プロが本当は教えたくない家庭でも簡単に出来てしまう調味料、ソース、料理レシピ
新米主婦でも簡単に7日で料理が出来るようになった料理マニュアル【100円レシピ、3分料理集多数!】

魚料理


1. じゃがいも、タマネギ、トマトは輪切りにする。

2. にんにくは薄切りに。

3. 鍋にオリーブオイルをたっぷり入れ、じゃがいも、タマネギ、トマトを入れ、塩コショウする。

4. 上に塩コショウした花鯛、薄切りのにんにくをのせる。

5. オリーブオイルを回しかける。

6. お水を1/2カップほど入れ、蓋をして強火で蒸らし始める。

7. 沸騰したら弱火に。13分ほど蒸したらだいたいできあがり。

ちょっと食べてみて、まだできていなかったらもう少し蒸しましょう。


yukimasarika


引用:まごころ.com 行正さんからのお手紙


鯛でなくても鰺でも何でも、新鮮なお魚ならなんでもOK。
お醤油やナンプラーをかけてもおいしいけど、塩だけでもおいしいです。






行正り香著書





ラクに覚えて、ラクに作れる、和食のバッチリルール
時間をかけずに、おいしく和食が作れるようになる本です。

調味料の比率が6:1:1:1の「煮物の六ちゃん」などなど、
味付けが簡単にわかりやすく載っていてとても便利。

本格的な和食を指向する方には物足らなそうですが
忙しくても毎日続けていける簡単さ、気取らなさがステキな一冊。

行正り香自身いわゆるバリバリに働いているキャリアウーマンで
その上、一人の女の子の母。
毎日のご飯を作るってことはとっても大変なはずなのに
それぞれのレシピにいろんな工夫をしながら楽しく料理をしている。

仕事に追われるとついつい忘れていまう心のゆとり

貴女は大丈夫ですか?



魚料理


今回はホウボウとアイナメ、両方の魚の骨と頭としっぽを揚げました。

さて、少々むごいようですが、頭は脳天からまっぷたつに切ります。
「あー、ごめんよ、お魚ちゃん。でも全部無駄にしないからね」と語りかけながら。

そしてよく洗って 片栗粉をたーっぷりつけます。
ここがポイント。

そして低めの中火で蓋をして、かりっかりになるまで揚げるのです。
(蓋をすると油が飛び散らないのであとあと掃除が簡単です)

ホウボウなど骨が硬いお魚の場合は20分近く揚げます。

最後は塩をふり、レモンを搾ってできあがり。

カルシウムたっぷりの骨煎餅です。

骨はみそ汁やブイヤベースなどに使ってもおいしいですが、
骨煎餅は格別と言えます。ぜひともお試しを。


引用:まごころ.com 行正さんからのお手紙


ビールのおつまみにぴったりですね!
軟骨などを使えば子供のおやつにもよさそうですね。



行正り香著書







忙しいのを楽しんでしまおうとする行正スピリットみなぎる一冊です。

大きなキッチンも高い材料もいりません。
必要なのは小さなやる気と30分。
玄関あけて。冷蔵庫あけて。
タイムテーブルを見ながら、30分以内にできるおうちメニュー。

仕事などで帰宅するのが遅くなってしまう方におススメ。

またコンロが1口という一人暮らしの方にも
下ごしらえがレンジを利用するものが多いので簡単にできます。

ただ、少々味付けが濃いという意見もあり
薄味好きの方は調節が必要かもしれません。




行正り香プロフィール



行正 り香(ゆきまさ りか)
1966年福岡県生れの料理研究家。 

高校3年からアメリカ合衆国カリフォルニアに留学。
留学中にホストファミリーのための食事作りから料理に興味を持つ。
帰国後、広告代理店に就職しCMプロデューサーとして活躍中。


行正り香のレシピ本を読んでいると
彼女は仕事から遅く帰っても、
「疲れた」とは口にせず、
ビール、ワインなどを飲みながら
好きなCDを聴きながら、お料理を始めるのです。

同じ主婦としてこんなに楽しく家事ができたらいいなあと
憧れるスタイルです




ゆかりん@料理初心者


主婦歴3年
当初はレパートリーが超少なくて
いつもメニューを考えるのに一苦労でしたが
最近ようやくお料理の楽しさを覚えてきつつあります

それもこれも行正り香さんのお料理レシピのおかげ

ここではそんな行正り香さんの簡単で美味しく、しかもお洒落なお料理を紹介させていただきます。


ブックマークはこちらをクリック

ワンクリックでお気に入りに追加できます。