発達障害児と一緒に、日々の生活の❝解りづらい❞を工夫し解決していくブログ

ADHDと知的障害の診断を受けている現在中学生の子の母親です。 実体験から、発達障害の子の育て辛さの悩みや発達障害児本人の辛さが、少しでも生活しやすく出来るように工夫したことなどを綴っています。 (2018年01月29日開設)

    ADHDと知的障害の診断を受けている現在中学生の子の母親です。
    実体験から、発達障害の子の育て辛さの悩みや発達障害児本人の辛さが、少しでも生活しやすく出来るようにと思ってこのブログを立ち上げました。
    みなさまのお役にたてればと思います。
    質問や悩みなどありましたら、お気軽にメッセージやコメントをください。

    通常、ADHDの子の特性として、変化を好まないのでなかなか着替えをしてくれないとか、新しい服を着てくれないという傾向があるようです。

    しかし、私のADHDと知的障害の診断を受けている、高校入学を拒否し就職を希望していて今は就活中の現在無職の子供はその全く逆で、

    〇少しでも汚れていると着替え
    〇少しでも穴が開いている(安全ピンの穴など)と着替え
    〇朝寒いと羽織っただけでも、夜には洗濯に出し
    〇外出する時には、その服で十分なのにわざわざ着替えて、夜には出かける前に着ていた服と出かける時に着ていた服の両方の服を全て洗濯に出す

    といった風に、幾度も幾度も着替えるのです。

    それはもう、凄い量の洗濯物が脱衣所に山になっておいてあります。

    夏のような気温の高い季節であればすぐに乾くのでまだいいのですが、冬や梅雨のような気候になると乾かないので着る服が無くなってしまい、まだ乾いていない服を着ると言い出し聞かなくなってしまい困ります。

    なるべく着替えるタイミングを教えるのですが、自分で一度こうすると思えばなかなか考えを換えられないのが特性なので、なるべくすぐに乾くような素材を選ぶように心がけようとしています。








    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    大きいサイズ 涼感レギンス(5L 6L) PX-458
    価格:2581円(税込、送料別) (2019/5/10時点)




    子供が中学校を卒業して就活をしている今は、家の手伝いばかりをして過ごしています。

    やはり、中卒で年齢が15才とくれば、例え障害者枠でもどこも雇ってはくれないのです。

    そんな毎日に不安があるのか、「他の人ってどうしてんだろうね」と言うようになりました。


    本人に聞くと、「自分と同じADHDの人って、どんな生活してるんだろうね。」とか「ADHDの人の生活がわかる本があったらいいのに」と言っていました。


    そこで考えました。

    当人にもわかるように、漫画で本人の生活がわかる方法があればいいのだと。


    使えるグッズがありました↓





    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    ADHD脳で人生楽しんでます! 走って転んで、また走る
    価格:1404円(税込、送料別) (2019/4/22時点)




    ひさしぶりの投稿です。

    いつもは毎週月曜日に更新していましたが、子供が中学校を卒業して就活をしている今は、今まで以上に子供に時間を使うので、毎週の更新が難しくなりました。

    就活をしているといっても、専門学校に行っていたわけでも職業訓練を受けた事があるわけでもありませんので、かなり難しいです。
    追い打ちをかけるように、中卒で年齢が15才とくれば、余計に例え障害者枠でもどこも雇ってはくれません。

    だからと家でじっとしているわけにもいきませんので、子供が出来る範囲での家の手伝いを率先してお願いするようにしています。

    料理や後片付け、掃除やペットの世話、庭の手入れや洗車など、毎日なにかしらの手伝いをお願いするように心がけているのです。

    しかしやはりそこは発達障害の子。
    ADHDの症状を持つ子なので、どうしても目を離すと棒を振り回して遊んでいたり、その場に留まっていないなど、与えられた仕事を最後までこなすことが困難でした。


    本人に聞くと、「なんか、分かんないけど、急に棒が触りたくなった」とか「飽きちゃう」と言っていました。


    そこで考えました。

    当人にもわかるように、最後までやり遂げられる方法があればいいのだと。


    使えるグッズがありました↓










    このページのトップヘ