こんにちは。 RECKLESS YOKOHAMAのSUZYです。
今日も、音楽で「笑顔の旅」を共に!!


「ボヘミアン・ラプソディ」を観ました。




この映画は、クイーン/フレディ・マーキュリーの成功と挫折の伝記的な映画です。フレディは、1991年。HIV感染合併症による肺炎によって、45歳の若さでこの世を去っています。作品では、クイーンのバンド結成から、1985年のLIVE AIDでのパフォーマンスまでが見事に描かれていました。


冒頭の20世紀FOXのファンファーレ、ではなく、ブライアンメイによるギターから、エンディングまで感動しっぱなしでした。
 
 
最大の感動ポイントは、「驚異の再現力」です。


予告編の段階で、既に度肝を抜かれていましたが、スクリーンに登場するフレディをはじめとしたクイーンのメンバーは、表情、癖、ステージアクション、どれをとっても、まるで生写しのよう。
似ている、という次元を遥かに超えており、ドンドン感情移入でき、グイグイとストーリーにのめり込んで行くことができました。
 
 
後から、制作側のインタビューを見ると、「"演じて"いるのではない、"生きて"いる」を目指したとの事。徹底的にメンバーを研究しつくし、「真似るのではなく、"動きを理解する"」という次元での役作りだったそうです。確かに、スクリーンに「俳優」はいませんでした。



そして、あのLIVE AIDの壮大さ。会場であるウェンブリースタジアムの約70,000人の大波は、当時テレビで観た想い出以上のものが再現されていました。全身、鳥肌モノでした。
細かいシーンでは、LIVE AIDのチャリティを受け付けている電話ルームのシーンが絶妙。インターネットがない時代に、アナログで募金を受け付けているスタッフ、そしてボブ・ゲルドフの映像にぐっと来てしまいました。
 
 
名作PV「I WANT TO BREAK FREE」も、そこまで再現するか!! というクオリティには脱帽でした。オリジナルはこちら。

 
 
ストーリーは、フレディ/クイーンが成功のステップを登っていく事にスポットが当てられ、テンポよく進んでいきます。


印象的だったのは、メンバーとの確執により、フレディがバンドを飛び出すも、離れたことでバンドの良さを再認識し、「戻らせて欲しい」とバンドに懇願するシーンです。フレディは超大物が故に、ソロアルバムの製作時には「誰もNOと言わない、みんなYESマンだった。」と振り返りました。バンドは家族、と気づくのです。「ぶつかり合う事で良いものが生まれるんだ」と人とのつながりやコミュニティの大事さを再認識しました。
   

余談ですが、「4DX」を選択したのは誤りでした(苦笑)「4DX」は簡単に言うと、遊園地のアトラクションのような仕掛けの体感型の上映システム。「ライブシーンがさぞかし五感に訴えてくるかな」という期待で、4DXに初チャレンジ。しかしながら、席が、縦に横に斜めに、無駄にグワングワン動くので、全く落ち着かない(爆)


リピートは、IMAXにしようかと思っています(笑)
 
 
では、また!!




 
 





音楽 ブログランキングへ