こんにちは。
神谷敦彦です。

Initial’Lの初ワンマンを
目前に控えて高まっている中で
Acid Black Cherryの 
"yasu以外の刺激的な血"注ぐ「Acid BLOOD Cherry」が
アナウンスされて、
たぎるレベルまで高まりました。
>参考記事:【Initial’L初ワンマンの感想とレポート〜Lycaonからの羽ばたき〜】「VISION TO VISION In TSUTAYA O-EAST」 2017.4.20(木)

両者に交友関係、
例えばInitial’Lの悠希さんが
yasuさんをリスペクトしているなどの
情報は持っていませんが、 
お二人ともV系シーンの中で
女性目線の曲、艶のある女性ボイスが
数ある魅力の中のひとつです。 

ということで、Initial’Lの
初ワンマンを記念にしたいのか
Acid Black Cherryの
「Acid BLOOD Cherry」を取り上げたいのか
ぶれていますが、
V系と大槻ケンヂさんが著書の中で書いている
女性の3つの「セイ」の系譜について
書いてみたいと思います。 

【目次】
(1)女性が泣いている声
(2)女性の3つの「セイ」を表す声
(3)編集後記

(1)女性が泣いている声
V系の中で泣いている声といえば
MERRYのガラさんが真っ先に浮かびます。
「平日の女」を聴きたくて
ワンマンに出かけたのが懐かしいです。

ガラさんの声は不思議なもので
男性とも女性とも形容しがたいような。
「平日の女」に代表されるように
女性目線の曲がありますが、
性別を超えたような愁いを帯びています。

一方でInitial’Lの悠希さんは
女性ボーカルと聞き間違えるほどの
艶のある声の持ち主です。
ちなみに音楽を聞かない友人に
「艶のある声」は通じなかったので、
声に艶があるとは言わないのでしょうか、、、

もう少し詳しく申し上げますと、
女性ボーカルのボーイッシュな声といいますか。
もしくは声変りをする前の
少年のソプラノといいますか。
性別をいったりきたりするような
想像力を掻き立てられます。

初めて悠希さんの声に出会ったのは
Lycaonの「麻薬」、
はまったのは「Shadow」、
ワンマンに行こうと決めたのは
「ジプシー」でした。
(シングルばかりで
にわか体質がにじみ出ています笑)

悠希さんの声に引き寄せられて音源を辿ると
中森明菜さんの「DESIRE」をカバーしていたり、
そのルーツには女性ボーカル、
歌謡曲があることがわかり、
さらに深みにはまっていきました。

話は横にそれますが、
「#CDが売れないこんな世の中じゃ」で
話題をさらって「アモーレ」で
ファンの心をさらに鷲掴みにしたゴールデンボンバーも
20周年記念LIVEでファンとの絆をより強めた
逹瑯さんのMCが忘れられないMUCCも
歌謡曲テイストを持つV系のひとつです。
>参考記事:【チケット代の良い稼がせ方、悪い稼がせ方】MUCCの逹瑯さんのファイナルでのMCに寄せて

V系と歌謡曲は相性がいいとよく聞きますが、
どちらも日本発祥の音楽のひとつであるため、
自然と日本人のリスナーが
聴きやすいのかもしれません。

・・・戻ります。

V系の魅力のひとつは
ヴィジュアルをはじめとした
その過剰さです。
SUGIZOさんもhideさんの
オフィシャルブックの中で
「X JAPANはメタル・シーンの頂点」かつ
「ヴィジュアル・シーンの起点」としており、
過剰さに注目しています。
■SUGIZOさんの「FFICIAL BOOK hide BIBLE hideを愛する全ての人へ贈ります」からの引用
未だに、Xより速くて高くて派手なバンドって日本にはいないでしょ?
Initial’Lの悠希さんもこのまま
「未だに、Initial’Lより女性っぽくて高くて
歌謡曲の似合うボーカルのバンドって
日本にはいないでしょ?」と言われるくらい
過剰さを足し算していってほしいです。

(2)女性の3つの「セイ」を表す声
V系の中で女性のようにハイトーンボイス、
かつ女性の中でも夜の女性を通じて
人の心理を抉り出すのが
Acid Black Cherryです。

Acid Black Cherryがこれまで
「少女の祈り」や「黒猫」の
主人公である女性は
異性のトラウマを持っていたり、
それを反動にして強く生きる様を描いています。

一連の女性たちは一体なにをきっかけに
作品のテーマになり、
楽曲の中で生き始めることになったのかと
知りたくなるわけですが、
それはyasuさんが女性をどのように捉えているのかが
ヒントになるのかもしれません。

そのヒントはご本人以外の情報から
見つけることができました。
大槻ケンヂさんが
「バンドマンの恋人になる方法」の中で
男性が異性を「性と聖と生」の
三つに分類すると
お話しされています。
■大槻ケンヂさんの「バンドマンの恋人になる方法」からの引用
男は異性を三種類に分類する習性がある。
「性と聖と生」
セクシャルの対象としての性。
神聖で汚すべからず尊敬の対象としての聖。
それに、趣味や日常生活のパートナーとしての生。
この三つの「セイ」が混在してこそ理想の相手と呼べる
Acid Black Cherryの曲を楽しむのに
欠かせない視点のひとつは
セクシャル、性への考え方ですが
その性は大槻ケンヂさんの仰る分類でいうと
「性と聖」でしょうか。

「セクシャルの対象としての性」は、
「Greed Greed Greed」などの
欲望を隠さない曲で表され。

「イエス」などでは
「神聖で汚すべからず尊敬の対象としての聖」を表すように
セクシャルな匂いは一切しません。

と、思ったら「チェリーチェリー」が描く性は
「趣味や日常生活のパートナーとしての生」かもしれません。
yasuさんが女性に対して
様々な見方をされていることがわかりました(笑)

yasuさんの女性の声のようなハイトーンボイスは
「性と聖と生」といった女性の多様の性を表す
不思議な声といえるでしょう。

(3)編集後記
ひとことで「女性の声っぽいボーカル」、
「女性目線、女性が主人公の曲」といっても
大槻ケンヂさんの仰る「三つのセイ」のように
多用な見方ができました。

Initial’Lの悠希さんも
Acid Black Cherryも
「女性」らしさのある声であり曲を持ちますが、
その中身はそれぞれ異なるものでした。

自分ひとりで音楽を聴いても
楽しみ方は限られますが、
今回の大槻ケンヂさんのように
独自の視点をお持ちの方の言葉をお借りすれば
楽しみ方も広げられそうです。

またV系の中から女性っぽい声のボーカル、
女性目線の曲が見つかったら
大槻ケンヂさんの仰る「三つのセイ」から
鑑賞したいと思います。

・・・まったく余談ですが
Acid Black Cherryの「Acid BLOOD Cherry」の
「CD Only」版のアルバムのジャケットが
氷室京介さんの『IN THE MOOD』の
オマージュのような気がしました。
「CLOUDY HEART」のカバーを思い出しますし、
リスペクトを表明しているのかなと
妄想膨らみませています。

==========  
『日刊ヴィジュアル系の深読み話』、神谷敦彦については  
こちらのページをご覧ください。  

現在、「バンドを語り継ぐ」企画として
みなさんの応援するバンドの
伝説、エピソード、小ネタを募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

「日刊ヴィジュアル系の深読み話」をメルマガで購読する場合は  
こちらからメールアドレスを入力して送信してください。  
毎日18時頃にこちらのブログ記事の読みどころをまとめた  
要約版を発行しています。  

お問い合わせ・ご依頼・記事テーマのリクエスト先は下記となります。  
・メール:record8memoryXgmail.com  
※Xを@に変換してお送りください。   
・ twitter:@atsuhiko_kamiya 
・LINE@:神谷敦彦【日刊ヴィジュアル系の深読み話】 
==========  
 

【Initial’L関連の記事】
(1)【「ショートコント、ヴィジュアル系」動画3連発】ノクブラ尋さん×Initial'Lサトシさん
(2)【ノクブラ主催の感想とレポート】「IRIS & CRISIS presents The Royal War Vol.2」 2017.03.05 [Sun] 恵比寿LIQUID ROOM
(3)【ヴィジュアル系の解散LIVEの終わらせ方】Lycaon LAST LIVEに寄せて:『MASOCHIST RED OBSCURA Vol.2 -endroll-』赤坂BLITZ