2010年09月30日

静岡への実物大ガンダムの旅から戻り、直後に京セラドームでのNEWSのコンサートに行き、そして家庭での問題をほぼ力技で乗り切った後は、ひたすらぼけーっと過ごしているのですが、そうこうしている間にもう九月も終わりですね。気候もすっかり秋めいてきて肌寒いぐらい。で。何ですか?またもや嵐くんたち、ニューシングルリリースとな!?月曜日仕事終わりでチェックした携帯に届いていたお友達からのメールで知りました。ドラマが決定した時点である程度予想はしていましたが、一体今年何枚目のシングルになるんでしょうか?「Troublemaker」「Monster」「To be free」「LΦve Rainbow」「Dear Snow」、そして今度の「果てない空」で六枚目ということでいいんでしょうかね?もうよくわからなくなってきているので、あまり深く考え込まずただただ予約するのみという境地。

よくわからないといえば、相葉君が最早レギュラー化している『M girl』。Amazonでは10/8発売の『M girl2010-2011AW』とは別に10/22発売の『M girl2010-2011AW SPECIAL ISSUE』というものがあるんですが。しかも付録の色違いで二種も。これは通常の『M girl』とはまったくの別物ですか?これも、よくわからないままに、それでも一応商品詳細欄に「相葉雅紀」の名前があったので黒バージョンを予約しました。

ところでコンサートの感想の続きを書こうと思っていたんですが、各テレビ誌のコンレポがどれもこれも読み応えたっぷりで、それらを読んでいたらなんかもう「満足!」という感じに(笑)私のはレポではなくあくまでも感想なんですけれど、でもどうせ続きを書いたところで「相葉君がいかにかっこよかったか!」ということに終始しそうで(笑)いや、それならまだいい方で「相葉君がいかに『抱かれたい男No.1』だったか!」という変態寄りな話になる可能性大なんですよね…(遠い目)

ねぇ、相葉君ってどうしてあんなにかっこいいんでしょう?(真顔)

いえ、テレビのバラエティ番組なんかを見ても私は相葉君に「かわいい!」「かっこいい!」と悶え転げ回ってはいます。(あと「こいつすげえ!」と尊敬も込めつつ爆笑したりもしています)でも「抱かれたい」なんて思うことはほぼないんですよね。それが、コンサートになると一転。「こりゃ、『抱かれたい男No.1』だろ!」となっちまうんですよね。元々DVD『How's it going』を見て相葉君に落ちた私ですから、コンサートでの相葉君には格別な気持ちもあるんでしょうけど。でもなー。でもなー。

メインステージから真っ先に飛び出してきたり、「腕もげるぞ!」と思うぐらい手を振ったり、「落ちんじゃねーか!?」と思うほどジャンプしたり、「頭取れるってば!」と思うぐらい頭振ったり…そりゃ、大量の汗もかくだろうし乳首も透けるわっていう(苦笑)

抑えるつもりなんてまったくないんであろう、「コンサート大好き!」っていう気持ちが全身から溢れ出ていて、それがそのままこちら側にもドンッと伝わってくるような、相葉君のそのコンサートにおける容赦のない様が、どうにもこうにも私には魅力的なんでしょうね。あ、性的な意味で(笑)

そうかと思うと「空高く」ですーっと天に向かって伸ばされた長い腕が、本当にしなやかで綺麗で…それが女性的な綺麗さではなくて、しっかりきっちり男性的な綺麗さで。目を奪われてうっとりと見入ってしまいました。あの時ばかりはスローに映ったな。全部が。

それから今回特筆すべきはやっぱり歌!相葉君の歌!これ、惚れた欲目かもしれないんですが…相葉君、歌上手くなりましたよね?ね!ね!(誰に同意を求めてるんだ!?誰に!?)確か「むかえに行くよ」だったと思うんですが、私、その歌声に「えっ!?」ってびっくりしたんですもん。

常々「相葉君と深夜に電話でお喋りしたいわ〜」と思っているぐらい、私は相葉君の声自体が好きなんです。何か…ホッとするというか(笑)でも歌となると、相葉君の声域や声量からはしんどいのかなー?などと思っていて。でも「涙の流れ星」とか大好きだし、他の曲でもちょいちょい好きな箇所はあったから、「相葉君の歌声は絶対いいはず!」って思ってもいて。それが!何て言うの!?伸びやかだったんですよお!もう耳に入ってきた瞬間に、「やだ…相葉君かっこいい…っていうか、好きっ!」ってなっていました(苦笑)

相葉君、鬱々した、しかし官能的な歌を歌うつもりはありませんか?(超真顔)

だ…駄目だ…相葉君のあの歌声でそんなもん歌われた日にゃ私もう現実世界に帰ってこれないなって容易に想像できるわ…orz いや、でもそんな妄想すらできるほど歌がうまくなっているように私には聞こえました。

相葉君だってアイドル…いや、スーパーアイドルとして自分の魅力や求められているんであろう役割は理解しているんでしょう。ほわほわふわふわうっひゃっひゃっな相葉君、私、大好きです!でも、隠しきれない男の色気がここ数年凄まじいと思うんです!(力説)「お願い!誰か相葉を止めて!」状態です(笑)ずっと「相葉君は年を重ねて益々いい男になっていくタイプなんじゃないかしら」と思い続けている私ですが、その様子にリアルタイムで触れられるこの喜び。本当に嬉しいです。相葉君の最後の挨拶の言葉じゃないですが、MAXだと思ってもまたMAXがあって終わりがない感じ。終わりのない旅ですね。なんちゃって。

何か…何書いてんだかお前って感じですね。結局「相葉雅紀が好きだ」っていう話です。はい。すいません。

くみこrealorfake at 12:55│コメント(0)トラックバック(0)相葉雅紀(嵐) │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字