【Re:animation 公式ブログ】

アニメーション・ミーツ・クラブミュージック・パーティ&レイヴ=リアニメーション

羽田空港江戸舞台6
http://reanimation.jp/


 ■『Re:animation Special in HAF』出演者第二弾、お待たせしました!

第一弾で発表から約半月、お待たせしました!『リアニ in HAF』第二弾、ようやく告知できます!

HANEDA INTERNATIONAL ANIME MUSIC FESTIVAL』は羽田空港増便1周年を記念したイベントとして、日中には福山芳樹さんや桃井はるこさんといった憧れのアーティストから、むすめんさんやピコさんといったネット世代の方々まで様々な"Live Stage"が行われます。一方、リアニは深夜帯のAll Night DJ Party担当!深夜の空港でパーリィやります!屋根付き会場+初オールナイトってことで、音に包まれて、DJもフロアも、一緒に踊りましょう!

■DAY1 ラインナップ
HAF_R_spacetime_RHAF_R_Megsis_RHAF_R_charlie_RHAF_R_HedonistRHAF_R_Oblongar_RHAF_R_asanoappy_R
HAF_R_yunichi_RHAF_R_wildparty_R
Yun*Chi / DJ WILDPARTY / spacetime / Megsis / Hedonist / ちゃーりー / Oblongar / asanoappy and more!! 

日時:2015年3月27日 23:00 スタート
場所:羽田空港国際線ターミナル多目的ホール(TIAT SKY HALL)
費用:2,500円(出入り自由)
チケット発売中→イープラス

DAY1にはリアニメーションに久々登場となるちゃーりー!羽田空港でも良質のアニメソング×ハウスDJをお届けします。そして、Hedonist、Oblongar、asanoappyという若手DJ/トラックメイカーが初参加!HAF前夜祭を盛り上げます!

■DAY2 
HAF_R_Mura_RHAF_R_inu_RHAF_R_DJ_Caesar_RHAF_R_gotouousama_R無題HAF_R_TAKAYA_RHAF_R_AniCrush!!!_RHAF_R_Fish&Chips_RHAF_R_REV-TUNE_RHAF_R_wakeshima_RHAF_R_PCF_R
分島花音 / PCF / Mura / いぬ / DJシーザー / 後藤王様 / Matsu / TAKAYA a.k.a.チャラ神様 / AniCrash!!!クルー / Fish & Chips / REV-TUNE and more!!

日時:2015年3月28日 23:00 スタート
場所:羽田空港国際線ターミナル多目的ホール(TIAT SKY HALL)
費用:2,500円(出入り自由)
チケット発売中→イープラス 

DAY2には、何と川崎「月あかり夢てらす」からMura、更に浜松からH.A.P代表のMatsuがリアニ初登場に加えて、"国際派アニクラ"を自称するAniCrash!!!がクルーで参戦。そして、リアニ7で緑色の波を巻き起こすテクノセットを披露したREV-TUNEが、あのアニメ放送開始10周年を目前にした3月最後の日曜の朝に、あの曲をプレイしにやってきます!

■VJラインナップ

HAF_R_SpikeBloom_RHAF_R_ぽつねん_RHAF_R_SIGMA_R
SpikeBloom / ぽつねん / SIGMA/ASTE and more!! 

(まだ出演日決まってないぜ、イェイ!)
屋根のあるリアニでは、おなじみSpikeBloom、ぽつねんに加えて、東方系パーティやnagomixで超ハイクオリティなVJを披露しているSIGMA/ASTEがリアニに登場です。


開催まで2ヶ月を切った『Re:animation Special in HAF』2DAYSのチケットは両日ともイープラスにて発売中。今回、キャパシティに限りがありますので、参加予定の方は前売りGETオススメします!

羽田空港初のオールナイトDJイベントをぜひ目撃しに来てください! 

『Re:animation in HAF』の詳細は随時リアニの公式サイトでもUPしていきます。
http://reanimation.jp/ 

2_R
http://www.haf.tokyo.jp

 ■2015年3月27日/28日2DAYS、深夜の羽田空港国際線ターミナルでリアニ!!

お待たせしました!昨年11月に開催した『Re:animation 7』でお知らせしていた東京国際空港(羽田空港)国際線ターミナルで開催する『Re:animation Special in HAF』の詳細がようやく発表できるようになりました!本当に、一刻も早くお伝えしたかったです!

3月27日と28日のそれぞれ23時から翌朝まで開催する『Re:animation Special in HAF』は、リアニに取って初の深夜開催となります!24時間化された空港内で開催される『HANEDA INTERNATIONAL ANIME MUSIC FESTIVAL(HAF)』の一貫としてイベントの深夜部分を受け持ちます(昼間も色んなライブがあるようなので、詳しくは『HAF』公式サイトをご覧ください)。

ちなみに、空港内にはクロークと更衣室が設けられて、いつでもコスプレもOKなようです。
(Wonderful Rush的なコスプレが捗りそうですね!)

気になる出演者は、27日には今まで最もリアニ出演熱望の声が多かったDJ WILDPARTYが遂に登場!そしてアニメ『ログ・ホライズン』のEDテーマを2期連続で担当しているYun*chiが出演します。28日はアニメ『selector infected WIXOSS』『selector spread WIXOSS』のOPテーマを歌う分島花音と、スペシャル版リアニには欠かせない存在になってきたPCF(けいたん、ただのん、TAKUMA)の出演が決定しています。

今回、会場のキャパシティが限られるためチケットの前売りをします。発売は1月30日開始予定(イープラス)です。残りの出演者も1月30日に発表予定です!こっちも早く言いたくて仕方ない感じで、レギュラーもゲストもブッキングが進んでますので、ご期待ください!

■『Re:animation Special in HAF』開催概要

羽田空港国際線ターミナルでのリアニメーションは次の日程と場所で開催します。
出演者の詳細は『HAF』公式サイトの出演者ページを御覧ください!

Re:animation Special in HAF DAY1
開催日時 2015年3月27日(金) 23:00スタート~翌朝
開催場所 羽田空港国際線ターミナル4F TIAT SKY HALL
入場料 2500円(会場出入り自由) 
出演 Yun*chi、DJ WILDPARTY and more!!
HAF_R_yunichi_RHAF_R_wildparty_R
 
Re:animation Special in HAF DAY2
開催日時 2015年3月28日(土) 23:00スタート~翌朝
開催場所 羽田空港国際線ターミナル4F TIAT SKY HALL
入場料 2500円(会場出入り自由)  
出演 分島花音、PCF(けいたん、ただのん、TAKUMA) and more!!
HAF_R_wakeshima_RHAF_R_PCF_R
 ※前売券は両日とも1月30日にイープラスにて発売開始予定

羽田空港国際線へのアクセス
京急線「羽田空港国際線ターミナル駅」直結(地下)
東京モノレール線「羽田空港国際線ビル駅」直結(3階)


京急線エアポート快速で品川から、東京モノレール羽田線で浜松町から共に13分と実は羽田は結構近いです。詳細は羽田空港国際線旅客ターミナルのホームページでご確認下さい。
http://www.haneda-airport.jp/inter/ 

■桜が咲く頃に、羽田でお待ちしてます!

のっけからこんな話するのもアレですが、まさか経産省が後援しているイベントの中で、深夜のDJイベントが開催できるなんて最初に聞いた時から信じられませんでした。でも『HAF』公式サイトには「オールナイトイベントを予定しています」って書いてあるし、マジかよマジかよって思っていたんですが、こうやって正式に告知する段になって、ようやく実感できてきました。

 不思議な感じです。でも、僕たちはいつものように『Re:animation』をやるだけだ!

3月27日と28日、ぜひ空港にお越しください! 
羽田空港江戸舞台6
 

image
http://reanimation.jp/ 

年の瀬というにはまだ早い気もしますが、リアニメーション7を終えて、だらだらと過去のエントリを見ていると、それなりの気づきだったり、歴史というか流れを感じることがあったのでまとめてみることにしました。ちなみに、トップ画像はリアニ4回の開催時にアニメーターの奥村正志さんに描いていただいたイラストです。

何となくの予感なのですが、きっとリアニ7とその後でこのイベントがまた大きく変わっていく気がするので、その前にちょっと振り返っておきたくて。全部読むとだいぶ長いのですが、お暇がある方は一緒に振り返ってみていただけると、リアニというイベントがまた1つよく分かるかもしれません。

---
■Re:animation-Rave In 新宿歌舞伎町- 2010.12.23
リアニメーション終了。主催としてのご挨拶と、1人のアニメファンが歌舞伎町の外でDJイベントをやってみて思ったこと。
http://blog.livedoor.jp/reanimationjp/archives/17894248.html 

初めて、新宿のシネシティ広場(旧コマ劇場跡前)で開催したのはまる4年も前です。当時は、「非実在青少年」という最早懐かしい単語がホットワードでした。でもこれ多分まだ終わってない話。後、クラブと風営法が話題になりだした頃でもありました。これは2014年は進展の年でしたね。頑張って活動されている方々、応援しています。どうぞ良い方向へ。

リアニ的には、全てが未知との遭遇でした。"まずは一歩、オープンな姿勢で踏み込む"という1つしかない技を毎回繰り出し続けてる我々です。それにしても、記念すべき第1回が冬だったって、何なんでしょうね…

■Re:animation-Rave In 新宿歌舞伎町- Vol.2  2011.7.17
遅くなりましたが、Re:animation -Rave In 新宿歌舞伎町- Vol.2 お疲れ様でした。~お礼にかえて~
http://blog.livedoor.jp/reanimationjp/archives/17894265.html

初開催から一転、灼熱となった第2回。終了からエントリをアップするのに2週間空いていまして。残務処理の混乱が垣間見えます。運営もフロア拡張×2したり、実際に結構混乱するシーンがあって、参加者の協力とマナーの良さに救われた回でした。"何かあればストップする"は初期のリアニのキーワードだったんですね。でもこれ、実態としては今も変わってないです。最近あんまり言わなくなりましたが、改めて、肝に銘じる必要がありそうですね。"俺ら、好きでやってんだ!!"と言い張るには、それなりの覚悟も必要だな、と。

そして、リアニ2はこのイベントの最初の転機であり、それ以前の2006年から自分が続けてきた"オフ会"という流れの中で開催するイベントの終了でもりました。第3回からは、そのポリシーは守りつつも、色々なことを「ちゃんとする」方向に舵を切りました。

それから、2010.12.23と2011.7.17の間には東日本大震災がありました。リアニは東北出身・在住のDJやスタッフが多いこともあり、第2回~第4回の歌舞伎町シリーズはカンパの一部を復興支援募金に充てていました。

■Re:animation-Rave In 新宿歌舞伎町- Vol.3  2012.5.3
雨の中踊り通した1日。『Re:animation -Rave In 新宿歌舞伎町- Vol.3』についてのお礼と所感。そして、次回に向けて。
http://blog.livedoor.jp/reanimationjp/archives/17894291.html

リアニ史上最も中止に近かった第3回。豪雨ばかりが印象的ですが、新たなチャレンジの多かった回でもありまして、2回開催して固まったベースの上で、ゲストを呼んでみようとTobyさんのDJやシェリル・ノームのバーチャルライブなどありました。

何よりのトピックは初めてクラウドファンディング実施。それももう2年半も前になるのですね。実は、この時からリアニを担当してくれていたキュレーターさんが今年CAMPFIREを退社されました。時間が経つのは早いですね。この時のクラウドファンディング成功がなければ、今のリアニは無かったでしょう。真っ先に支援して頂いた方々に改めて感謝します。

■Re:animation-Rave In 新宿歌舞伎町- Vol.4  2012.10.13
Re:animation4まとめ~街の真ん中で踊るということ、それを続けるということについて~
http://blog.livedoor.jp/reanimationjp/archives/18929137.html

第3回から5ヶ月のインターバルで開催した歌舞伎町シリーズ最終回。第2回→第3回まで10ヶ月かかったのを思うと、短いですね。運営的にも非常に安定していました。「街中で行われるこういうイベントが増えればいい」とか「シーンを広げたい」とかよく言ってる気がするのですが、まとめでそれに初めて触れています。過去3回積み重ねて、それだけの自信が付いた回であり、一定のフォーマットができた回でした。

対外でいうと、少なくとも歌舞伎町内では多くの方に「知られる」ことができ、今年の「CONNECT歌舞伎町MUSIC FESTIVAL」開催とリアニとしての参加に繋がりました。街の中で「知られる」ことが「続ける」ことに直結することを理解できて、中野で積極的に街に入っていく方針を決めた回でもありました。

■Re:animation 5-Rave In NAKANO-  2013.4.13
【Re:animation5終了】晴天の中野駅前に1700人。踊れない国で知る街中レイヴの可能性と今後。 
http://blog.livedoor.jp/reanimationjp/archives/26983735.html 

中野シリーズ第1段。リアニにとって2度目の大転機は会場移転。そして、クラウドファンディングを軸に無料開催にしたこと。中野に移ってからの参加者増のエンジンは間違いなくこれでした。

実は歌舞伎町では回を重ねる毎に同時進行するフロア数が増えて、出演者も増え続けていたのですが、中野に移ってからは常に1フロアなのですよね。「フロア数増やしたい!」はブッキングしている時は毎回出る話なのですが、こうやって振り返るとフロア数(出演者数)増=規模拡大とは必ずしも直結しないのだなというのが分かります。イベント集客の悩みはいつも尽きませんが、少なくとも内側を増やせば外側も増えるという安易なことではなさそうです。

街関係は歌舞伎町で得た信頼を元にまずは行政OKだけ取り付けて、後はデモンストレーションでした。結果は、リアニ7の座組を見ていただければ一目瞭然。中野も駅前の賑いを求めていたのでした。そういえば、リアニ5は過去の開催回の中でもとりわけマナーが良かった印象があります。歌舞伎町からの移転で周りの目を気にしていたのは、運営だけではなかったのでしょう。そういう視点はこれからも皆で共有し続けたいですね。

※この時立てたリアニファンクラブが諸事情によりあまり稼働できておらずすみません。これに関して、ご支援いただいている方には近々、お知らせがあります。

■Re:animation 6-Rave In NAKANO-  2013.11.24
中野駅前でレイヴ!リアニ6の御礼と、中野も古巣歌舞伎町もムズムズ動き出したご報告。
http://blog.livedoor.jp/reanimationjp/archives/35283822.html

歌舞伎町シリーズと中野シリーズでは微妙にイベント名の表記ルールが変わっています。歌舞伎町時代は「アニメ+レイヴ+まさかの歌舞伎町?!」という印象付けをしたくて、地名まで含めた後にナンバリングしていましたが、中野に移ってからは今後どの地域で開催してもいいように「リアニメーション+ナンバリング+地域」という並びにしました。どちらも地域名を入れています。歌舞伎町はインパクト抜群なので漢字でした。NAKANOは地元にこれから外国の方向けにも発信していきたいというニーズがあったので、それを汲んで英語表記としました。

この回は、中野区観光協会さんがブースを出してくれたのが1つのエポックでした。実はリアニとして第1回から通して"初"なんです。結果、好評だったので継続となりました。5に引続き、参加者のマナーもお日柄もとても良く、中野シリーズの空気を決めた開催だったと思います。

■Re:animation 7-Rave In NAKANO-  2014.11.23
中野駅前で3000人のフリーレイヴ!リアニ7で見えたクラウドファンディングと街イベントの可能性。そして、課題。
http://blog.livedoor.jp/reanimationjp/archives/42150052.html

実は過去最も長いインターバルをおいて開催されたリアニ7です。あまりそういう印象が無かったのは、間に東京ジョイポリスで2回、ETAに呼んでいただいて野外で1回、そして古巣歌舞伎町のフェスティバルに参加した1回と"特別編"的な企画が多かった為です。急激に外からのオファーが増えて、せっかくの機会なので積極的に乗っかってみました。前回から参加者が一気に1000人以上増えたのは、そういった"対外試合"の結果かもしれません。

また、この回からは参加者に個人ではなく法人もたくさん増えました。後援や協賛、協力など、想いを1つにする新しい仲間が一気に拡大し始めて、「知られる」範囲が変わってきた印象を受けました。

一方で、終了後にTL等で参加者のマナーが(良くない方向で)取り沙汰されたました。これまでも似たような問題はあったのですが、こういう形で表面化したのは初めてではないかと。入場無料のイベントでよく今までそういう問題が噴出せずに「よく持ち堪えて来た」とも言えます。たぶん、"俺たちの戦いはこれから"なのです。今までもそうしてきたように、これからも自分たちが楽しめる場は自分たちが作り、守って行きましょう。

---
それにしても、我ながら毎回よくも脂っこいこと書いているなと思います。とはいえ、「これがリアニ」なのかなとも。歌舞伎町で初めて開催を終えた時、薄ぼんやりと想い描いた未来に、今は届いて(或いは既にそれも飛び越えて)います。

こうやって並べてみると、リアニメーションは運良くステップアップの手順を踏んでこさせて貰うことができました。今後どう展開するかまだ予想もつかないことも多いですが、今後も応援よろしくお願い致します。

Re:animation | リアニメーション
http://reanimation.jp/ 

↑このページのトップヘ