2010年09月13日

あなたには「台風一過」を「台風一家」だと思い込んでいた時期はありませんでしたか?私にはありました。

台風が過ぎれば大体涼しくなるものですが、今年はほんとーにまだまだ暑いですね(うんざり)ところで今夏の暑さに「国立には何を着ていけばいいの?」と心配になっていた私。ミニスカートって年でもなけりゃキャラでもないし、アンチ相葉丈だし、ジーンズも暑いしマキシワンピでも暑いと思い悩み、結局軽い素材のラップパンツにしたのですが、これが結構よかった。涼しかったのが何よりよかった点ですが、友達から「洒落とる」とお褒めあずかったのもよかった点でした。

相葉舞台の時もそうだったんですが(笑)私、「相葉君に恥をかかせたくない」っていう気持ちでいっぱいなんです。いや、別に私がどんな格好をしようが相葉君に直接迷惑がかかるわけではないことは百も承知です。だから完全に私の自己満足に過ぎません(笑)服装や、それからマナーに気をつけることも。相葉君よりも年上の自分はファンと言えどもただワーキャー言ってるだけじゃダメなんだろうなと。相葉君にとって、また嵐にとって恥ずかしいファンにならないようにだけ気をつけつつ、これからもあらちすとを続けたい所存です(笑)よろしくどーぞー(笑)

さて、感想の続き。

今回のコンサートグッズの中でも特に私がテンションがあがったのが国立限定でもあったフード付タオルでした。ただの音楽好きとして今後も機会があれば野外フェスには行きたいと考えている私にとっては、このグッズは本当に「やったー!」という代物でした。去年一昨年のバスタオルは買わなかったくせにね(笑)そして当日は嬉しがって着席すぐから装着しましたが…コンサートがはじまれば「やっぱり邪魔!」と放り出していた私(苦笑)コンサート中、双眼鏡は勿論、ペンライトもうちわも「邪魔だ!」という理由から持たない私ですが、まさかタオルまで放り出すことになるとは(苦笑)もうほんと尊敬しますよね、あの三種の神器を使いこなしながらコンサートを楽しめるみなさんを。私には無理だ…orz

そんなふうに「私はジャニーズにはまだまだ初心者」を思い知らされつつも満足したコンサートでしたが、未だに慣れないのはやはりその衣装でしょうか。毎回毎回「どうしたそれ(棒読み)」な衣装があるものですね。今回で言えば「ARASHI SHOW TIME」と銘打たれたタームでの衣装でしょうか。ブルーとピンクの、首元が異常にピラピラしたあの衣装。リアルに「どうしたそれ(棒読み)」と口に出していたよ、私。あれ、一体何だったんだろう。曲が「サーカス」だったしピエロとかのイメージだったんだろうか?それにしたってもうちょっと何かあっただろうよ。

衣装に関してはコンサート全部を通して他にも色々と思うところはあるのですが、でも一番はメンバーそれぞれのソロです。これ、私の場合、見事なぐらい曲と衣装の好き度が反比例しました。というわけでランキング形式で発表したいと思います。ワーストなのは一位を見て納得してください(苦笑)

5位「1992*4##111」(二宮)
二宮君と言えば、去年のギター小僧っぷりも一昨年の眼鏡男子っぷりも素敵でしたが、私にとって「完璧!」だったのは何と言っても「Gimmick Game」。あれは曲もツボだったしコンサートでのパフォーマンスも最高でした。あれを映像化しないなんてマジでJSはおかしいとさえ思っています。そんな「Gimmick Game」好きな私が「1992*4##111」を聞いても「ニノっぽい」という感想しか持てなかったこと、どうかお許し願いたい。でも!コンサートでこの曲で二宮君が出てきた瞬間、「かわいーっ!」って叫んでました、私(笑)もうほんっとかわいかった!まるで探偵みたいなあのチェックの衣装。本当に二宮君によく似合っていて物凄くかわいかったです!隣で二宮君ファンの友達があまりのかわいさに「かわいい!」と感激して泣いていましたからね(笑)でもその気持ち、わかります。いや〜ほんとかわいかったです。今回の衣装の中ではダントツでナンバーワンでした。

4位「Come back to me」(松本)
以前からそうなのですが、私はセクシー押しの松本君よりもキュート押しの松本君の方が好みです。過去の松本君のソロの中では、私は断然「Yabai-Yabai-Yabai」が好きなぐらい。だからこの曲をはじめて聞いた時には「よっしゃ!」とガッツポーズをしましたよね(笑)だって絶対かわいいだろうと思ったから(笑)ただこういう曲調自体も嫌いではないもののリピート回数はさして多くはありませんでした。でもコンサートではゲームのような凝った演出も、サイバーな感じの衣装も、曲にも本人にもよく似合っていて大満足でした!あのサイバーな感じの衣装をあんなにもかわいく着こなせるのは、世界広しと言えど松本潤をおいて他にはいません!それぐらいかわいかった!ほんでもって楽しいしで、本当に大満足でした!ドラマでスケジュールが大変だったろうに、あれだけのソロで魅せてくれた松本君のその仕事人っぷりには脱帽です。それにしてもかわいかったなー。

3位「静かな夜に」(大野)
今年『怪物くん』を演じ、「ユカイツーカイ怪物くん」なんてシングルまでリリースされたので、「ひょっとしたら大野君のソロは…」なんて心配をしていました(笑)いや、怪物くんがどうこうと言うのではなくて、嵐くんたちのファンなら誰しもがそうだと思うのですが、私もやっぱり大野君には踊ってほしいし歌ってほしいという気持ちが強くあるので。だからアルバムでこの曲を聞いた時にはホッとしました。そしてソロで登場した大野君を見ての私の第一声は「かっこいい…」でした。タイトル通り「夜」を思わせるシックな衣装を身に纏って、軽やかに踊り、その美声を響かせる大野君は、たとえ真っ黒に日焼けしていようとも、かっこいいの一言に尽きます。大野君のソロは毎回会場全体がシーン…と静まり返るのがそのパフォーマンスの素晴らしさを物語っていると思っていますが、今回もやっぱりそうでした。見惚れる。本当に。かっこよかったです。ただもうちょっと別な雰囲気な大野君が見たいと思ったのも事実です。

2位「T.A.B.O.O」(櫻井)
これを聞いた瞬間から私の頭の中では、『ZERO』仕様のかっちりとスーツを着こんだ櫻井君が、あの指し棒を鞭のように使いながら挑発的な眼差しとともにヒールよろしくニヤッと笑う…っていう、そこまで展開されていたんです!櫻井君のそのパブリックイメージってキャスター・櫻井でしょ!それで「タブー」っていうタイトルの曲と来れば、そりゃもう衣装はスーツだろうがよー!スーツ以外の選択肢はないだろうがよー!それなのに!それなのに!どうしてあんなアメリカンコップみたいな衣装にしちゃったんだ!?ミニスカポリスまたはHGって言えばわかってもらえるのかしら!?とにかく…私の中では「翔さん、それはナシです」の衣装でした。スーツを着た男の色気を何と心得るか。世の中にどれぐらいスーツフェチな女子がいると心得るか。衣装がスーツだったらこの曲の背徳感は倍増したと私は思います。あとで『ZERO』を見てニヤニヤもできたでしょうしね。この曲を「18禁認定」するならば、情事の後の素に戻った時にその行為を思い出してつい含み笑いをしてしまうような、それぐらいのお楽しみを用意してくれなければ納得はしません(私の納得などいらんなんていう意見はスルー)。櫻井君は何もしなくてもかっこいいんだから、そのまんまでいいのに…個人的にドームまでに再考を願いたい衣装でした。

1位「Magical Song」(相葉)
「あんたこそドームまでに再考してください。お願いします」でした。私にとっては。この曲、アルバムをゲットしてから早々に三桁の再生数に達したぐらい好きな曲で、だからこそとても楽しみにしていました。でも、この曲で使用されたバックステージと私の席はちょうど見えにくい位置関係だったのですが、相葉君のソロが終わった途端、「あぁ…やっちゃったよ…」と脱力でした(苦笑)出てきた瞬間は、「マジカルソング」という文字が表示された眼鏡と一応まだ雰囲気は夏なのにそのもさもさしたあったかそうな帽子に「何だそれ!?」と笑ったぐらいだったのですが…衣装が光ったよ、ママン。衣装が光っていたよ、ママン。五人の中でも最後のソロ。ソロとしては大トリ。もうすっかり暮れていた国立で、照明も落とした中に浮かび上がる相葉雅紀の…輪郭。言うなら、『One』での「Yes?No?」でのリボン。『AAA』での「Right Back To You」でのライトセーバー。そんな感じでした。いや、これ自体はそう悪くはないのかもしれないんですが、特に会場で見ている分には。ただDVDになった時のことを考えると「暗い画面で光る棒だの光るリボンだの見て何がおもろいねん」と思っていた私としては、「この衣装はナシだな」と言わざるを得ないわけです。この曲好きだし、ダンスもかわいかったし、「イェーイ」の表情も抜群によかったし…ただ衣装が!衣装が!衣装だけがっ!私にとってはナシでしたね〜(遠い目)その衣装の奇抜さにあんまりにもびっくりして度肝を抜かれたのか、この一曲だけは異様に早く終わってしまったように感じました。あと、私はこの曲の「上がるビート」などのバックで聞こえる「フッフーッ!」っていうのを一緒にやりたかったのですが、私の周りからは全然聞こえてこなくて寂しかったです。やってましたか?それとも、やらないのかな、これ?みんなでやると楽しいと思うんだけどな。「いつかのSummer」みたいに。

くみこrealorfake at 00:20│コメント(2)トラックバック(0)相葉雅紀(嵐) │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   2010年09月13日 03:43
大野くんが翔君より下?
それはないわー。
あのソロだけに別料金払ってでもみたい。
大野くんのファンはアイドル像よりアーティスト像を求めている人が多いからあれで正解。
2. Posted by くみこ   2010年09月13日 12:01
◇通りすがりさん
コメントありがとうございます♪
いやー、あくまでも「私の好み」での「衣装に特化させた」、しかも「ワースト」のランキングなので(笑)
でも好みの問題ですから、本当に「人それぞれだね」ですね!
私はアーティスト像だのアイドル像だのもよくわかりませんが、でも別料金を払ってでも見たいという通りすがりさんの意見には同意です。
もっともそれは嵐くんたち全員に言えることでもあるんですが、私は(笑)
また遊びに来てくださいね!

コメントする

名前
 
  絵文字