豊川悦司

2010年01月21日

私の好きな人は、どうやらカメラマンを演じる運命にあるようです(笑)

というわけで、見てきましたよー『今度は愛妻家』。えっちゃんの映画をきちんと映画館で見るなんて久しぶり。でもこの映画見たかったんです。えっちゃんと薬師丸ひろこさんが夫婦役で共演していたから。このふたりが共演した作品というと『きらきらひかる』というのがありますが、あれ、もう17年も前のことらしいですよ…その当時からえっちゃんのファンだった私って一体…(遠い目)当時よりいくらもその熱も下がったとはいえ、やっぱり好きなんですよね!キャンペーン中の髪型なんて変なくるくるパーマなんだよ!それでも「かっこいい!」とか言って床の上をゴロゴロ転がりまくっていたのは私です。いやもうほんとただただ好みのタイプなんだと思う!

しかも役柄が撮れなくなったカメラマンって(苦笑)撮れなくなったカメラマンだの書けなくなった小説家だの…ダメな男をやらせたら天下一品ですね、えっちゃんったら。北見俊介のダメっぷりがかわいらしいったらありゃしない。冒頭からキュンキュンしまくりでした、私(笑)

ネタばれはしません。しない方がいい作品なんだと思います。感想書きたいですけど。でも、これだけはガチだから!「えっちゃんかわいい〜っ!」。

くみこrealorfake at 01:20│コメント(0)トラックバック(0)

2009年10月19日

e5db74b4.jpg相葉雅紀好きな豊川悦司好きはいませんかー?
豊川悦司と相葉雅紀が好きな人はいませんかー?
もしいらっしゃったらこのふたりの共通点がどこにあるのか私に教えてやってください。
私、今、下記のような状況に陥っており、「え!?何?何なの?」と若干パニック。
そりゃ、私はふたりとも好きなんで共通点はきっと探しゃあるんだろうけど特別顔かたちが似てるわけでもないし、でもふたりとも城みちるに似てるって言われたことはあるんだっけ?えー…何ー?パーツ?雰囲気ー?わからーん!あーもうっ!助けてー!

【くみこさんのこれまで】
その1:『マイガール』予告での正宗君の怒鳴っているシーンを見る→『愛してると言ってくれ』の晃次の怒っている顔が思い出される

その2:『マイガール』第二話で正宗君がコハルちゃんを抱き締めたり、涙を拭ったりした手にときめく→『愛してると言ってくれ』で晃次が紘子の顔に添える手を思い出す

その3:『Cut:11月号』の相葉君を見る→『undo』の写真集を引っ張り出してきて見る


くみこrealorfake at 23:15│コメント(4)トラックバック(0)

2009年06月11日

TKY200905230183更新が滞っていた間にあったあれやこれやを書きたい欲求に駆られているのですが、まずはこれを。これはえっちゃん…あっ、「えっちゃん」なんて呼んでわかる人なんていませんね(笑)豊川悦司が『太宰治物語』というドラマで主人公の太宰治を演じた際のものです。ひゃー!かっこいいですね〜!

私は太宰ファンではないのでよく知らなかったのですが、今年は太宰治生誕100周年の記念の年にあたるとか。そこで色々と関連イベントなども催されているようですが、私にとって興味があるのものはふたつ。

そのまずひとつは桜桃忌辺りに三鷹市芸術市民センターで行われる「第10回太宰を聴く〜太宰治朗読会〜」にえっちゃんが出演するというもの。勿論この知らせを知ったとき「行きたい!」となりましたよね。チケット発売日には電話片手に頑張ったよね。でも…「10時1分で売り切れました」だって…しょんぼり。でもこればっかりはしょうがありませんもんね。

そしてもうひとつが、櫻井君が「人間失格」を朗読したラジオ番組。ありがたいことにお友達から聞かせてもらいました。これはまた別で感想をUPしたいと思っています。それにしても、太宰治ってファンが多いのですね。

くみこrealorfake at 15:20│コメント(0)トラックバック(0)

2008年10月05日

SOYJOYの新CMのトヨマネがかわゆすぎるんですが!大塚製薬サイトで見られる「世界的女優」篇の15秒バージョンのものです。30秒バージョンじゃないよ!15秒バージョンだよ!手握り締めちゃってるわぴょこぴょこ跳ねちゃってるわ…何あのかわいい人!最近のえっちゃんのCMは本当にハズレがなくてありがたいことです!

そして久々にauのサイトに行ってみれば、まず目に飛び込んできたのがハイキングウォーキングのQちゃんで「あれ!?嵐くんたちは!?」とあたふたしたのですが…これはもう嵐くんたちのCMキャラクター起用が終了したということなんでしょうか?えぇー…うそ〜ん…orz 母の日、敬老の日と続いた相葉君メインのCM、次回は絶対クリスマスだ!と踏んでいたのに(涙)auのCMよかったのでこういう起用がまたあるといいなー!



くみこrealorfake at 23:41│コメント(0)トラックバック(0)

2008年03月18日

えっちゃん、お誕生日おめでとうございます。いい加減「えっちゃん」と呼ぶのをやめようと思うのですが、今更「トヨエツ」なんて呼べません。というかあいかわらずこの呼び方が嫌いです。でもそうしたら何て呼べばいいのかわからず、結局「えっちゃん」に落ち着いてしまっています。

最近の私の日課は映画『接吻』のサイトで予告を見ることです。あれ、私はあのOLの気持ちがわかります。だってあんな穏やかな笑い顔を目にしたら恋に落ちるしかないじゃない!?あのワンシーンだけでもう充分あの映画は私にとって観る価値のある映画です。大阪で封切られたら速攻で観に行きます。この一年があなたにとって素晴らしいものとなりますように。


くみこrealorfake at 00:49│コメント(0)トラックバック(0)

2008年03月04日

「えっちゃんのかわいさをみんなにも教えよう!」といういらぬお節介を焼いてみます(苦笑)えっちゃんと田中麗奈が課長とOLに扮していた「SOYJOY」のCMにニューバージョンが登場です。出演者は同じくえっちゃんと田中麗奈ですが、役どころがマネージャーと女優と変わっています。役どころが変わろうが何だろうが、えっちゃんはいい!いいったらいい!私もあんなふうにえっちゃんからコートを…コートを!そんなことがあったらたとえ極寒でも寒くないと思う(超本気)そんなわけで見ましょう!「SOYJOY:女優とマネージャー篇」を。まだまだ肌寒い今の季節、必要なのはえっちゃんだ!

くみこrealorfake at 00:54│コメント(0)トラックバック(0)
相手がいくつだろうと男性を「かわいい」呼ばわりできるのは女子の特権だ!とゆーわけで、何かというと映画『犬と私の10の約束』の完成披露試写会での舞台挨拶で「本日はわんわんわわんわん」などと犬語で挨拶をしたえっちゃんは、とんでもなくかわいかった!という話です。昨年末のSOYJOYの「暴飲暴食編」のポスターでの、まるでいたずらを叱られた大型犬のような表情にも「かわいい…連れて…連れて帰りたい」などと呟いていた私ですが、えっちゃんがマジかわいいんですけどーっ!

年々かわいさを増していくえっちゃんに驚愕すら覚えはじめている私なんですが、あれは一体何なのですか!?いや、もとい。あの人は一体何なんですか!?うわーん!かわいいよー!えっちゃんがかわいいよー!最高だよー!

くみこrealorfake at 00:43│コメント(0)トラックバック(0)

2007年12月03日

えっちゃーん!えっちゃーん!素敵だよーえっちゃーん!主役の椿三十郎を演じる織田裕二が、目に入らないぐらいえっちゃんが素敵過ぎて困りました。はじめましての方のために説明すると、「えっちゃん」とは豊川悦司のことであります。

もうさー何であんなに穏やかに笑うのかしらえっちゃんってば。あんな穏やかな笑みを見せられたら鼻血吹きながら後ろに倒れちゃうってもんですよね。いいなーいいなー織田裕二いいなー。コソ練見られてるのもいいなー。練習することなんか何ひとつとしてないけど、でも私もコソ練しているところをえっちゃんに見られたいよ!それで後でえっちゃんにニヤニヤされながらからかわれたいよ!ほんでほんでキャッキャッキャッキャッ言いたいよ!「何見てるんですか!?」とかってキャッキャッキャッキャッ言いたいよ!(完全に崩壊中です)

おとなしく『椿三十郎』を観に行くことにします。

くみこrealorfake at 22:42│コメント(0)トラックバック(0)

2007年10月25日

フジテレビ721の『男おばさん#219』にえっちゃんがご出演でございました。主演映画の『サウスバウンド』と『犯人に告ぐ』の二本が10月に公開ということで「10月はトヨエツ祭りだ」と(笑)浅黒く日に焼けて、寝癖もちらっとついて…えっちゃん(ハート)

なんかさーもうかっわいくてさーえっちゃんが(デレデレ)「未だにこの(『犯人に告ぐ』)ポスター見て『どういう犯人なんですか?』って訊く人いますからね〜」とか「青空(『サウスバウンド』)と黒(『犯人に告ぐ』)ですからね〜」とか言ってたんだけど、それがこちらにしたらもう「くふふっ」って感じでかわいいったらなかったのですよね(デッレデレ)

いやーいいもん見せてもらいました。私はたまたま見てたんだけれど、第二弾ってことは第一弾もあったのかなー?あったんだろうなー。

くみこrealorfake at 15:09│コメント(0)トラックバック(0)

2007年10月07日

ようやく見れたーっ!この映画、えっちゃんが出ているということは抜きにしても、「いい」という評判は耳にしていたからずっと「見たい」と思ってはいたけど、近所のTUTAYAにはいつ行っても貸し出し中の札が。それがようやく地上波オンエアということで見られたわけですが、やっぱり評判通りいい映画でした。実話なんですよね、これ。続きを読む

くみこrealorfake at 15:33│コメント(0)トラックバック(0)
えっちゃんと競馬場デートしたい!えっちゃんとカラオケデートしたい!えっちゃんと縁日デートしたい!そして、それより何より…私もえっちゃんに甲斐甲斐しく世話を焼いてもらいたーいっ!続きを読む

くみこrealorfake at 15:23│コメント(0)トラックバック(0)

2007年07月05日

えへへっ…えへへへへっ…えっちゃんバージョンが出ましたよー!だから幸せだっつーの!

このえっちゃんの「アーンド!」っていう言い方がめちゃくちゃかわいくないですか!?かわいいですよね。私はこの部分を聞くためだけに何度も何度もリピートしているぐらいなんです。またあの横顔が素敵です。目尻の皺さえ愛おしい。最近えっちゃんのCMがたくさんあってそれだけでも私はとても幸せなんですが、そのどれもがいちいち素晴らしいくらいえっちゃんの魅力に溢れているのでどうしていいのかわかりません。私のえっちゃん大好きは止まるところを知らないかのようです。

大塚製薬「SOYJOY:大豆な言い訳(男性)編」

くみこrealorfake at 15:02│コメント(0)トラックバック(0)

2007年06月21日

すぐさま右側に追加されたプラグイン、映画『犯人に告ぐ』の予告動画をクリックせよ。そしてえっちゃんのかっこよさに今夜は…震えて眠れ。

そんなセンスのない『犯人に告ぐ』ごっこはどうでもいいわけですが(苦笑)今週末にWOWOWで一夜限定で先行オンエアされる映画『犯人に告ぐ』の予告動画プラグインを追加しました。WOWOWが見られない私がこの映画を観るのはまだまだ先のことになりますが、つい最近妹3がこの映画の原作本を買ったので早速読んでみました。私よりも先に読み終えた妹3と妹1に感想を尋ねたところ、ふたりが口を揃えて「横山秀夫ファンとしてはあと一歩も二歩も足らんってところかな」とかなり上目線でしたが、私自身、読み終えて「なるほど」と妹らの感想に頷きました(苦笑)

ただストーリーは別としてえっちゃんがこの小説の主役である刑事の巻島を演じるのは、画からしてぴったりだと私は思いました。絶対かっこいいですよね、ってか予告動画を見ればえっちゃんがかっこいいなんてことは一目瞭然ですよね(デレデレ)それにしても、もし私が犯人ならブラウン管の中からこんな男前にラブコールされたとあっちゃ、後先考える間もなくひょいひょい出ていってしまい、即逮捕です(苦笑)キンチョールのCMでのえっちゃんも好きだけれど、こういう正統派二枚目ダークサイド担当のえっちゃんもやっぱり大好きです。公開が待ち遠しいです。

くみこrealorfake at 00:40│コメント(0)トラックバック(0)

2007年06月11日

えっちゃんがCMに出まくっていますね。しかもどちらも面白CMですね。嬉しい。本当に嬉しい。こんな面白CMを私がオススメしなくて一体誰がオススメするんだ!?

とりあえずキンチョールジェットはきっと評判が良かっただろうから第二弾が来るんじゃないだろうかと思ってはいたもののクオリティ高過ぎです(笑)あんなにもかっこいいえっちゃんがあんなハイテンションというところがもう既に面白いわけですが、共演の少年の冷静さがそれをより際立たせて、CMの制作サイドから「面白いやろこれ」と言われてるような気さえします。でも、その思惑にまんまと乗っかって「面白い!面白い!」とキャッキャッしている状態です。サイトを見てみると、このふたりの関係は「小説スタイルで様々なストーリーを展開中です。金鳥小説『キンちゃんがいた夏。』全8話(6月より順次掲載)」とあるので、雑誌なども今後チェックしていこうと思います。

そして、ソイジョイは妹1とテレビを見ている際に不意に流れてきたわけですが、えっちゃんのラストのあのきょとんとした表情にふたりで「ふははっ」となりました。いやー、いい顔するわ、えっちゃん!サイトには「今後もこの二人の微妙なやりとり…」とあるのでシリーズなのかもしれません。楽しみだわ。


KINCHO「キンチョールジェット:一発で編」
大塚製薬「SOYJOY:大豆な言い訳(女性)編」

くみこrealorfake at 04:38│コメント(0)トラックバック(0)

2007年05月22日

コメントいただき、早速それぞれのHPに飛び、見てきました。えっちゃんこと(「こと」っても私は自分と自分の周りの人たち以外にこんなふうに呼んでいる人がいるのかどうか知りませんが)豊川悦司出演CM二本です。教えてくださってありがとうございました。ほんとどっちのCMのえっちゃんも私のツボを突きまくりなんですが、どうしたらいいんでしょうか?

キンチョールジェットのCMは、キンチョールジェットがたとえ10万円しなくともあんなふうにえっちゃんに甘えられたら、「そうよねキンチョールジェットが10万するかしないかなんてどうでもいいことよね…蚊が嫌いな私のために…なんて優しい人なの!私ったら幸せ者だわ!」などと口走るほどにメロメロになる自信が私にはある!ありすぎるぐらいにある!だってかわいいんだもん!えっちゃんがかわいけりゃ、あとはどうでもいいよ!私は、女に甘えられるえっちゃんよりも女に甘えるえっちゃんの方が断然好きだ。

それから円熟のCMは、白シャツですよ、白シャツ。私はえっちゃん以上に白シャツが似合う男を知りません。もうほんとよく似合うよね。えっちゃんは白シャツが。白シャツ着て生まれてきたんじゃないかってぐらい。うぅ…あの白シャツえっちゃんと縁側でぐだぐだごろごろしたいよーっ!(号泣)それができるのならば、この際人じゃなくても構わない。猫でいい。しかしながら、そんな私のささやかな願いさえ叶わないことは重々わかっているので、せめてもの想いでHPで配信されていたブログパーツを張りつけてみました。

というわけで、「あなたもえっちゃんに萌えてみればいいじゃない」と各HPのURLを張りつけておきますのでCMのページへGO!

KINCHO「キンチョールジェット:10万円編」
KIRIN「円熟:縁側編」

くみこrealorfake at 03:50│コメント(2)トラックバック(0)

2007年03月18日

お誕生日おめでとうございます。

去年の精力的な仕事っぷりはとても嬉しかったです。どんどん役の幅が広がっていて、私が目にしたかったえっちゃんをたくさん目にすることができて本当に嬉しかったです。特に『愛の流刑地』の菊治役は最高でした。冒頭の、あのベッドに横たわる冬香の腕の中に菊治が潜り込んでいくシーン。あの行為は、私が好ましく思う男性の行動のひとつです。私は、男性に腕枕をされて眠ることも決して嫌いではありませんが、それよりも男性を胸元に抱いて眠る方が好きなので、あのシーンでえっちゃんが見せた表情というのは、私のツボを突く表情以外の何物でもありませんでした。妄想大爆発で、えっちゃんを甘やかしたいという欲求に駆られてどうしようもありませんでした(苦笑)

今年もまたたくさんの映画に出演するようですね。ちっとも満足に仕事情報を追い掛けられていない状況ですが、それでも楽しみにしています。どうか体にだけは気を付けて。


くみこrealorfake at 23:47│コメント(0)トラックバック(0)

2007年02月01日

『愛の流刑地』を観てきたのですが、とりあえずえっちゃんってば好みのタイプ過ぎ。続きを読む

くみこrealorfake at 23:07│コメント(2)トラックバック(0)

2007年01月15日

「その手で その手で 私を汚して 何度も 何度も 私を壊して」って平井堅の「哀歌(エレジー)」が脳内でエンドレスリピート中なんですが…怖いよーこの歌怖いよーっ!映画『愛の流刑地』の主題歌で、これがまた耳に残るんだなー(苦笑)

土曜からの公開で、金曜の夕刊に紙面一面で広告が載っていましたね。新聞を開いた瞬間、「あ、えっちゃん」と呟いた私に、覗き込んだ妹2が「ほんまや、えっちゃんや」と返したのを聞いた母親が「『えっちゃん』『えっちゃん』て…親戚みたいに」と。だって、今更「トヨエツ」なんて呼べないし、「トヨエツ」っていうよりもやっぱり「えっちゃん」の方がしっくりくるし…とゆーわけで私は今後も豊川悦司を「えっちゃん」と呼びますよ!みんなも「えっちゃん」って呼べばいいと思うよ!

余貴美子がゲスト出演したTOKIOの『メントレG』に、コメントを寄せているえっちゃんも見たのですが…TOKIOの面々が「渋い」とか何とか言ってるのを聞いて、「いやいや、『渋い』じゃなくて『かわいらしい』やろ!」と(苦笑)デニム素材のシャツに、胸元にはクロスのネックレスて…多分セクシーと思わせるに十分な格好なんだけど、喋ってる雰囲気がかわいらしく映るのよ、私には(笑)

そこで、この特番ですよ!出演者のインタビューがたくさんあったのですけど、やっぱりえっちゃんの喋ってる雰囲気がかわいらしいのよ!あの穏やかで柔らかい表情がね、こちらが何を言ってもやっても平気で受け止めてくれそうで、物凄くいいよね!だって相手がそういうタイプだとこちらには無理が掛からないもん。そうするとこちらも相手が何を言ってもやっても受け止めてられるだけの余裕が持てるもん。素晴らしい!大好きです、こういう男!っていうか、私はえっちゃんが大好きです!「寒いねー」「ねー」って言い合って微笑み合って散歩とかしたーい(妄想の世界に突入したので強制終了)


くみこrealorfake at 02:52│コメント(0)トラックバック(0)

2006年12月14日

嵐の二宮君の『硫黄島からの手紙』と『鉄コン欽クリート』、松本君の『僕は妹に恋をする』の記事が掲載されているということで、母親から「買ってきてー」と頼まれた『日本映画navi』ですが…ごめんね、二宮君と松本君。私は…私は…やっぱりえっちゃんが好きなのよーっ!続きを読む

くみこrealorfake at 00:45│コメント(0)トラックバック(0)

2006年08月15日

第四話以降ちっとも『弁護士のくず』の感想文をUPしておりませんが、私の「えっちゃん大好きー!」は未だ健在です(苦笑)毎回ちまちまと部分的な下書きはあるのです。ただ結局は「えっちゃんかっこいい!」だの「えっちゃんかわいいー!」だの「えっちゃん好き過ぎるよ!」だのとしか書いておらず、『全部一緒やないかい!?』なのでどうしたものかと思い、UPしていないわけです。もう多分えっちゃんなら何でもいいんですよ、私。

ところで、先日TV放送された映画『妖怪大戦争』はもちろん見ました。えっちゃんと妖怪のコラボ!まるで私のためにあるような映画ではないかっ!?それなのに何故公開当時、私はこの映画を観るために映画館に足を運ばなかったのであろう。大後悔である。DVDが激しく欲しい!だって私これまでにあんな映画にお目にかかったことないですもん!

それは、主役の神木龍之介君の愛らしさとかでもなければ、阿部河童サダヲやら岡村小豆洗い隆史やら忌野ぬらりひょん清志郎などの特殊メイクの凄さとかでもない。私、結構真剣な冒険活劇と思って見ていたのですよ。『この心優しくも弱いいじめられっ子の少年が、妖怪達との冒険を通してひとつ成長していく…そういうストーリーなのね』と。でも、見事に裏切られました。何あれ!?何あのラスト!?っていうか、えっちゃんの台詞!?何だあれ!?最後のえっちゃんのたった一言。たった一言です。これがとんでもない破壊力を持っていました。多分この映画の1時間30分は、ラストのえっちゃんのあの台詞のための壮大な前振りなのだ。きっとそうだ!そうに違いない!それ以外あるわけがない!凄いよ凄過ぎるよ!

「えっ!?神木君は?妖怪達は?」そんなことすら思い至らないほど、破壊されました。まさしくえっちゃんのための映画でした。えっちゃんを加藤役に指名してくださった方、ありがとうございます。えっちゃんであんなに爆笑することがあろうとは、想像だにしておりませんでした。益々深みにハマっていくだけです。


くみこrealorfake at 03:41│コメント(0)トラックバック(0)

2006年05月26日

この第四話が放送された5月4日は、私は一日中外出していました。帰宅して録画を確認したら、失敗してやがるの。最初の15分程度が録画できていませんでした(号泣)私が唯一楽しみにしているドラマを!でも丁度DVD/HDDレコーダーの調子が悪かった時期なので仕方がありません。修理で最悪データが飛ぶこともあったのだから、45分でも見ることができたのはよかったと思うべきですね。では、以下『弁護士のくず』第四話、私的えっちゃんツボシーン箇条書きです。続きを読む

くみこrealorfake at 01:32│コメント(0)トラックバック(0)
第二話以降ずっと放置していましたが、今晩ようやくゆっくりと見返すことができました(笑)早速、以下に『弁護士のくず』第三話、私的えっちゃんツボシーン箇条書きをば。っていうか、本当見事なくらいに「かわいい」と「かっこいい」しか言ってないな、私。続きを読む

くみこrealorfake at 01:24│コメント(0)トラックバック(0)

2006年04月25日

「姉ちゃん…にやにやすんなやTV見ながら!気持ち悪い!」

案の定、妹らに言われました。うーん…ひとりで見るよう注意してたんだけど、気は抜けない。一秒たりとも気が抜けない。もう好きな男くらい好き放題見たいもんです。それでも今回ももちろんやります。勝手にやらせていただきます。というわけで以下『弁護士のくず』第二話、私的えっちゃんツボシーン箇条書きです。続きを読む

くみこrealorfake at 00:01│コメント(0)トラックバック(0)

2006年04月18日

docomodakeき…き…き…来たー!!!来た来た来たー!来たよ来たよ!来ましたよ!『弁護士のくず』!くずいいっ!くずめちゃくちゃいい!エクスクラメーションマーク多用して画面が見づらくなってもそんなこと気にしない。むしろ気になんかしていられない!待ってたの!待ってたのよ!『NIGHT HEAD』から十数年。こういう三枚目悦司を私は待ち焦がれていました。待ち焦がれて、もうあとちょっとで黒焦げになるくらい待ち焦がれていました。三枚目、似合うと思っていたのだけれど、個人的に『これは!』という役がこれまでなかったのです。でも今回これは来たっ!ありがとうございます。ありがとうございます。本当にありがとうございます!えっちゃんにこの役をセッティングしてくださった方に、私はすっ飛んでいって何度も何度もお礼を言いたいです。

本当にね…もう完璧に崩壊しまくっていますが、それくらい私にとっては萌えでした。「かわいい!かわいい!かーわーいーいー!」と絶叫しながら床をゴロゴロ転がり回りたい勢いで萌えました。いいんでしょうか?毎週あんなかわいらしいえっちゃんを目にすることができるなんて、本当にいいんでしょうか?くりんくりんパーマも真っ赤なほっぺも、もうすべてがかわいらしい。40男をつかまえて「かわいい」と言いまくっている私は最上級で失礼な女ですが、でもそれ以外に言葉が出てきません。幸いにも初回リアルタイム放送時、妹らが全員寝室(我が家は私のみ個室で、妹らは三人で二部屋を使用)でゴロゴロしていたので、誰にはばかることなくTVを独占できたわけですが、放送終了後すぐに思わず『弁護士のくず』HPのBBSに書き込みをしようとしたくらいです。もちろん文字を打ち込んでいる間にふと我に返り、『何やってんだ、わし…』とあまりのハイテンションっぷりを反省して、取りやめたわけですけど(苦笑)

そんなわけで、以下ドラマのストーリーとさして関係がない私的えっちゃんツボシーン箇条書きです。ってかこれ毎週やりますんでよろしくお願いします。ちなみにキャバクラ店員は、とろサーモンですか?続きを読む

くみこrealorfake at 00:17│コメント(0)トラックバック(0)

2006年04月05日

ドラマ『弁護士のくず』公式サイトオープン
4/13からスタートするドラマ『弁護士のくず』の公式サイトがオープンになりました。
色々と情報がUPされていますが、中でもいちばんおもしろかったのが、「くずのうら」にUPされているスポットCMの撮影風景とバースディレポート。
スポットCMは、スーツ姿のえっちゃんと伊藤英明さんの真面目な表情と下半身のイチゴパンツというギャップが単純におもしろいのですが、最初に見たときにはTVの前でリアルに崩れ落ちました。『なんてかわいいんだ!』と(笑)
バースディレポートは、えっちゃんのバースディケーキには原作の九頭のイラストが描かれているのですが、それよりも目を奪われたのがケーキの形です。パンツ形!そこもパンツ押しなんですか!?どんだけパンツを押すんだよっ!?

くみこrealorfake at 01:56│コメント(0)トラックバック(0)

2006年03月31日

『ハプニング大賞』で、『弁護士のくず』を見ましたが…何あのえっちゃん!?無理!無理!無理!めっちゃ好み!めっちゃ好み!めっちゃ好み!かわいい!かわいい!かわいーいー!(大絶叫)

どうしよう…毎週悶えのたうち回ること必至だ…。


くみこrealorfake at 21:52│コメント(0)トラックバック(0)

2006年03月18日

おたんじょうびおめでとうえっちゃん。

ひらがなで書くと、途端に頭悪い子みたいになりますね(笑)
この一年、本当にお疲れさまでした。多数の映画に、二本のSPドラマ…多忙でしたね。今年もまた多忙のようで、ファンとしてはうれしい限りです。昔ほど映画館に足を運ぶこともなくなり、DVDになったものをレンタルしたところで家族に邪魔されるとあっては、えっちゃんが出演した映画をしっかり見ることができなくて、本当に欲求不満です。でも来月から始まるドラマ『弁護士のくず』だけは!
貴島プロデューサーはずっと「素の豊川君」を作品中で見せようとしていて、果たしてこれまでの作品においてそれが成功しているのかどうかは甚だ疑問ですが、でも個人的には『太宰治物語』での太宰役なんかはかなりツボだったので、今回のドラマも期待しています。


くみこrealorfake at 00:34│コメント(0)トラックバック(0)

2006年02月28日

雑誌『GQ』4月号感想

「THE ALLURE OF THE MAN:スタイルは“佇まい”に宿る。」というコーナーにて、高級ブランドを着るえっちゃんのグラビアが、モノクロ3P、カラー5P、合計8Pもありました。

グラビアを見るまではこんなわけわからん雑誌を買う予定はありませんでした。インタビューがあるわけでもありませんでしたから、立ち読みで済ませるつもりでいました。

でも…えへっ♪かっこいいね♪えっちゃんかっこいいね♪本当にえっちゃんはかっこいいね♪(崩壊中)

そもそもこのグラビアのトップページに、MiuMiuの奇妙な柄シャツを着て(ツボ1)しかめ面で(ツボ2)タバコを吸う(ツボ3)えっちゃんなんて持ってこられたら、それがモノクロだろうがカラーだろうが私はレジに走るしかないではないですか!?それ以外に私にどうしろっていうんだ!?
さらに次ページで、黒いスーツ(ツボ4)、白シャツ・フリル(ツボ5)という格好で、両手を広げるポーズ(ツボ6)のえっちゃんを持ってくるなんて、「おまえなんか萌え死ねばいいんだ!」と言われているようなものですよ。そして私はまんまと萌え死んでいる最中です。

えぇ…幸せですとも!


くみこrealorfake at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)

2006年02月14日

所属事務所公式サイト更新
所属事務所:「alpha agency公式サイト」が02/10付更新。

[映画]
『やわかい生活』公開情報。
『フラガール』公開情報。

[ドラマ]
TBS系『弁護士のくず』(放送枠未定)主演

[CM]
「アップル iMac-Factory篇」ナレーション

[雑誌掲載]
『GQ JAPAN』4月号グラビア掲載予定。02/24発売。

CMのナレーションだけでも顔がにやける私は、そろそろ本当に何かを考えたほうがいいような気がします。でもえっちゃんの声、好きなんだよ。私、「電話で話をしたい!」と思わせるような声と話し方の男性が好きなのですが、えっちゃんももちろんそうです。低い甘い感じの声で、穏やかで優しい話し方だよね。
ところで、えっちゃんは今年は何作の映画に出演するのでしょうか?現段階で決定しているものだけでもまとめてみたほうがいいような気がします。そして映画館に足を運ぶ機会が本当に少なくなってしまった私にとってえっちゃんの久々の連ドラの主演はとてもうれしいです!

くみこrealorfake at 00:01│コメント(0)トラックバック(0)

2006年01月17日

映画「フラガール」
私はお笑い好きです。中学・高校時分は心斎橋2丁目劇場という吉本興業所属の若手芸人が出演するハコに通っていたくらいです。当時はまだナインティナインとかも出演していたのですが、私の目当は千原兄弟と誉でした。恋人もお笑い好きということもあり、現在もお笑いは大好きです。最近友人にドン引きされたのが、年末の「オールザッツ漫才」を見ながら恋人とやりとりしたメールの総数が二時間で80通だったということでした。ものすごくくだらないメールですが、私達ふたり以外にはまるきり意味不明なメールだそうです。
なんでこういうことを書いているかというと、この映画でえっちゃんと共演するのが南海キャンディーズのしずちゃんだからですよ!どういうこと!?しずちゃんって!?主演は松雪泰子らしいのに、しずちゃんの方が目立っていて、それが笑えました。しずちゃんに「好きです」と言われて苦笑するえっちゃん…素敵。なんて思っている私はもうアホ以外の何者でもないような気がします。えっちゃんならいいんです。もう何をしていても素敵だと思える。そんな境地に至ってしまいました。
いや、でも正直私は心底からえっちゃんにも三枚目の役がくればいいと思っていますよ。う〜ん…絶対おもしろい人だと思うんですけどね。どうなんでしょう?ツッコミよりもボケであってほしい。これは私の長年の願望です。えっちゃんがものすごく寒いギャグを言う人であれば、私はますます彼にのめりこむのですが。

くみこrealorfake at 00:40│コメント(0)トラックバック(0)