投稿者「エレキ津軽三味線は21世紀に入ってから作られた新しい三味線だ。三味線の弦は通常3本だが、この楽器では4本に増えている。電子化の意味は単に音量のためだけではない。エフェクト・ペダルが使えるようになり、音色の幅が拡大されたのだ」 

〈↓海外の反応↓〉 
 



・It just works.

(「ジョジョの奇妙な冒険第5部」のキャラクター、ディアボロのスタンド「キング・クリムゾン」の能力を説明するとき、丁寧に説明するととても長くややこしいものになってしまうので、これを一言で済ませるために海外のファンの間で生まれたのが「It just works.」、訳すと「なんか発動する」です。ちなみにスタンド名の由来は動画でカバーされていた楽曲の本家であるイギリスのロックバンド「キング・クリムゾン」です)


  →アハ!ジョジョファンのコーナーを見つけたぜ!

  →それでディアボロを添えた三味線の響きはどうだったかね?

    →それについての質問をするな……なんか発動してるだけだから。

    →魔法かな。



・ここ一年見てきた中で最もすごい映像だった。


  →少なくとも2年以上見てきた中で最もすごかったぜ。頂点。だろ?

  →いやいや3年以上(略)

  →この一連のコメントが4年以上(略)



・オーケー、確信したよ……彼らはジャズの新ジャンルを作り上げたわけだ。SUGOI!!!!👏👏👏👏👏



・この映像の全てが僕をびっくりさせてくれたよ。大したやつらだ。とてもクールでファンキーだったよ。ブラーヴォ!



・4本も弦があるならシミセン(四味線)と呼んだ方が適切なのでは?



・後ろに巨大な鐘があるのを見て「なんてこった、地獄のような鐘を鳴らすのが待ちきれないよ」ってずっと考えてた。



・ジャズパン(※)とさわやかな山の空気は最高の組み合わせだ。

(※JazzpanはJapanとJazzを掛け合わせた、和風ジャズのことと思われます)



・ただただワオ!ってなった。君たちすごいよ。



❤️❤️❤️😱❤️😱❤️❤️❤️



・偉大な歌の素晴らしいカバーだった。ザ・ナイトウォッチの和楽器フルカバーも聴きたいよ。



・かっけぇ……



・すげぇ!!!「21世紀の精神異常者」のカバーの中でも最高級と言っていい。



・鐘が鳴らされるのをずっと待ってたのに……😊それ以外は最高だったよ!



・鐘を鳴らして欲しいって思った人、誰かいる?



・大好きだよ。本当に素敵だった。



鐘に期待していた人が多かったようです。日本人視点だとただの背景としか思わなかったのですが、たしかに外国人視点で想像してみると意味深というか、期待してしまうのもわかりますね。
個人的に太棹三味線のサワリ(上棹にある突起で、ここに弦が触れることで独特の倍音の残響が発生する)の音が好きなので、普通の三味線以外を聴く機会はほとんどなかったのですが、津軽三味線の場合は技巧性というか運動性を楽しむ面があるせいかエレキにしてもあまり違和感なく楽しめました。

義太夫や長唄などで使うのはちょっと想像できませんが。

それでは。