〈↓イタリアの反応↓〉 



・昔飼ってた犬のことをフレンダーと呼んでたよ(ビーグル犬だった)

(主人公の愛犬の記憶が内蔵された相棒のロボ犬の名前です)


  →俺もだよ!はははは

  →グランディッシモ!



・神話級のアニメ!誰がこのキャシャーンを忘れることができるもんか!そんなの不可思議と言わざるを得ない……けれど今の世代は???


  →キャシャーンSinsがあるぞ。



・このアニメとともに育ったよ……80年代だ……なんて懐かしいんだろう。


  →70年代もな……40歳になった今でもこのアニメのことを回想するよ。



・これと破裏拳ポリマーの間で日本語を学んだよ!!



・あああ、子供だった頃……なんて素晴らしい時間だったんだろう。最高の歌とアニメだ。



・泣いた!



・……フレンダァァァァァアアアアアア!!!!!最高だ!!!



・ノスタルジーがすごい



・絶対に忘れられない、覚えているはずだ。



・また感動してしまった。



・実際のところ、現在は他に素晴らしいアニメがたくさんある(たとえば新世界エヴァンゲリオンとか)が、当時のアニメは我々を子供時代に引き戻してくれるんだ。



・いまだにフレンダーの鳴き声を聞くと泣いてしまうんだ……



・最高!!!フレンダー♡



・ヴィーヴァ・イル・ジャッポーネ(日本万歳)



・素晴らしすぎる主題歌と忘れようがないアニメ



・ベリッシモ……ここからアニメを見始めたんだ……ありがとう日本アニメ



・ハイル!ブライキング!

(敵のボスです)



・どうしてうちの犬はフレンダーの半分ほどのこともできないんだ……?まぁ、愛してるけどね!



・大好きなアニメの一つだ、日本アニメの画期的作品と言っていい……とてもドラマチックで強烈なフィナーレ……



・「イタリア版主題歌」って……日本語じゃね?

(動画タイトルがそうなってました)


  →最後に出てきた文字がイタリア語だよ!😃



・あの犬、デジモンのメタルガルルモンを思い出すね😊


  →逆じゃね。たぶん。



・音楽は大好きだけど、子供時代のアニメキャラのように興奮させ育てさせてくれる魔法のような刺激はないな。



・イタリア語ではないけど、それでも伝説的なOPだ。



・子供の時のように、俺はまだフレンダーが完璧な犬だったと確信しているよ。よだれもこぼさず、汚れることもなく、抜け毛もない、アレルギー反応も起こさせない、そしてあらゆるオーダーに従い、戦闘機にも変形できる……これ以上求めることができる?😆




犬が大人気でした。前に何度か言いましたがイタリア人は基本的に犬が大好きです。

何度かいろんな形でリメイクしているキャシャーンですが、一番最初は1973年だったんですね。カラーテレビの普及率が白黒テレビを上回ったのがちょうどこの年ですから、思いのほか古くて驚きました。ガッチャマンの後継と考えれば確かにこの頃なんでしょうが、実写映画版やSinsなどのリメイクが連続していたせいかもう少し新しい印象がありました。もっともそのリメイク版放映からも、もうすぐ10年が経ちますが……。


それでは。