『ヴィジュアル系の深読み話』

『ヴィジュアル系の深読み話』は4年以上更新されている日本最大級のV系深読みサイトです。 レビューやライブレポート、V系文化やインタビュー内容の深読み記事を発信しています。 ビジネスや文化などの視点から、あの手この手を使って V系の魅力、音楽を深読みする楽しさの再発見すべく V系深読みライター神谷敦彦が書いています。

お休みしていたこの深読み話ですが、
少しずつ更新を再開しています。

例えばこういったものを淡々とお話ししています。
>ゴールデンボンバーの「さらば」〜歌詞の深読み話〜
https://www.youtube.com/watch?v=h_-JPoPo-80

>キズの「黒い雨」は「自分いない方がいいかな」と思う人ほど言えることがあると教えてくれる〜歌詞の深読み話〜
https://www.youtube.com/watch?v=GN8Ca60qfKQ

>まふまふさんの「だれかの心臓になれたなら@歌ってみた」が響くのは弱さなのか〜歌詞の深読み話〜
https://www.youtube.com/watch?v=vvyOF8qw1BY

誰がつくり、誰に向けたかが明確である曲。
現実を抉り出しながらも皮肉で終わらない曲。
言葉にならなかった思いを形にしている曲。
認識や意味付けを180度変えてくれる曲。
己の正義(もしくは悪)を伝えている曲。
思考の壁を突き破って心を鷲掴みにし、本音を引きずり出す曲。
温かい仄暗さを感じる曲。

こんな曲が好きなことがわかりました。

これからも深読み話をお楽しみいただければと思います。

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんが「振動」を歌っていて思いました。
ただの空気の揺れでしかない「曲」を、心も身体も動く「音楽」にしている一つの主体は
私たちリスナーではないでしょうか。

そうであれば、すべてを削り取って音楽を届けているひとの気持ちを
1割でも受け取れる聴き手になりたいです。
そのささやかな行動が、深読みです。

宜しくお願いいたします。

神谷敦彦

お久しぶりです。
神谷敦彦です。

お休みしていたこの深読み話ですが、
少しずつ更新を再開しています。

例えばこういったものを淡々とお話ししています。
>ゴールデンボンバーの「さらば」〜歌詞の深読み話〜


>キズの「黒い雨」は「自分いない方がいいかな」と思う人ほど言えることがあると教えてくれる〜歌詞の深読み話〜


>まふまふさんの「だれかの心臓になれたなら@歌ってみた」が響くのは弱さなのか〜歌詞の深読み話〜


「音楽は何のために、誰のためにあるのか」がわからなくなり、
私の音楽との向き合い方を否定していたことから、
深読みができなくなっていました。

少しずつ音楽が何のためにあるかが、
私の範囲にとどまってはいますが言葉にできるようになっています。
この状態であれば、深読みを再開できそうです。

とはいえ、これまでとの違いはあまりないかもしれません。
取り上げる曲はヴィジュアル系が多いはずです。

けれど、決定的に違うのは「ヴィジュアル系だから深読みする」わけではない点です。

誰がつくり、誰に向けたかが明確である曲。
現実を抉り出しながらも皮肉で終わらない曲。
言葉にならなかった思いを形にしている曲。
認識や意味付けを180度変えてくれる曲。
己の正義(もしくは悪)を伝えている曲。
思考の壁を突き破って心を鷲掴みにし、本音を引きずり出す曲。
温かい仄暗さを感じる曲。

そんな曲が好きなことがわかりました。
これらはジャンルや時代、性別や年齢などの後付けの境界線は必要ありません。

相変わらず客観的な解説や評論は目指すことなく、
主観と体験による深読みを続けていきます。
「このミュージシャンとあの哲学者が対話したら何が生まれるのか」という脳内妄想ですね。
またお付き合いいただけますと幸いです。

つきましては、ぜひチャンネル登録やコメント、高評価いただけると嬉しいです。
これまでもこのブログを通じて連絡をいただいたり、交流がはじまった方がいました。

一対一の言葉をくださった方、ありがとうございます。
「生きていることのマイナスとプラスを天秤にかけるとマイナスが上回っているのでは」という
罪悪感が拭えない私にとって、生きることにつなぎ止めてくださる大きな支えです。

今度は私から深読みを届ける、深読みをし合うリアルな場を設けることが願いです。

深読みのリクエストやコメント、質問もこれまで通り受け付けております。
匿名を希望される場合はマシュマロか質問箱をご利用ください。
あなたの深読みをお聞かせいただけることも楽しみにしています。
(サイズが大きい・・・)

◆マシュマロ
マシュマロ

https://marshmallow-qa.com/atsuhiko_kamiya

◆質問箱
質問箱

https://peing.net/ja/atsuhiko_kamiya

メールをご希望の方は下記までご連絡ください。
「s.sano@writing-partner.net」

これからも深読み話をお楽しみいただければと思います。

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんが「振動」を歌っていて思いました。
ただの空気の揺れでしかない「曲」を、心も身体も動く「音楽」にしている一つの主体は
私たちリスナーではないでしょうか。

そうであれば、すべてを削り取って音楽を届けているひとの気持ちを
1割でも受け取れる聴き手になりたいです。
そのささやかな行動が、深読みです。

宜しくお願いいたします。

神谷敦彦

GLAYのライブに行ってきました。
これから始まるツアーのセットリストをぎゅっと凝縮したライブですね。
アルバム『NO DEMOCRACY』のライブでもあります。
>「GLAY Zepp DiverCity Special~ Live DEMOCRACY 25TH ~ MOTEL GLAY “THE ONE∞ ROOM”」
 

(1)アルバムライブは安心感あるはずなのに、「悪いGLAY」でした(笑)

25年も活動しているバンドですから、
ライブで演奏しなくなるアルバム曲があります。
アルバム曲どころかシングル曲もですね。
「あの曲大好きなんだけど、久しく聴けてない」曲も出てきます。
だからアルバムライブはアルバムの曲が聴けるという安心感があります。

と、思ったら『NO DEMOCRACY』収録曲の中で
聴けない曲もありましたし、
『NO DEMOCRACY』どころかどこにも収録されていない曲もありました(笑)

「悪いGLAY」は続いているということでしょうか?
DVDのパッケージもわっるい(笑)
>GLAY 25th Anniversary “LIVE DEMOCRACY" Powered by HOTEL GLAY 2枚セット[Blu-ray] [DAY1 “良いGLAY" + DAY2 “悪いGLAY"]


(2)歳を重ねる美学もあるみたい

年齢を感じさせない美学があります。
「あの人、いつまで経っても若いよね/歳取らないよね/え、●●歳?嘘でしょ」という反応を引き出す方がいます。
時が止まっている人ですね。美しい。

一方で歳を積み重ねる美学があることを
GLAYのライブでは見せていただけているように思います。

前の方で見れたこともあって、
メンバーの方の表情がよく見えました。
あんなに表情って動いているんですね。
「2000人のファンに歌う」というよりも、
「一人ひとりの人間に歌う」という感じでした。

「今目が合った!」はライブに行く人の共通の体験かと思うのですが、
妄想ではないかもしれません。
TERUさんは確かに私に歌っている時があったし、
TAKUROさんもHISASHIさんもJIROさんも、
確かに私に音を届けていた、はずだ(笑)。

その表情を見ていると変な話、クシャッとしたかわいいシワもあれば
積み重ねた苦労を思わせる深いシワもあったように思います。
アーティスト写真では指先ツール(Photoshop)一つで、
ライブだってメイクでどうにでもなると思うのですが、
どんなメイクよりも自然とできたシワから受け取るものが多かったです。

歳を重ねた美学はあるみたいです。
それは内面ももちろんですが、
外見にも表れるようです。
「外見は最も外側の内面」のようなことを聞いたことがあるのですが、まさに。

(3)TAKUROさんの「紹介する言葉の力」を売ってほしい

今日もライブがありますし、これからツアーもあるのでネタバレは避けたい・・・
と考えるとGLAYのお人柄の話になっちゃうんですよね。

そうなると思うところは一つ。
TAKUROさんの「人の魅力を明確な言葉で引き出す力」が、ほしい。
TAKUROさんが話し始めるとTERUさんもHISASHIさんもJIROさんも、
まるっとGLAYも好きになるんですよね。

あの力はどこで養ってるんでしょうか。
どこかのインタビューで話してたかな。
ラジオだったかで、TOKIさん(C4)と「インタビュー千本ノックの訓練をしていた」なんて話をしていたような気がするんですけど、あれかな。

ご存じの方いらっしゃれば、ぜひお聞かせください。
twitterなどお気軽にぜひ。

作詞作曲で自分と対話する中で言葉をアウトプットする力が養われているのは想像できるんですけど、
人の魅力に気づいて的確な言葉つけるのはどうやって鍛えたんでしょう。
その方法も気になりますし、人の魅力に言葉をつけようと思ったのであれば
その経緯と意志も知りたい。

X JAPANのYOSHIKIさんを「登るならYOSHIKI山」と
ユーモア交えて映画の中で語っていたことも記憶に新しく残っています。
YOSHIKIさんの乗りたくなる夢を掲げる力、ムチャしても何だか好きになっちゃうお人柄に言葉つけた例です。

参考記事はこちらです。もう2年前に書いた記事なんですね。

YOSHIKIさんのお人柄も一言で魅力的に綴れるということは、
TAKUROさんは「GLAYのメンバーだから言葉が見つかる」というわけではないということです。
ということは、再現性あるスキルをお持ちのはず・・・書籍化を・・・ぜひ・・・
『胸懐』の続編の一つの章くらいにはなるはず(笑)

(4)編集後記

「何が起こったか」という詳細なライブレポートは書けなくなりました。
ネタバレは避けたいという理由もありますが、
論理よりも感性で音楽と向き合う時間を増やしたいという理由が強いです。

あまり公共性のない読みにくい文章がしばらく増えそうです。
また深読み記事書きたいですね。良い曲はたまっています。
それこそGLAYの「戦禍の子」は書いておきたい。
あとキズの「黒い雨」と「銃声」。SHINさんの「AZALEA」も。

続きを読む

こんにちは。
V系深読みライターの神谷敦彦(@atsuhiko_kamiya)です。

第3回の「最近のV系を語る会」が目前に迫ってまいりました。
(詳細はこちら。チケット受付はこちら。)
1012_flyer_new-548x353

そして、ロック喫茶&居酒屋「ROCK CAFE LOFT is your room」で開催された
第2回の「最近のV系を語る会」レポート(前編)を
ようやく公開します。。。

※「最近のV系を語る会」とは!漫画でお伝えします。
「本当に大切なことは、言葉にならない」とV系に教えてもらいました。
EGMdoqkVAAAEynz


「遅すぎてもう意味ないですかね?」と弱気になる神谷に対して、
「第3回をイメージしてもらう材料になりますね!」とサポートしてくれる登壇者のオザキさん。
V系を聴いて育つと優しくなることが証明されました。

ということで、「第2回最近のV系を語る会」の前編レポートを公開します。
後編はそうですね、善処いたします。

(1)令和を彩るV系バンドたち~ゴールデンボンバー、BabyKingdom、キズ、GLAY~

第2回は7月20日(土)に開催されました。
この5月~7月までの期間は、日本が大きく変わった3ヶ月でもあります。

そう、改元です。年号が平成から令和へとシフトした3ヶ月です。

「令和とヴィジュアル系」と言えば、やはりゴールデンボンバーの『令和』でしょう。
主催者の藤谷さんがゴールデンボンバーが『令和』に込めた思いを解説を
そしてオザキさんからは「ほっこりエピソード」が披露されます。



藤谷:
『女々しくて』から10年、ゴールデンボンバーはまたひとつ代表曲をつくったともいえるでしょう。
「誰よりも早く新元号ソングをリリースする」という過程を見せることで、
テレビの改元特番でも中継されたりして、話題作りが本当にうまい。
「おめでたいムード」の演出をしている。
新元号や和風衣装など、一歩間違えたらふざけすぎて「不謹慎」と言われるかもしれない。
そこをいち個人の想いに終始させたバランス感覚。
和風の衣装も「北九州の成人式」でおなじみの貸衣装屋「みやび」という最高のチョイスです。
炎上を恐れているというよりは、炎上商法ってよくいうけど、
「ああ、あの炎上したバンドね」っていうレッテルをはられてしまうじゃないですか。
全然商法じゃない。

オザキ:
なんでも泣いた赤ちゃんが泣き止むとか。
あとは全校生徒で踊ったらサインプレゼントみたいなキャンペーンもしてますよね。
「振付見やすい動画」のバージョンもあります。
泣いた赤ちゃん、泣き止みそう。



新元号を祝ったV系バンドはゴールデンボンバーだけではありません。
藤谷:
これは忘れてはいけないですが、
B.P.RECORDS所属のBabyKingdomも
新元号ソング「#令和 KAWAKIRI-GATE」を発表していたんですよね。


そしてオザキさんが神谷にパスをくれます。
オザキ:
令和を歌うバンドもありながら、
キズは『平成』という音源を出したりもしましたね、神谷さん。

神谷:
「俺らは壊すことしかしない。作るのは聴いた人」と突き放すような発言をする一方で、
「優しい気持ちになった」とも話しています。
荒々しい音の中でどんな優しさが感じられるか
曲を楽しむ一つの道かもしれないですね。
「大御所」と言われるV系バンドも、
令和になるタイミングで曲を発表しています。
オザキ:
GLAYという国民的バンドだからこそ出来る曲が『元号』でしたよね。

藤谷:
非現実的なことを歌いがちとされるV系ですが、
世相や社会を投影した表現も多い
んですよ。 
MVも、自分たちの過去の映像も交えて、時代とクロスオーバーさせていますよね。


「V系の曲を聴けば時代が分かる」
と、誰かが言ったとか、言わないとか。

(2)悲しいことも起きました~Janne Da Arcの解散~

しかし、令和になったタイミングは、
めでたいことばかりではありませんでした。
Janne Da Arcの解散の発表です。
藤谷:
令和発表のハッピームードの数時間後に大きなニュースがありましたね。

オザキ:
Janne Da Arcの解散です。近年の解散ネタの中では特に大きい話でした。
現役のバンドマンがあれほど解散に対して言及したのは見たことなかったです。
 
藤谷:
自身のルーツにJanne Da Arcをあげているバンドマンも多いですもんね。
エイプリルフールだと思いたかったですね。
 
オザキ:
僕は初めて自分で買ったCD、初めて見に行ったライブもジャンヌだったし、
実質もう10年以上Janne Da Arcとしては活動してないので
これまでと変わりはないんですけど、
改めて解散と言われるとショックでした。
解散の知らせを見た時は、
心にヒビが入った音が聞こえたかのようでした。
yasuさんからの言葉、そしてyouさん・kiyoさん・shujiさんからの言葉も掲載されています。

初めてJanne Da Arcを知った曲である『Rainy~愛の調べ~』が忘れられません。
サビから始まるシングルバージョンだったということもあり、
yasuさんの声が綺麗すぎて「!!??」となり咳き込んだことを覚えています。
※MVがないのが悔やまれます

(3)平成最後の日、どこにいましたか~私はBAROQUEに~

さて、このレポートを読んでくださっているあなたに質問です。
「平成最後の日、何をしていましたか?」

これまでも多くの終末を歌ってきたV系(?)は、
平成の終わりもライブで告げています。
BAROQUEを見に行ったオザキさんが、熱い。


オザキ:
ちなみに平成最後の日は日本橋三井ホールにBAROQUEを見にいってました。
復活してから初のホールライブで、これまで圭さんがTwitterに書いていた“
#PEP”の秘密がここで解けると言われていたんです。
それは結果的に再来週発売するアルバム「PUER ET PUELLA」の頭文字で、
その楽曲を発売前に全曲披露するワンマンでした。
ホールなので照明も映像もふんだんに使った豪華なライブでした。
 
藤谷:
ホールでのライブが目に浮かぶような、広がりのある音ですね。

オザキ:
解散前の『sug life』やkannivalismの『helios』、
復活後の『PLANETARY SECRET』の系譜を継ぐような
作品になるんじゃないかと思っています。
マニアックさもありつつポップ。
やりたいことをポップに落とし込むのが一番難しいとは思うんですけど、
今のBAROQUEは一番脂がのってると思います。
美術館にいるような感覚でライブを見れます。「楽しい!とか「暴れる!」とかではなく。
心が満たされるような、良いものを見たっていう感覚で家に帰れるんですよ。

(4)這い戻ってくるV系バンド~gulu gulu、NICOLAS、LIPHLICH、vistlip、NUL.、DuelJewel、deadman、DELUHI、FEST VAINQUEUR~

「解散があればその逆で、しばらく活動していなかったバンドマンが
新たなバンドでシーンに戻ってくることもある」と
藤谷さんがV系にある一つの流れを話します。

藤谷:
4月の「キュアフェス」で始動したgulu guluも、
ex黒百合と影の鳴さん(現在の名義は哀)や
exグリーヴァの緋雨さん(現在の名義は藍珠)が在籍しています。
神谷さんは gulu guluご覧になられましたか?
※キュアフェス:【Cure World Visual Festival 2019】の略称

神谷:
見ました!「処女作『変なメリーゴーランド』」が示している通り、
どこを切り取っても「気味悪さ」があって頭から離れません。
キュアフェス当日には、自分たちのページのハッシュタグの着ぐるみ?でいいんですかね。
頭からすっぽり被って客席を歩いていました。攻撃力高い。

オザキ:
gulu guluも始動しましたし、時期を同じくしてNICOLASも始動しました。
どちらも元々Ainsに所属してた方々ではあるんですけど、
gulu guluは黒百合と影の色を残しているのに対して、
NICOLASはゴシップとは方向性を変えてきた
ので
元Ains組のそれぞれみたいな感じで面白かったです。






解散して戻ってきたメンバーのバンドを見る時は
「また好きになれるかな」と少しの不安もあるのですが、
やはり戻ってくると嬉しいですね。
始動もあれば「嬉しいカムバック」も見られます。
藤谷:
LIPHLICHも6月のライブで新体制になりました。
進藤渉さんという個性的なベーシストの後任ということで、
どうなることかと思っていましたが、
新しいベーシスト、竹田和彦さんの加入したLIPHLICHの魅せ方が
完成されているように感じました。
ライブはバッチバチで、攻めの姿勢があったんですよ。
もしかしたら「背水の陣」のような想いもあるのかも。


オザキ:
他にも※vistlipの智さんも全快して復活しましたし、
ex.D’espairsRayのHIZUMIさんも久しぶりにこのシーンに
NUL.というバンドで復帰しました。
またメンバーが昔ディスパのプロデュースをしてた岸さんと
過去にディスパと全米をまわったdefspiralのmasatoさんというのが泣けます。

※vistlipの智さんの全快:巨大肺のう胞を発症し、手術は成功したものの経過観察中に肺気胸を発症したため、なかなか回復の兆しが見えず公演延期にしていた(引用元はOK Music






再結成や復活の話もありました。
解散時に止まっていた時間が、また動き出すような大きな話です。
藤谷:
DuelJewelの復活も良いニュースですね。

オザキ:
喉の不調から復帰した隼人さんが、
同じ病気のflumpoolの山村さんのボイストレーナーもやっているんですよね。
自分の経験をもとに出来ることをやっているのが素晴らしいですよね。

藤谷:
flumpoolの山村さんのドキュメント番組でもお見かけしましたね。




「あのバンドは、復活するはず!」と根拠はないけれど信じていることもあれば、
「ないな・・・」と諦めてしまうバンドもいます。
しかし、望みはないと思っていたバンドも、復活する時があるんです。
大槻ケンヂさんの「ロックバンドの解散とプロレスラーの引退は信じちゃいけない」という名言を思い出しますね。
オザキ:
そしてdeadman。びっくりしましたね。
僕はこのニュースをlynch.のLINEで知って、
はじめは情報の咀嚼が追い付かずに二度見しました(笑)。
どうやら2020年の9月まで復活を延長するみたいですね。
※deadmanの映像がないので、HPをぜひ。

藤谷:
ちょっとチケットがご用意されなかったので、
今後タイミングを作って観に行きたいです。

オザキ:
DELUHIも限定復活ではあるんですが復活するとは思ってなかったです。
赤坂BLITZもO-EASTのライブもどちらも見に行きましたが、
8年ぶりとは思えないライブでした。
さらに解散後のそれぞれの経験をDELUHIに還元していて、
当時は若くてやんちゃだったのは良い意味で大人になったDELUHIを感じました。
改めて見るともちろんバックボーンはメタルなんですけど、
曲の幅の広さとか魅せ方のバランスの良さはヴィジュアル系
だなと思いましたし、
活動自体は3年だけですけど、シーンに爪痕を残して一時代を築いたバンドだなと思いました。


DELUHIがそうであったように、FEST VAINQUEURもバンドの活動は止めつつも、
メンバーが各々で活躍の道を切り開いていました。
「活動休止や解散=すべての終わり」ということではないんですね。
オザキ:
FEST VAINQUEURの復活と独立もありました。

藤谷:
休んでいる間もそれぞれ活動されていましたし、
CDショップでもファンによるメッセージの寄せ書き企画をやっていたりしていましたね。

(5)編集後記

前編はこちらで終了です。
好きなものを音楽もヴィジュアルも全部盛り込むという
「ヴィジュアル系の足し算の美学」を象徴しているようなレポートですね。

要は盛り込みすぎです。

後編も、公開する。かも。
後編はお客さんが推しバンドを熱く語るコーナーもあって、
これがメインアクトと言っても過言ではないんですよ。

第3回の「最近のV系を語る会」、お待ちしています!
台風大丈夫ですかね。
(詳細はこちら。チケット受付はこちら。)
1012_flyer_new-548x353

EGMdoqkUcAAaxP4

執筆:神谷敦彦(@atsuhiko_kamiya)/監修:藤谷千明(@fjtn_c)、オザキケイト(@lellarap__

↑このページのトップヘ