テナントリーシングと不動産活用コンサルの思いつき

店舗の誘致と土地や建物の有効利用企画を業務にする不動産コンサルマンの日々のさまざまな苦難や思いつきを書いてます。建築・店舗不動産・テナントに関する実務のことの他に、それらに関連するニュースなどについてもコメントしていきたいと思います。思いついたままに書いていますので、誤字脱字、表現方法の不備、文章構成の間違いなど多々ありますがご容赦ください。

転勤

私の取引先の開発担当が東京に転勤になったと言うことの連絡がありました。
元々本社が千葉なのでそう言う事態もあるかなとは思っていましたが、意外に早くその時がやってきました。
東京で新しいプロジェクトの立ち上げと軌道に乗せるのが主な使命らしいのです。
一応一時的転勤らしいのですが、これだけはわかりません。永久に関東での仕事になるかもしれませんし。。
転勤の経験のない私には転勤の大変さがわかっていません。
住宅は会社で準備してくれたとしても、水道光熱費や食費、クリーニング、医療費・雑費など思った以上にお金が掛かります。
私は2ケ月間東京で研修を受けた経験があるのですがその時はホテル住まいだったので、食費とクリーニング代以外にはそれほど費用は掛かりませんでした。
研修の連続のため毎夜宿題が出されてホテルでリポートを作成していたので、夜な夜な繁華街をウロつく暇もありませんでしたから。。。
東京で単身赴任しひと時の独身生活は楽しいだろうなと思っていましたが、どうも実態はそんなに余裕もないししんどいみたいですね。

売買取引

テナントリーシングの仕事をしてると全部が不動産の賃貸借に関する業務なので、突然売買案件を手続きしようとするとちょっと戸惑ってしまう時があります。
年間に1,2件売買に関係することがありますが、よく知った不動産業者とやってることがほとんどですから、手続きはほとんどその業者任せで行ってしまうので、事務手続きの細かい内容に感知しないので余計手続きに慣れません。
また逆に売買専門の業者と賃貸案件を契約する時は、こちらが手続きをほぼしてしまうので・・・と言うか賃貸はしてないから進め方や書類の作成方法がわからないらしい・・・そう言う意味では不動産業でも売買と賃貸はまったく違うものなのです。

現在土地売買案件を2つ扱っていますが、1つは良く知った不動産業者との共同作業なのでわずらわしいこともないのですが、もう1件は自分1人で手続き契約、決済をしなければいけません。
特に難しい作業はないのですが、賃貸と違って一気に大きなお金が動きます。
その分手続きに間違いが内容注意しなくてはと言うプレッシャーが掛かるのです。
売買専門の業者に指導を仰ぎながら手続きするのも恥ずかしいですが、やはり売買の契約件数をもっと上げて慣れておきたいものです。

仕事の先輩

今日は私が前の会社に入社した時、直接の上司だった人と仕事の打ち合わせの予定です。
その方は定年で会社を退職したのですが、ちょうど私が入社した時に40過ぎだったので現在の私の年齢と同じ頃にお世話になった上司です。
その方は今建築会社の顧問として営業しているのですが、受注に苦しんでいるようです。
毎月顧問料をもらってる関係で年間1,2億円の受注をしていかなければいけません。ところがなかなか現在仕事がないようなのです。
私の仕事の関係で年間受注できる工事金額は約1億から1.5億ぐらいですから不動産を持ち込んで工事を受注していかないとなかなかノルマは達成できないでしょう。
最近はテナントも工事のヒモ付きはなかなか受け入れてくれません。
不動産は不動産だけで完結し、工事は全く別に考えていることがほとんどです。
たまに建築条件付の不動産物件を頂きますが、それで決めることってなかなか難しいものです。
私は不動産コンサル80%,建築工事営業20%の比率で営業活動していますが、建築は余程コネクションがないと受注につながりません。

この先輩の受注に少しでも協力してあげたいと思っているので、建築のヒモ付きができる物件ができたら紹介しようと思っていますが、現在手持ち案件ではそう言う案件がないのです。

台風が近づいてます。

台風が近づくとどうしても店舗の雨漏れや突風で看板が飛んだとかしないか気になります。
以前、会社に日直制度がありゴールデンウィーク真っ最中にある店舗の玄関が陥没し大騒ぎで修理業者の手配をしたことがあります。
また、2年前は店舗の大きな看板が倒れ周辺の交通に混雑を及ぼしたこともあります。
屋根の鉄板や浸水なんてざらに起こるので、店舗管理者の方々は十分対策と、緊急時の対応策を準備しておいてくださいね。
いざと言う時にそれから考えようでは後々苦労します。
以前の台風上陸の時も建築業者に修理手配したものの、周辺あちこちで修理依頼が舞い込んでてなかなかてが廻らなかったのです。
まっ台風通過中は工事もできませんから仕方ないですが、通過後は修理箇所を早急に直して通常の営業に備えなければいけません。
そう言う意味でも、緊急対応してくれる建築業者の確保は大事なことです。

今週はまた情報集めに奔走

先週は物件情報の収集をメインに行い、テナントへ情報提案を行っきました。

今週はその回答を待つと同時に、新たな物件探しに努めるつもりです。

先般契約した物販店の内装工事もそろそろプランが固まり着工の準備もしないといけないでしょうし、オープンまでは何かとオーナーとテナントとの交渉業務の仲立ちをしなければいけません。

あるテナントより店舗物件を大至急探してほしいと依頼がきていますので、その物件探しも急がなくてはいけません。
年内中には物件確保したいとのことですから、なんとかお気に入りの物件を見つけて提案してあげたいものです。

9月中には1つ物件決めておきたいと思ってます。
livedoor プロフィール

リボーンリアルエス...

ビジネスブログ
人気ビジネスBLOG
livedoor 天気
ribornestate photos
本ブログパーツの提供を終了しました
QRコード
QRコード
ビジネス関連図書
ビジネスブログ
人気ビジネス・経済BLOG
Recent Comments
お気に入り
楽天で見積依頼。


ゴルフの予約に使えます。


良いホテルに格安で泊まれます。


不動産検索サイトHOMES。



  • ライブドアブログ