2010年01月25日

タムタム…もとい、櫻井君、お誕生日おめでとう!相変わらず忙しく働いている姿に「体調は大丈夫かな?」と心配にもなりますが、でもきっと充実した毎日なんだろうなと嬉しく、また頼もしくも思っています。『an・an』のヌードには何故かちょっと吹き出してしまったりもしたんだけど(笑)、でも櫻井君が垣間見せる負けん気の強さというか反骨精神というか、そういうものが私は大好きです。これからもアイドルがどんなもんか見せてやってください。28歳のこの一年が素晴らしいものになりますように。


くみこrealorfake at 14:13│コメント(0)トラックバック(0)

2010年01月21日

『今度は愛妻家』で、えっちゃんが演じるカメラマン・北見俊介の弟子を濱田岳君がやっていました。濱田君って、私は『鴨とアヒルとコインロッカー』しか見たことがないんですが、どことなくやっぱりいい俳優さんですよね。

でも。いつかえっちゃんと相葉君の共演が実現することを願っている身としては妄想せずにはいられないわけですよ。俊介の弟子が正宗君だったら…と。

俊介に憧れて弟子入りする正宗とか、ダメな俊介を励ます正宗とか、それなのに正宗に甘えるやっぱりダメな俊介とか、そんなダメダメな俊介に激怒する正宗とか、応戦して痛いとこついて正宗を泣かせちゃう俊介とか…きゃーっ!何!?その素敵映画!っていうかどこにあるの!?その素敵写真スタジオ!行きたーい!通いたーい!

あー…ほんと見たい!ほんと見たい!ほんとーに見たい!えっちゃんと相葉君の共演!絶対いいと思うんだけどなー。誰か!誰かプリーズ!ふたりの共演プリーズ!


くみこrealorfake at 01:42│コメント(0)トラックバック(0)
私の好きな人は、どうやらカメラマンを演じる運命にあるようです(笑)

というわけで、見てきましたよー『今度は愛妻家』。えっちゃんの映画をきちんと映画館で見るなんて久しぶり。でもこの映画見たかったんです。えっちゃんと薬師丸ひろこさんが夫婦役で共演していたから。このふたりが共演した作品というと『きらきらひかる』というのがありますが、あれ、もう17年も前のことらしいですよ…その当時からえっちゃんのファンだった私って一体…(遠い目)当時よりいくらもその熱も下がったとはいえ、やっぱり好きなんですよね!キャンペーン中の髪型なんて変なくるくるパーマなんだよ!それでも「かっこいい!」とか言って床の上をゴロゴロ転がりまくっていたのは私です。いやもうほんとただただ好みのタイプなんだと思う!

しかも役柄が撮れなくなったカメラマンって(苦笑)撮れなくなったカメラマンだの書けなくなった小説家だの…ダメな男をやらせたら天下一品ですね、えっちゃんったら。北見俊介のダメっぷりがかわいらしいったらありゃしない。冒頭からキュンキュンしまくりでした、私(笑)

ネタばれはしません。しない方がいい作品なんだと思います。感想書きたいですけど。でも、これだけはガチだから!「えっちゃんかわいい〜っ!」。

くみこrealorfake at 01:20│コメント(0)トラックバック(0)豊川悦司 │
自分の慌ただしさもあって、昨年は10周年の嵐を完全に最優先してきましたが、「好きな男を愛でる」ことが基本姿勢なのはまったく変わっておりません!ということで、詳細はもう書きませんが、昨年12月にはふたつのライブに行ってきました!

ひとつは『THEE SCENE -LAST HEAVEN 031011-』12/15(火)神戸WYNTERLAND。もうひとつは『YOSHI JO-HALL 2009』12/23(水・祝)大阪城ホール。

THE YELLOW MONKEYは去年が結成20周年ということで記念の年でした。本当は武道館に行きたかったのですが、あいにくチケットが手に入らず大阪城ホールでのライブを見に行くことになりました。THE YELLOW MONKEY時分の曲は一切やりませんでした。夏にあった『さんじとおまつ』ではヒーセとの共演があっただけに「ひょっとしたら…」とも思いました。新しいプロジェクトの話もありましたしね(笑)

thee michelle gun elephantにとっても去年は特別な一年となってしまいましたね。今でも信じられない気持ちでいっぱいで、私と同じような状況の人はたくさんいるでしょうが。でもこれこそ「行ってよかったな」と思ったものでした。しっかり五年の月日は流れていたんだなって思えたから。もっとも、そこに当時の熱さや匂いを感じなかっただけで、スクリーンに映し出された四人の姿はやっぱりかっこよくて「好きだな」と思いもしたんですが。でも、重要なことですよね、ライブのあの空気って。

だから…メモリアルなグッズをどちらのバンドのものも私は買いませんでした。「買わない」って決めて買わなかった。現役のバンドがたくさんたくさんある中で、解散して数年経っても、尚、ファンを惹き付けて止まない。そんなバンドってきっと多くはないはずです。ほんとにほんとにほんとーに!凄いバンドだったんですよね!THE YELLOW MONKEYもthee michelle gun elephantも。

そういうバンドのリアルタイムなファンだったっていうだけで、もう充分だなって思ってしまったので…思えてしまったので。満足です。好きになってよかったです。

吉井さんのライブは勿論、去年後半あえて避けていたウエノさんのライブも今年は行きたいと思います!

くみこrealorfake at 00:54│コメント(0)トラックバック(0)ライブ感想文 │

2010年01月18日

去年8月からスタートした嵐の10周年記念コンサート『ARASHI Anniversary Tour 5×10』が、昨夜名古屋にて無事幕をおろしたようです。嵐くんたち、スタッフのみなさん、それからファンのみなさん、お疲れさまでした!参加した方々によると物凄くいいファイナルだったとかで、留守番組としても嬉しい限りです。史上初の二年連続三日間の国立競技場でのコンサート、ディズニーとのコラボイベント、サイン色紙にACWに紅白歌合戦への初出場、それから10年ぶりの五人共演ドラマ…たくさんのサプライズとともに駆け抜けた記念の年でしたね。次から次へと発表されるニュースに「ついていけないかも…orz」と弱音を吐くこともありましたが、でもそれ以上に「嵐のファンでよかった!」と思うことの方が多かったです。嵐くんたちのファンになって7年、嵐くんたちのファンにならなければ目にすることなんてなかっただろう風景をたくさん見ることができました。これからも一年、また一年と年を重ねていく毎に新しい風景を一緒に見ていけたらいいなと思います。今後ともどうかひとつよろしくです!


くみこrealorfake at 19:05│コメント(0)トラックバック(0)相葉雅紀(嵐) │

2010年01月17日

二府四県を一口に「近畿」だとか「関西」だとか言いますが、阪神淡路大震災に関しては神戸とそれ以外の地域とではやっぱり違うと思います。私も大阪であの地震に遭いましたが、それでも神戸であの地震を経験した友達と話していて「違うな」と思ったことがこの15年の間に何度もありました。友達が話していたこと、それはまさしく「被災者になってわかったこと」なんだろうなと。

だから…私は嵐のファンだけれどもそうではなく一個の人間として…神戸の友達が「いいドラマだった」と思ってくれたらと思います。そうして阪神淡路大震災がどういう地震だったかをこれまで全然知らなかった子らの「知る」きっかけになったらと思います。


くみこrealorfake at 02:04│コメント(0)トラックバック(0)相葉雅紀(嵐) │

2010年01月14日

『ひみつの嵐ちゃん』の次回予告!

モデル雅紀が来たよーっ!!!
かっこいいよーっ!!!!!


くみこrealorfake at 22:57│コメント(0)トラックバック(0)相葉雅紀(嵐) │
もう今週末には名古屋ドームでツアーのラストを迎える嵐くんたちですが、私、自分が行った去年の12月頭の東京公演については何も書き記していません!一ヶ月以上経過して記憶も遥か彼方…もうね、諦めます。諦めた方がいいんです。たとえ一生懸命思い出して書いたところで「かっこいい!」「かわいい!」「素敵!」ぐらいしか出てこないだろうことは明白ですしね(苦笑)でも!これだけは言わせてください。私は12月5日と6日の二公演に行きましたが、嵐くんたちめちゃくちゃ気合いが入っていて、凄い盛り上がって…よかったです!皆、いい顔してたなー!相葉君は最初から最後まで同じ勢いと高さで飛び跳ねていて(笑)それが「コンサート大好きっ!」って全身で叫んでるみたいで(笑)「わかった。わかった。わかったから!好きなんだね!楽しいんだね!」って見ているこちらまで目尻下がるわ口角上がるわ(笑)私、やっぱり相葉君好きだわー(笑)特にコンサートでの相葉君が好きだわー(笑)今週末の名古屋公演もメンバー全員怪我することなく、無事幕を下ろせるよう願っています。

というわけで、今更ながら年末の音楽番組の感想を。

『2009FNS歌謡祭』
また黒木瞳が司会でしたね。この番組での彼女のお色直しの回数を数えてもう何年が経つのでしょう(笑)ところで嵐くんたちですが、「冬がはじまるよ」でのマッキーとのコラボは目新しくてよかったですね。嵐くんたちも、皆、楽しそうで(笑)でも持ち歌の方は何故かの「明日の記憶」(苦笑)いや、嫌いじゃないですよ、「明日の記憶」も。決して。でも「GUILTY」をシックな衣装に身を包んで歌い踊るV6がかっこよかっただけに、嵐の曲が踊らないこの曲だったのは非常に残念でした。もっとも曲終わりで映ったTOKIOの松岡君がどうしてあんなにも笑っていたのかっていうのは後の東京ドームでのコンサートのMCで触れられていましたけどね(笑)楽しすぎてテンション上がっちゃったんだね、相葉君(笑)

『ベストアーティスト2009』
櫻井君が総合司会だからなのか番組冒頭からの「Believe」。ありがとうございます。2009年はほんと日テレ様々でしたね。この調子で2010年もよろしくお願いしたいですね。「嵐、かわいいわ」とほくほく。「翔ちゃーん!翔ちゃーん!こちら嵐でーす!」と呼び掛ける四人にもほっこり。そして「truth」「One Love」「A・RA・SHI」「Happiness」「感謝カンゲキ雨嵐」とたっぷりのメドレー!コンサートばりに会場を盛り上げる嵐くんたち、素敵でした。満足。満足でした。

『ミュージックステーションスーパーライブ』
舞台を見てからというものまっすーブームなんですが、トナカイまっすーかわいかったですね!ところで嵐ですけど、ここ最近の私と友人の憂鬱は、衣装。いや、ほんとにね(苦笑)今回も「またおかしな服着させられて…orz」と思ってたら、トークでまさかの宇宙人説まで飛び出す有り様(笑)「このままファンでいられるかしら」と一抹の不安を覚えつつ、曲は「Believe」と「Everything」。「『Everything』じゃ踊らないなー」とちょっと残念に思っていたら!?にのあいーっ!頭こっつんこーっ!むきゃー!かわゆいかわゆい…かわゆいーっ!ってか櫻井君も混ぜてあげてーっ!っていうか、五人で頭こっつんこすればいいのよーっ!皆さん、私はこれからも嵐ファンを堂々と胸を張って続けていこうと思います(笑)


くみこrealorfake at 00:33│コメント(0)トラックバック(0)相葉雅紀(嵐) │

2010年01月13日

嵐くんたちが10年ぶりに共演するということでオンエア前から大注目のドラマだったわけですが。

うん…う〜ん…うん(苦笑)悪かないよ。悪かない。悪かないんだけどね〜(苦笑)相葉君の「ファンタジー」発言があながち間違ってもいなかったっていう(苦笑)表参道ジャックとかフジテレビ社屋をライトアップとか、素敵でしたけど、そういうところにお金使うならもっと作品自体にお金を掛けてほしかったというのが正直なところですね(苦笑)嵐五人が犯人というところでSMAP出演の『古畑任三郎』を彷彿とさせましたが、ストーリーがあまりにもチープすぎて、終盤の種明かし以降、メンバーが真面目な顔して「イギータ」「イギータ」連呼するのが見ていられないぐらい恥ずかしくて恥ずかしくて、それなのに…嵐くんたちってやっぱり凄いですね!

イギータの死から10年、五人はそれぞれ職に就き、忙しいながらも充実した毎日を送っている。ひとりはIT関連のベンチャー企業社長。ひとりは政治家一年生(二世議員)。ひとりは研修医。ひとりはタレント。残るひとりは、刑事。刑事はかねてから希望していた部署への異動が決まり、それを祝うために久々に五人が集う。刑事の異動先の部署はある犯罪グループを追っていた。いくつかの企業や組織が破綻していたが、不審な点が多々あった。そこに浮き上がってきたのがある犯罪グループの存在。その犯罪グループを追っていくに従って明らかになっていく、破綻した企業や組織が携わっていた過去の国家的事業とその失敗。さらにそのために犠牲になった一般の人々。しかしそれらの事実は政治的権力によって隠蔽された。葬り去られた犠牲者たち。知らぬ存ぜぬで責任も取らず、今ものうのうと富を貪る権力者たち。そして起こったビルジャック事件。善とは何か!?悪とは何か!?犯罪グループの正体、そして目的とは!?

…みたいなさー、そういう話じゃダメだったわけ?勿論、これ犯罪グループのメンバーは嵐の五人ですけどねー。刑事ですら犯罪グループの一員ですけどねー。表の顔と裏の顔っていうんですか?そして実は五人は難病の人々をサポートする団体を設立しており、破綻させた企業や組織の資本を全部この団体に流していた…っていう、そういうストーリーならポスターだって五人の真剣な眼差しのアップとにやっと笑う口元のアップっていう具合に色々思い浮かぶんですけど私!っつーか、これ話の基本は『スパイ大作戦』と『スリーパーズ』じゃねーか!

ちなみに相葉君には研修医をやってもらいます!研修医には魔性のバイという設定も加味してやるわ!イギータの病気と死を通して、患者だけでなくその家族をも癒せるような精神科医を志すほど心優しい青年だけど、目的を達成するためなら男でも女でもガンガン誘惑しまくってしまうのよ!そして誘惑して目的を達成した後には自分に骨抜きになっている相手に対して嫌悪感を顕にして酷い言葉を冷たく吐き捨てるのよ!きゃー!ステキー!ステキよ、雅紀ー!

すいません…暴走しすぎました。でも続けます。あとはIT関連のベンチャー企業社長には二宮君を。これは業界一、二位を争う急成長会社の社長として。政治家は大野君で。二世で地盤さえ守れればいいやとやる気はありませんが、地域のおじいさんおばあさんのいい茶飲み友達にはなっています。タレントには櫻井君を。売れっ子タレントでその清潔感溢れるイメージから難病の人々をサポートする団体の広告塔もしています。最後に、刑事は松本君。

相葉君同様、他の四人にもきっちり裏設定がありますから!拝金主義な社長と見せかけて、実は仲間内で誰よりも友情に熱く、緻密に計画を練り上げる二宮君とか。じいさんばあさんとお茶ばっかり飲んでるようで、当時の機密資料の収集を地道にやっている大野君とか。売れっ子のタレントとして分刻みのスケジュールをこなしつつ、変装して色々な場所に潜入する櫻井君とか。それから警察内部にいて捜査を撹乱しつつ、「自分のやっていることは果たして正しいのか?」なんて苦悩する松本君とか…ぎゃーっ!見たい!見たい!そんな五人見た過ぎるーっ!

私のしょぼいおつむで考えられるストーリーなんて所詮この程度でしかありませんが、でもいつの日かそういうドラマを見られることを願ってSPドラマの感想とかえさせていただきます。ってか、フジテレビはタレントの人気に頼ったドラマなんて作ってちゃダメなんじゃないかなー。


くみこrealorfake at 00:58│コメント(0)トラックバック(0)相葉雅紀(嵐) │

2010年01月11日

年明け一発目の更新がチュートリアル徳井君のヨギータネタで本当に申し訳ございません(笑)

今更ながら…あけましておめでとうございます。早いもので、気付けば2010年も10日が過ぎていました(笑)いやー…大晦日から彼氏と一緒にまったりしすぎてすっかり気が抜けてしまったのか、自宅に戻ってから寝込んでしまいました(苦笑)

相変わらずこんな私ですが、今年もどうぞよろしくお願いします。


くみこrealorfake at 17:52│コメント(0)トラックバック(0)日常雑記 │