『日刊ヴィジュアル系の深読み話』

『日刊ヴィジュアル系の深読み話』は、 日本最大級のV系「解釈記事」サイトです。 ファンが唯一できること、 だけど最も大きな力を持つ 「語り継ぐ」「永遠に残す」ことを 読者の方とつくっていければと思います。 (V系バンドの伝説、エピソード、小ネタを募集しています) ひとつの深読み記事を通して「そんな見方もあるのね」と 楽しんでいただければ幸いです。 1000字を超える長文記事がほとんどですので、 眠れないときにご覧いただくのが ちょうど良いかもしれません††

登場するV系は4世代にまたがります。

V系の下地を作った第0世代のDER ZIBETやBUCK-TICK、
V系を世に生み落とし育ててた第1世代のX JAPANやGLAY、
V系冬の時代を支えた第2世代のthe GazettEや摩天楼オペラ、
V系乱立期のいまを彩る第3世代のゴールデンボンバーやMEJIBRAYなど
世代横断で盛り上がりたいと思います。

こんにちは。
神谷敦彦です。

本日はAngelo主催の
「THE INTERSECTION OF DOGMA」でした。
PIERROTとDIR EN GREYの戦火が
まるで飛び火(?)したかのような
戦闘能力の高い(?)出演者たちです。
>-Angelo Presents-「THE INTERSECTION OF DOGMA」
>Angelo・minus(-)・A9・NOCTURNAL BLOODLUST・MEJIBRAY

セットリストも戦争用でしたでしょうか。
と、戦争を軽々しく使うようになったのは
ANDROGYNOSの影響です(笑)

ANDROGYNOSとヴィジュアル・ジャパン・サミット2016を
凝縮したような時間で幸せでした。
もっと対バンイベント行きたくなりますね。
続きを読む

こんにちは。
神谷敦彦です。

昨日はゴールデンボンバーの
「MUKASHINO KINBAKU」 (昔の金爆)を観に
横浜アリーナに行ってきました。
セットリストもパフォーマンスもカオスで
あまり覚えていません(笑)
>「MUKASHINO KINBAKU」 (昔の金爆)7月26日(水) 神奈川:横浜アリーナ
>参考記事:【ロックのままピエロを演じるゴールデンボンバー】「MUKASHINO KINBAKU」 (昔の金爆)ファイナルを前に:1193話目

メドレーでいまのゴールデンボンバーも
見せてくださいました。
■セットリスト 
「女々しくて」、「†ザ・V系っぽい曲†」、
「デスメンタル」、「Dance My Generation」、
「「Please!×3」、「GLORY LOVE」、
「#CDが売れないこんな世の中じゃ」。
続きを読む

こんにちは。
神谷敦彦です。

本日はゴールデンボンバーの
「MUKASHINO KINBAKU」 (昔の金爆)を観に
横浜アリーナに向かう予定です。
7月はPIERROTとDIR EN GREYが闘ったり、
X JAPANが奇跡の夜を迎えたりと、
横アリの聖地化(?)がさらに推進されています。
>ファイナルのレポートはこちら
>「MUKASHINO KINBAKU」 (昔の金爆)7月26日(水) 神奈川:横浜アリーナ

セットリストもファンの方のレポートも見ておらず。
各地でパフォーマンスも違う?というようなことも
ちらほら聞こえてきて、全通の夢がまた燃えてきます。

今回の「昔の金爆」は過去から一貫してる
変わらないゴールデンボンバー、
初期衝動といわれるようなゴールデンボンバーを
体験することができるチャンスです。

ということで、本日はゴールデンボンバーと鬼龍院翔さんの
変わりつつある側面と、変わらない側面を
岡崎体育さんとの対談から考えてみます。
それは、「ロックのままピエロを演じる」ともいえる、
相反するふたつの考えを両立させたアティテュードでした。
続きを読む

↑このページのトップヘ