『日刊ヴィジュアル系の深読み話』

『日刊ヴィジュアル系の深読み話』は、 日本最大級のV系「解釈記事」サイトです。 もっと伝えたいV系アーティストと、もっと理解したいV系ファンの方の架け橋になれればと思い、深読みを展開しています。 ・・・3年以上毎日更新して、最近ようやく気づきました。 「V系、最高!」をいろんな言葉で書いてるだけでした† これからも書き続けます††

こんにちは。
神谷敦彦です。

サイトに登場するV系は6世代にまたがります。
「関ジャム音楽史~ヴィジュアル系編~」で使われた区分に
「黎明期」と「統一期」を加えてみました。

【ざっくり記事に出てくることの多いバンド】
■第0世代:「黎明期」:80年代※追加
DER ZIBET、DEAD END、BUCK-TICK、
THE YELLOW MONKEY、D'ERLANGERなど
■第1世代:「創生期」:90年代
X JAPAN、LUNA SEA、ZI:KILLなど
■第2世代:「黄金期」:90年後半
GLAY、黒夢、LArc-en-Ciel、
SHAZNA、MALICE MIZER、
FANATIC◇CRISIS、La'cryma Christi
DIR EN GREY、Janne Da Arc、PIERROTなど
■第3世代:「ネオヴィジュアル期」:00年代
Plastic Tree、MUCC、シド、NIGHTMARE、
the GazettE、MERRY、A9、SuGなど
■第4世代:「戦国期」:10年代
ゴールデンボンバー、己龍、R指定、
Angelo、摩天楼オペラ、MEJIBRAY、DEZERT、LIPHLICH、
ゴシップ、DADAROMA、Leetspeak monsters、Carpe diemなど
■第5世代:「統一期」:現代※追加
・ヴィジュアル・ジャパン・サミット2016:X JAPAN、LUNA SEA、GLAY主催
・This Is The "FACT:DEZERT主催
・ANDROGYNOS:PIERROT、DIR EN GREY
・THE INTERSECTION OF DOGMA:Angelo主催
・ABSTINENCE'S DOOR:D'ERLANGER主催
・トリビュートアルバム:D'ERLANGER、Plastic Tree、MUCC

こんにちは。
神谷敦彦です。 

昨晩はYOSHIKIさんが「自身の現在と未来」を
YOSHIKI CHANNELでお話されました。
特に未来に焦点が当てられていて、
YOSHIKIさんの孤高の思想が垣間見ることができ、
時には怖さを感じるほどでした。
>#YOSHIKI ロングインタビュー 〜#YOSHIKI が語る自身の現在と未来〜


私には「進撃の巨人 season3」のオープニングテーマ「Red Swan」の名義が
「X JAPAN feat. HYDE」から「YOSHIKI feat. HYDE」に変わった理由や
ネット記事に散見されていたToshlさんとの関係がどうなっているかはわかりませんでしたし、
関心としては優先順位が低いです。

それでも、YOSHIKIさんのお話をお聴きして、わかったことがあります。
でも、新事実としてわかったというよりも、
これまでYOSHIKIさんがお話されていたことの意味が
より深くわかったという表現の方が正確かもしれません。

YOSHIKIさんの思想は一貫されているのでしょう。
これまでわかっていなかった、文字通り身も心も削りながら世界進出を目指す理由と
私たちファンが何を問われているかを忘れないように、言葉にしておきます。
本日の記事は、個人的なメモの域を出ませんでした。

【目次】
(1)世界進出を目指す理由と1曲100年思想
(2)「X JAPAN」ファンが問われていること
(3)編集後記
続きを読む

こんにちは。
神谷敦彦です。 

本日は2018年7月2週目の
V系人気記事の1位から5位までを発表します。 

主な登場人物・テーマは、 
葉月さん・鬼龍院翔さん・Cazquiさんの「休戦宣言」、
the GazettEの「裏切る舌」とGRIMOIREの「ラストプレィ」の感想と解釈、他でした。

7月1週目のランキングの登場人物、テーマは 
V系名乗るとV系貶める問題、
追うべきファンの種類、宇多田ヒカルさん「真夏の通り雨」の感想 他でした。

【目次】 
(1)1~5位のV系記事への一言コメント 
(2)編集後記 
続きを読む

こんにちは。
神谷敦彦です。

本日はBUCK-TICKのTOUR「No.0」を観に行ってきました。
セットリストも含めて少しずつ更新していきます。
>TOUR No.0 NHKホール2日目 2018.7.19(木)
※次のページからセットリストを含むネタバレがございます。 
 ご注意ください。
※見逃しているシーンも多いですので、ぜひお聞かせください。
 最近思うのですが、ライブレポートは一人で書くよりその場にいた方全員でつくれたら
 360度レポートが完成しそうだなと思います。


櫻井敦司さんを見てるとアンドロイドになったり、
夢にうなされる子どもになったり聖なる母になったり。
終わり際にはアダルトな猫になったりもして、
性別やら種族やら何やらわからなくなりました。
夢と現実を行ったり来たりしているうちに
BUCK-TICKの世界にどっぷりはまっていたようです。続きを読む

↑このページのトップヘ