港区の日テレに設置された宮崎駿デザインの大時計に対するイタリア人の反応です。



投稿者「東京、新橋にあるハヤオ・ミヤザキとスタジオ・ジブリの巨大時計だ!ショーそのものは3分くらいから始まるよ!」

〈↓イタリア人の反応↓〉 
 

 



・なんて壮観な巨大時計なの😍時計から流れてきた音楽も素敵ね。なんとなくポケモンのアニメのように感じるわ!😄😍



・素敵だね、見させてもらったよ!一度に異なる動きの光景を作り出すのは本当に難しいことなんだけど、このビデオじゃ少しも(そんな粗が)存在しないよ😉 あと、なんにせよ雰囲気が豪華だよね、夜だから特にさ。(ぼくらも20:00に行ったんだ!)



・すげぇ!!!!!!!!!!!!まるでファンタジー映画みたいだ!



・あまり好きじゃないな、僕は正直感動しなかったよ。たぶん僕は中世やルネッサンスの職人がゼロから工夫しながら機械の細部を加工して作り上げたものや、歯車や歯止め、レバー、そしてキャラクターがコンピューターやキャド(コンピューター援用設計)の助けを借りず、動き回るのが好きだからだろうな



・言葉がないほどすばらしい!



・この時計は想像力の歯車をセットしてるんだな、とても美しい、ミヤザキの偉大な作品だ。🎌👍



・本当に素敵だね。バックの音楽もなんて洒落ていてハイレベルなんだろう!



・ケ・スペッターコロ!なんて壮大なんだ!



・とても良いね。でもこれだけ???



・俺はこれら全てを失ったのか!!!地獄から自分自身を解雇しなきゃ!

(発言の意図がよく分かりませんが、元日本在住のイタリア人の方なのかもしれません)



・ベリッシモ!!!😊



・お見事!!!(東京に行った時)これは見逃してたよ……ありがとう!!!



・あまり好きすぎて鳥肌が立ったよ!!



・くそっ、いつも驚かされるぜ……素敵な映像だ。時計針のダンスにとても感銘を受けたよ。



・こんなの見たことないよ。とにかく、めちゃくちゃいいね!



・おおおー……つまりモノレールからこれを見ることができるってことか😊




記事中にコンピューター頼りの仕掛けは感動しないという旨のコメントがありますが、少なくとも造形に関してはすべて職人さんが手作りで作り上げたものだそうです。

幅18メートル、高さ12メートルもある巨大時計ですが、鍛金という伝統工芸の技術を用いて1228枚の銅板を一枚一枚加工して作られているのだとか。

作者の鯱丸氏は三鷹ジブリ美術館にあるロボット兵も手がけられたそうで、たしかにどことなく質感が似ているような気もします。

それにしてもこういう仕掛け時計はいいものですね。

昔、ドイツのとある小さな中世都市の広場で、伝説上の市長の人形がワインを一気飲みするだけの仕掛け時計を見たことがありますが、そんな単純(そうに素人目だと見える)な動きですら妙な高揚感を覚えたものです。


それでは。