こんにちは。
神谷敦彦です。 

本日は2018年6月1週目の
V系人気記事の1位から5位までを発表します。 

主な登場人物・テーマは、 
the GazettEのV系「宗教観」、キズのライブのレポート、
hideさんの「自分嫌いの3割」 他でした。

5月4週目のランキングの登場人物、テーマは 
RYUICHIさんとSATOちさんのアスリートの魅力、
「ファンのために」音楽はつくれない、
聴いている音楽と性格は関係あるか 他でした。

【目次】 
(1)1~5位のV系記事への一言コメント 
(2)編集後記 

(1)1~5位のV系記事への一言コメント 
■1位:【V系シーンは自分から意識的に背負えない】the GazettEのV系「宗教観」:1510話目

「V系シーンを背負っている」と言えばV系が好きな方、
その業界で活躍されている方の支持を集められるのに
それをあえて言わないで、しかも「シーンを背負うなんてできるのか」とまで
問題提起してしまう。
不器用なのか正直なのか。


V系好きとしては「シーンを背負っている」発言を聴ければテンションが上りますが、
はっきりと「シーンを背負うなんてできるのか」と仰るその真っ直ぐさも魅力にうつります。

しかも、後のV系シーンと呼ばれた方々も、無意識にシーンをつくっています。
シーンは無意識につくられるのだとしたら、継承のされ方も無意識なのかもしれません。

■2位:※セットリストあり【キズのライブのレポートその1『オープニング』から『ELISE』~「生きてて良かったです」と言ったのになぜもがく~】MIND-V主催 新宿BLAZE 2018年6月8日:1512話目

以前に「●●●を好きなひとは信用できる」とか、
「●●●を聴いているひとは音楽IQが高い」という話を見ました。
音楽を語るときに客観的に良い悪いをつけることはできるのでしょうか。

ライブのレポートを書いていても客観的に書こうと思えば思うほど、
セットリストの羅列に近くなっていきます。
主観が集まるライブレポートもおもしろそうですかね。


ライブ後にtwitterを見ていると、ものすごい細かいところまで見ていたり、
深く読み取っている感想をよく見ます。
あれがひとつになっているライブレポートは、公式にはならないかもしれないですけど
熱が伝わってくるので編集してみたいです。

■3位:【ファンの「応援しています!」は真実か】hideさんの「自分嫌いの3割」を埋める存在:1507話目

ファンからすればミュージシャンは絶対的な存在で、
ミュージシャンからすればファンは絶対的な存在だと
お互いが思い合っているのがちょうど良い割合でしょうか。


ミュージシャンやファンのスタンスによって
ミュージシャンが9でファンが1、もしくは反対などの
極端なバランスの場合もあるのでしょうか。

hideさんが自分のことを「全体の3割は嫌い」と仰っていたように
7がミュージシャンで後の3割をファンが埋めて
ステージの上で完全な存在となるのが
ちょうど良い割合なのかなと思っています。

■4位:【「道半ばで終わりたい」と「完全に終わりたい」】真矢さん(LUNA SEA)、九条武政さん(己龍)、来夢さん(キズ)の死生観:1509話目

インタビューを読んでいていつも知りたいテーマは、
動員数やセールスといった数字が目標にならなくなったあとのミュージシャンが
どんな目標を掲げるのかです。

理由はシンプルで、それが音楽を続ける理由でしょうし、
ミュージシャンの方の一番の核の部分が見えそうだからです。
その部分が相対的に下がっている音楽の価値を上げるのかなとも思います。


動員数やセールスといった数字目標は足かせになる一方で
受験勉強や営業目標のように考えなくても終えばいいものとして便利ではあります。
それがなくなったときに音楽をする理由を自分で見つけ出すことになるので
最もそのミュージシャンらしい音楽がつくられるタイミングかもしれません。

■5位:【hideさんが考えるコンプレックスの定義】「生きるバネ」と書かれた「hide word FILE」を読みながら:1505話目

認識を一気に逆転させる言葉を発する方がいます。
特にマイナスだと思っていたことを
プラスの解釈に変えてしまうほどの力がある言葉もあります。

ミュージシャンの方のコンプレックスに関する言葉が、
認識をひっくり返してくださる代表的な言葉です。
hideさんの『神が与え賜うた「生きるバネ」』などです。


コンプレックスもそうですが、「客観的に見てそれしか解釈はない」というものは
数字くらいしかないかもしれません。
それなのにコンプレックスで悩むのは、自分で首を絞めているのでしょう。
くせ毛で悩んでいた頃の自分にはくせ毛は一大事でした(笑)

(2)編集後記
関東が梅雨入りしてV系から雨の曲がリリースされるかと思ったら
そんな単純なことは起きることはなく。
関東出身の方ばかりでは当然ないですし。
雨はX JAPANの「ENDLESS RAIN」の影響なのか
バラードが似合う題材なのかなと、雨を見ると思います。

========== 
【V系バンドマンの方へのお知らせ】
「ノーカット版インタビュー」をはじめます。
詳細はこちらからご覧ください。
========== 

========== 
『日刊ヴィジュアル系の深読み話』、神谷敦彦については    
こちらのページ をご覧ください。    

「日刊ヴィジュアル系の深読み話」をメルマガで購読する場合は    
こちらからメールアドレスを入力して送信 してください。    
毎日18時頃にこちらのブログ記事の読みどころをまとめた    
要約版を発行しています。    

お問い合わせ・ご依頼・記事テーマのリクエスト先は下記となります。    
・メール:record8memoryXgmail.com  
※Xを@に変換してお送りください。     
・ twitter:@atsuhiko_kamiya 
・LINE@:神谷敦彦【日刊ヴィジュアル系の深読み話】   
==========  
  

【V系人気記事関連の記事】  (2)【ランキング発表】2018年5月2週目のV系人気記事:V系職人バンドマンの影の努力、V系シーンを食いつぶす犯人、次のV系の歴史は「美学系」 他:1488話目
(3)【ランキング発表】2018年5月3週目のV系人気記事:「音楽は作者のものではない」流れ、V系バンドが劣化版コピーになる理由、MUCCのSATOちさんの「1周する痛み」他:1496話目
(4)【ランキング発表】2018年5月4週目のV系人気記事:RYUICHIさんとSATOちさんのアスリートの魅力、 「ファンのために」音楽はつくれない、 聴いている音楽と性格は関係あるか 他:1504話目