月はじめ位まではこんな状況になるとは思いませんでしたね。

専業大家になっていることもあって電車通勤などとは無縁の生活になっており、新型コロナウイルスを嫌って、1月から電車にも一切乗らない生活でした。すっかり巣ごもり生活でした。だいぶ部屋のなか、書類なども片付きました。

賃貸経営も順調です。今年は2〜3月にかけて退去が多くて全部で6室募集していましたが、おかげさまで繁忙期のうちになんとか満室になりました。

その後、緊急事態宣言が出され、仲介業者も在宅勤務、営業時間短縮や一時閉店などになり、もう少し動きが遅かったら、満室にはならなかった可能性が高いです(うちはお任せしていてスムーズに決まるようなピカピカな物件ばかりではないので;汗)。今年は早めに入居付け活動を強力に進めて良かったです。例年何室かある入居キャンセルにも合わなかったのもラッキーでした。

緊急事態宣言解除されても、やはり外出はできるだけ自粛しています。
以前のような生活に全体的に戻るにはまた月日が必要でしょうね。

新型コロナの影響で転職先が突然入社お断りした方だけは複数月の滞納発生してしまいました。しかし、転職予定先に遅れて入社許可されて、徐々に入金。今月中には正常化しそうです。それ以外にも1〜2室遅れる部屋が出ましたが、今のところは1ヶ月以内には解消しています。

新型コロナがいつまでに終息するかによって、どこまで影響が拡大するかわかりませんが、諸々備えながら、ご入居者様その他関係者を注視、サポートしながら、うまく収まりますようにしたいです。みなさまも影響が少ない、影響がでてもリカバリーできると良いですね。


ブログを始めたのは2005年5月。
間は空きましたが、はや、15年!

相互リンク先のブログでもまだ書き続けている方、同じような時期で終わっている方、ブログ運営会社が廃業してブログが消えた方もいるようですね。書いている方のブログを見るとまだ頑張っているんだと感激したり。旧友を訪ねる旅をしているようでした。

Facebookなど数々のSNS媒体も出てきたので、必ずしもブログに軸足を置かなくなっています。でも昔の記事を眺めると懐かしいですね。書くのも時間がかかるので書きかけの記事も多いし、リアルと繋がるので、なんでも書けた訳でもありませんでしたが。

また気が向いたら、こちらにも記事を書くかもしれません。
取りあえず元気でやっています。

また!

realoption at 10:52|PermalinkComments(0) 国内不動産 

2015年07月26日

お久しぶりです

すっかりブログがご無沙汰になっています。 2014年1月に太陽光でトラブルにあい、これが異常で投稿も途絶えただけでなく通常の賃貸経営にも影響が生じました。まだ解決せず長引いています。不動産に関わっているといろんなトラブルに遭遇しますし、ある程度のものは多少損をしても目を瞑るのですが。。

realoption at 06:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 国内不動産 

2014年01月20日

他にも契約違反が。。。

今回太陽光発電を開始するにあたって‥效蝋愼か土地を賃借するのであれば賃借権設定は必須として案件探したり、交渉してきた。

そして大家仲間が教えてくれた某大家の会代表が主催していた「これ以上の案件はない」との触れ込みのセミナーに参加。懇親会でその太陽光発電業者と直接話をして賃借権設定でもOKとの了解が得られたので相談し、多少高いかとは思ったが、申込みすることにした。


「土地賃貸借契約書」にも「賃借権設定登記がなされるまでは、本件土地に抵当権その他本件賃借権を妨げる権利を設定してはならない」としっかり明記してもらって賃貸借契約を締結した。

しかし、、、

賃借権登記が終了して太陽光発電業者から登記簿謄本が昨日送られてきた。

うん???

賃借権の前に抵当権設定?????
なぜ???


黙ってこんなことをする業者???
夜も遅かったので今日連絡を入れた。
    ・
    ・
    ・
「うちがどうにかなることはないから賃借権の前に抵当権設定があっても問題ない」!?なにそれ!?クソな言い訳、開き直り。。。

わかっていてやっているのが非常に悪質です。
交渉、約束、契約書をどう思っているのか。。。

土地の借主は自分の賃貸借契約よりも前に抵当権が設定されていることを嫌がります。今回賃借権を設定したのですが、当然にその賃借権の前に抵当権があることは問題です。


この太陽光発電業者信用できん!!!???
夢の太陽光どうなるのか???

人気ブログランキングへ


realoption at 23:38|PermalinkComments(0) 国内不動産 

2014年01月18日

契約違反では?

太陽光発電事業を行う土地を賃借する為に交わした「土地賃貸借契約書」第3条(引渡し)には「構築物の撤去及び整地にかかる費用は甲(貸主)の負担とする。」と明記されている。

契約書に明記されているのに協議もなく突然一方的に110万円を超える建物撤去費用等の口座振替請求を行うとはどういうことなのか?またこれが「引落し不能の場合、その時点から太陽光発電の売電メーターを停止する」というのは。。。

売電収入を人質にした脅しか!?

人気ブログランキングへ

realoption at 20:53|PermalinkComments(0) 国内不動産 

2014年01月17日

おかしな高額な追加請求

昨年末に太陽光引渡し・売電開始になりましたが、引渡し以前分(工事期間2ヶ月間)も管理費請求が来ていたので質問をしたら・・・

「これまでかなりの数の分譲オーナー様とお付き合いさせていただきましたが、管理費請求ではお問い合わせが来たことはございません。」と急に当初から見積りや請求になかった「建物撤去費80万円、立ち退きに係る引っ越し費用30万円」の合計110万円と管理費2ヶ月分を加算して2月に口座引き落とし請求すると通知がありました。

「引落不能の場合、その時点から売電のメーターは落とさせていただきますのでご了承ください。」とあります。なにか(意に沿わない?)質問するたびにいままで聞いていなかった請求が来るようだと非常に怖いです。

年初にした最初の質問にもまだ回答がありませんが、これではちょっとした質問もできません。。。

業者によって管理費発生時期は異なると思いますが、通常は引渡し後からの発生かと思いますが、違うのでしょうか。

あと当初聞いていなかった費用を後から請求されると事業計画自体が違ってきます。

土地を事業者から賃借する場合などは特に一旦そこの事業者を通して太陽光発電事業を開始して、その後機嫌を損なわせる?と売電メーターを落とすと言われるのはリスクだと思いました。

人気ブログランキングへ

realoption at 09:51|PermalinkComments(0) 国内不動産