今日の朝コンビニに行ってきました。

行く途中、道に老年の方々(要するに爺ちゃん婆ちゃんと呼ばれる世代)が行列を作っています。

前を通り過ぎると、空き店舗に、ちゃっちい(学園祭レベルの)仕切りやら手書きのポスターやらで「店」の体裁を整えただけ「ピュアショップ」なるお店でした。

じいちゃんばあちゃんはその店のオープンを待っているようです。

中をさっと見ると「10%オフ」、「健康〜」という文字が躍っています。

はい。どこからどうみても怪しさいっぱい、胡散臭さいっぱいです。


コンビニからの帰り道、ちょうどお店のオープンの時間でした。
店の中に殺到するじいちゃんばあちゃん。完全に横入りしている人もいます。
「お待たせしましたー」と元気な声で呼び込むスーツにネクタイ姿の店員さん。

はいはい。どこからどうみても、さらに怪しさいっぱい、さらに胡散臭さいっぱいです。


家に帰ってネットで検索。

結果。

この「ピュアショップ」なるものは、株式会社ピュアなる会社が経営しているようです。

そしてこの会社、見事に東京都から「悪質商法」として、業務停止処分を受けておりました

いや、もう、そのまま過ぎて、逆に笑ってしまいます。

ちなみに、この業務停止処分に対するコメントは、上記、ピュアHPのトップページのNewsの欄にあります。
(2009年現在はすでに削除してあります。時間経過によるものと思われます)


さて、なぜわざわざ調べたのかといいますと、最近、私の住んでいる神奈川の地域で、潰れたコンビニの店舗を利用した、まったく同じような店が増えているからなんですね。
徒歩・自転車の行動範囲内で、私は上記の他に2件同じような店を知っています。

取って付けただけのようなちゃちな作り。扱っている品は健康商品。なぜか老人たちが大勢いる。

他の2件の店名までは覚えていないので、同じ会社かどうかは分かりませんが、怪しさいっぱい、胡散臭さいっぱいは同じです。


私はこれらの店に行ったことはありません。なので、「悪質商法」だ、「詐欺商法だ」と断定はできません。
が、東京都から業務停止処分が出ていることは確かです。

できれば皆様・・・というか、おそらく若い世代はまず引っかからないと思いますので、父親・母親あるいはおじいちゃんおばあちゃんですかね、その方たちに注意を喚起してもらればと思います。


といいますか、要するに、まさか自分の母親が引っかかってないだろうなと心配なのですよww
何しろ、母親は細木だの江原だのの番組を見ているようですしねー。
今夜にでも確認しておくかな(笑)。


それにしてもなんでこうなっちゃうんでしょうねー。やっぱり老人になると、判断力が低下するからなのかなー・・。
今日見た、店舗に殺到する姿は、まだまだ元気なおじいちゃんおばあちゃんなんですけど・・。

うーん。