『日刊ヴィジュアル系の深読み話』

『日刊ヴィジュアル系の深読み話』は、 日本最大級のV系「解釈記事」サイトです。 もっと伝えたいV系アーティストと、もっと理解したいV系ファンの方の架け橋になれればと思い、深読みを展開しています。 ・・・3年以上毎日更新して、最近ようやく気づきました。 「V系、最高!」をいろんな言葉で書いてるだけでした† これからも書き続けます††

こんにちは。
神谷敦彦です。

サイトに登場するV系は6世代にまたがります。
「関ジャム音楽史~ヴィジュアル系編~」で使われた区分に
「黎明期」と「統一期」を加えてみました。

【ざっくり記事に出てくることの多いバンド】
■第0世代:「黎明期」:80年代※追加
DER ZIBET、DEAD END、BUCK-TICK、
THE YELLOW MONKEY、D'ERLANGERなど
■第1世代:「創生期」:90年代
X JAPAN、LUNA SEA、ZI:KILLなど
■第2世代:「黄金期」:90年後半
GLAY、黒夢、LArc-en-Ciel、
SHAZNA、MALICE MIZER、
FANATIC◇CRISIS、La'cryma Christi
DIR EN GREY、Janne Da Arc、PIERROTなど
■第3世代:「ネオヴィジュアル期」:00年代
Plastic Tree、MUCC、シド、NIGHTMARE、
the GazettE、MERRY、A9、SuGなど
■第4世代:「戦国期」:10年代
ゴールデンボンバー、己龍、R指定、
Angelo、摩天楼オペラ、MEJIBRAY、DEZERT、LIPHLICH、
ゴシップ、DADAROMA、Leetspeak monsters、Carpe diemなど
■第5世代:「統一期」:現代※追加
・ヴィジュアル・ジャパン・サミット2016:X JAPAN、LUNA SEA、GLAY主催
・This Is The "FACT:DEZERT主催
・ANDROGYNOS:PIERROT、DIR EN GREY
・THE INTERSECTION OF DOGMA:Angelo主催
・ABSTINENCE'S DOOR:D'ERLANGER主催
・トリビュートアルバム:D'ERLANGER、Plastic Tree、MUCC

こんにちは。
神谷敦彦です。 

V系の何が好きかと改めて考えると、
その振り切っている感だと思います。
「男なのに、メイク」だったり、
「この時代に、そこまで暗い」だったり。
誰かの基準ではなく、自分に正直でいる姿に
いつも励まされています。

インタビューを読んだりするひとつの楽しみは
この振り切っている感に出会えることです。
明確に言葉にできない方、できるけど話さない方など
たくさんのタイプがいる中で
はっきりと断言してくださる方は貴重です。

そんな振り切っている感を
明確な言葉にしてくださっている方に出会いました。
キズの来夢さんです。
ここまで言葉を操れる方なので
その言葉がナイフになることも
承知の上で鋭い言葉を発しているのでしょう。


【目次】 
(1)ビジネス目線もプロ意識も否定されました
(2)リスナー目線を否定することがファンのためになる
(2)編集後記
続きを読む

こんにちは。
神谷敦彦です。 

大好きだった「速報!歌の大辞テン」にならって
1年前の記事を掘り起こして今日で3日目。
本日は1月の最終週の記事を探してきました。
何となく記事の傾向があるかなと思ってましたが、
ないですね(笑)


2017年1月最終週の記事も偏っています。
Acid Black Cherryの「フライングゲット」、
V系の仕事論、大槻ケンヂさんの「初期衝動の先」 他です。


【目次】 
(1)1年前のV系記事への一言コメント 
(2)編集後記 
続きを読む

こんにちは。
神谷敦彦です。 

1年前の記事を読み返しています。
これがGLAYのAnthologyシリーズの気分でしょうか。
いろいろ発見があります。
が、1年前は振り返られても
2年前の記事は見るの怖いですね(笑)


本日は2017年2月1週目の記事を掘り起こしてみます。
ゴールデンボンバーのゲイツの「ネタバレNight」、
BUCK-TICK「アトム 未来派 No.9」、
the GazettEのRUKIさんの「NIL DUE / NIL UN TOKYO」など
まだ1年程度しか経ってないんですね。

【目次】 
(1)1年前のV系記事への一言コメント 
(2)編集後記 
続きを読む

↑このページのトップヘ