投稿者「仙台でもすごく美しい桜の花が咲いたよ!花見と呼ばれる古き伝統の美を一緒に体験しよう!」 

〈↓イタリア人の反応↓〉     
 


・どうして8分53秒あたりで日本の楽しい友人は君に「ファンクーロ」って言ってたんだい?


  →(投稿者)えーと、あれが最初に彼女が学んだイタリア語だったんだ😞

  →🍶🍶🍶🍶🍶🍶🍶🍶👧 = fankuro


(正しくはfanculo、vaffanculo〔ヴァッファンクーロ〕の短縮系です。それ自体も「va a fare in culo」をぎゅっと縮めた言葉で、直訳するとなかなか強烈な意味になりますが、ニュアンス的にはバカヤローみたいな感じです。イタリアの若者はヤンチャが多いので仲良し同士で冗談めいて使ったりしてますが、かなり危険な言葉なので日本人は使わないように)



・花見にすごく合った素敵で落ち着いた音楽だね……



・本当に刺激的なビデオで大満足だ、美しい桜の木、果物の時期だね、いや実に素晴らしいよ。


  →これらの木に果物は実らないよ。

  →そう、残念ながら果物はとれないんだ。



・貨物列車と桜並木のショットがめちゃくちゃ美しい!



・それにしても、日本の女の子の叫ぶ「ファン◯ーロ!」はとてもカワイイな……



と っ て も 美 し い わ !!
……それと、4分31秒のところであなたはソーイチローさんに出会う幸運を得ることができたのね!!


(本田宗一郎のことでしょうか。たしかに少し似てるかも……)



・川のほとりのシーンはほとんど超現実的で美しすぎるわ。



・感動した!!!浮世絵の表現の向こう側にある美しさだ!信じられない。



・照明でイルミネートされた桜も素晴らしいわ。2年前、姫路にいた頃を思い出すの。戻りたい……でも船岡の桜も気に入ったわ。良い花見を!



・尋常じゃないくらい綺麗だな。



・花見の時にあれだけ飲んでたら花が二重に見えるんじゃないか😊



・チャーオ、美しくて詩的な音楽付きの導入だね。ありがとう!それとイースターおめでとう!



・なんてこった、仙台はうっとりするほど美しいんだな!😍でもー……「ファンクロ(原文ママ)」だって?!俺の聞き間違いじゃないよね?ハハハ


 →(投稿者)合ってるよ。ちゃんと彼女に教えとかなきゃね😊



・花見をしながら酒を飲む伝統は江戸期に広がったのかな? それとも明治期に生まれたのかな?



・花見は人生のメタファーだ。桜は散って消えていくからこそ美しい。生と美を超越しているんだ。




以前イタリアの知り合いに「桜は神聖だから日本語でサクラと呼ばれているのか」と言われたことがあります。調べてみたらイタリア語にはサークラ(sacra)という「聖なる」を意味する形容詞があるんですね。

ただの偶然なんですが「なるほど……じゃイタリア語で桜がチリエージョ(ciliegio)なのは、散りええじょ、散り際がええぞってことか……」とか意味不明なことを考えてしまいました。

それでは。