2006年05月17日

さあ聴いてくれ

先日リリースいたしました『from womb to tomb』
Camnet Radioさんのご好意で試聴可能です。

右欄Linksの " indies channel ” をクリックしてください。
今だけトップ記事みたいになっちゃってます。笑
最近録音した「だきしめる」と言う新曲も、今ならフルバージョンで聴けます。

それから以前の楽曲も " jet street " で試聴できます。
是非聴いて下さいね。



recording_lab at 22:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0) songs & discography | information

2006年05月07日

スペシャルゲスト

"Voice healing " at Desperado

3daa2a14.jpg

  
  特集「甲斐サエコ」 
  
  写真をクリックすると拡大できます。



いや、サエコさん。
マジ可愛い。かぁわぁいぃぃ♪ 
若い頃の菊池桃子にソーックリなんですよ。
そのうえ、歌が上手い! 
表現力や立振る舞いも華があり、オーラ出てました。
会場の演出とも相まって、最高のステージではなかったでしょうか。

彼女が単身岡山へやって来て、ライブをするのでサポートしてほしい
と、主催者モトヤンから依頼があって、最初は「へっ?」
次は「うっわぁ〜」てな感じで、この話は始ります。
お互いを全く知らない同士、どうなるんだろ?

とにかく演奏曲を決めて、必要に応じた演奏者を集めなきゃと奔走開始。
まずは、演奏曲をサエコさんとメール/電話/FAXを駆使して決定。
曲の感じからピアノ・ベース・パーカッションがいいと考察。
ベースは俺が弾きゃいい。ピアノだ!ピアノニストがいる。
ってことで、以前一緒にバンドをやっていた京子ちゃんに連絡し
俺「弾いてくんない?」 
京「いいよOK〜」
よし次は打楽器だ。パーカッショニストだよ。
いるじゃん。身近にいるじゃん。 
俺「な、光男くん!」うむを言わさず決定。
 ※じつは光男くんも同じバンドに在籍していた。
それからtoaちゃんに電話して
俺「なだそうそう歌いたいって言ってたよね。あれジョイントで演ってよ」
toa「ほぉ?できるかなぁ・・・」
俺「大丈夫!だいじょーぶだってば」

リハーサルを数回かさね、なんとか形になり当日を迎えました。

play list
opening[piano solo]
1.アメイジンググレイス [ vocal.Saeko & piano.Kyoko ]
2.トゥルーカラーズ [ vocal.Saeko/piano.Kyoko/bass.Aoching/per.Mitsuo ]
3.なだそうそう [ featuring.toa ]
4.もののけ姫 [ vocal.Saeko/piano.Kyoko/bass.Aoching ]
encore
ティアーズインヘヴン[ vocal.Saeko/piano.Kyoko/bass.Aoching ]

続きを読む

recording_lab at 18:35|PermalinkComments(3)TrackBack(0) live report 

おくればせながら

" Voice healing " at Desperado

4月23日は、とてもいい夜でした。
イベントライブですから、やっぱり雰囲気が違います。
まず会場。慣れ親しんだデスペラードが、お花畑に変身。
おまけにテーブルの上は、キャンドルの淡い光かユラユラ・・・
アロマオイルの香りがほのかに漂って
「きれーだなぁ」
「ねぇ、ここはどこ?」
もうα波全開のリラックスモード。
楽屋には出演者のために、飲み物や軽食.おやつなどが
さりげなく置いてあるし。。 もう最高って感じ!


840ede49.jpg play list
 1.立ち漕ぎ自転車郵便ポスト
 2.朧月夜
 3.春かすみ
 4.空になるとき
 5.だきしめる[新曲]


ステージ前の両脇に”菜の花”ですよぉ。
われわれの選曲もイベントの趣旨にマッチした、いい感じ。
続きを読む

recording_lab at 15:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) live report 

2006年05月06日

一年越し

9d91dc25.jpg



    3rd single
  " from womb to tomb "




収録曲
01.立ち漕ぎ自転車 郵便ポスト
02.奏出 〜うかえで〜
03.春かすみ
04.空になるとき

〈解説〉
このCDでは「爽やかで芯の強い女性」という雰囲気を表現してみました。
タイトルは「一人の女性。繰り返される人生を表してるような言葉」
と光男くんが言ったのをヒントに「from womb to tomb」ってのは?と私。
直訳の意味はちょっと違いますが、いいんじゃないってことで決定。


"立ち漕ぎ自転車 郵便ポスト"
季節的にこれをトップにしました。
作詞は光男くん、作曲がtoaちゃんのゴールデンコンビによる楽曲。
この曲ねぇ・・ じつは自転車のスピード感を出すのに苦労したんすよ。
リズムトラックとギターを収録してはiPodに入れて
大声で歌いながら、ママチャリを乗り回したというエピソード付きです。


"奏出 〜うかえで〜"
次の曲へ導くための短いインストです。
でも、クリエイターとしての意地を見せようと、小さな仕掛けを色々してます。
誰か気付いてくれないかな・・・
うかえで は「四月」という意味。光男くんが名付けてくれました。


"春かすみ"
いい曲でしょう? だからシンプルにピアノ弾き語り。
目を閉じてイントロを聴いてると、木蓮の花がはらっと落ちていく様・・
でも、みなさん知ってますか? 弾き語りってのが、意外や一番難しいんです。
歌い手も録音する側も、緊張しっぱなしなんですよ。


"空になるとき"
作詞はtoaちゃんの友達で、しのぶさん。
この曲はずいぶん昔のライブから演奏し続けていて
「CDにならないんですか」という要望が多かった楽曲です。
じつは、早くから手をつけていた曲なんですが、随分悩みました。
作っては「駄目だ!」と陶芸家が作品を壊してしまうような
試行錯誤を何度も繰り返し、やっと納得できる形になりました。
「テクノ的なアプローチに、toa本来のオーガニックな要素を溶かしてみる」
この制作過程を聴いていたメンバー達は「一体どうなるんだろ?」と
不安だったそうです。笑


このCD制作期間中、toaちゃん自身と生活に大きな変化があって
それを糧に曲が出来、歌の表現も変わっていった様ですね。
艶っぽさよりも、優しさや芯の強さを感じませんか?

この秋、彼女はお母さんになります。
歌唄いtoaは、ちょっとお休みに入りますが、
制作活動は継続の予定。
またアップしますから時々覗いて下さい。

続きを読む

recording_lab at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) songs & discography | information

2006年03月26日

at Desperado

とりあえず様子から見せましょか・・・

0ba6c66b.JPG

写真はオープニング曲を演奏中ですね。
こんな感じで終始なごやか ほんわかムード。
我々の出番がラストにもかかわらず、ホントにたくさんの方に聴いてもらえて
やっぱりライブが一番楽しいと再確認できた夜でした。


この日のプレイリストは
1.立ち漕ぎ自転車 郵便ポスト
2.relove
3.春がすみ [新曲]
4.想い
5.空になるとき
6.おやすみ

で、新曲を演ったんですよ。
シーズンにぴったりの曲。今が旬!
しかもtoa姉さん、ピアノ弾き語り。
人前でピアノを弾いたのは小学校ん時の発表会以来だそうです。
でもたぶん味をしめた様ですから、次も演るでしょう。

それから"relove"のアレンジを変えてみました。
ちょっとだけエレピを入れてみたんですが、どうでした?
お気づきの方もいらっしゃった様ですが、演奏はわたし。
いやね・・実はドキドキもんでしたよ。
だってライブで弾くのは初めてでねぇ。しかもベース弾きながらですよ。
ありゃじつに疲れるわ。でも味しめたから、またやるよ。ケケケ

共演のかけるさん、それから松下徹さん今井一郎さん お疲れさまでした。
今後とも懲りずに我々を呼んで下さい。
デスペラードのスタッフ皆様、ありがとうございました。

それから、聴きに来てくれたオーディエンスの皆さん
本当にありがとうございました。


続きを読む

recording_lab at 02:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) live report 

2006年03月23日

3.2.1 ダー!

やっぱりライブは楽しい。
ステージの上はいいもんだ。
またやりたい。
てか、またやります!
次のライブが決定いたしました。

日時は4月23日・日曜日
場所はまたまたデスペラード。
詳細は近々アップしますんで、お楽しみに。

ライブレポートは次回ってことで、ご容赦下さい。
では


recording_lab at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) column | information

2006年02月08日

おひさっ!

いやぁ〜 申し訳ありません。
ずいぶんとお留守にしておりました。
さてさて速報です。

次のライブが決まりました。
3月21日の火曜日 場所は岡山デスペラードです。
詳しい内容が決まりましたら、随時ここへアップしていきます。
ときどきチェックしててくださいね。
ではでは!






recording_lab at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) information 

2006年01月10日

akeome

aa7eb187.JPG


 宴会中で上機嫌。
 姉さん、ビールのCMっすか?



謹賀新年。
って とっくに明けて、はや10日。
ぎりぎりセーフでしょうか? ご勘弁を・・・

わたくし、新年早々インフルエンザに感染。そして発病。
さらに闘病と、非常に幸先の良いスタートをいたしておりました。
なんとか完治。現在は光男君が闘病中の模様です。

「おーい みつおくーん だいじょーぶかぁ?」

とにかく例年にない寒い冬です。
みなさんも健康管理に気をつけて下さいね。


で、唯一元気なtoaさんから新年のメッセージを預かっております。

   『みなさん、あけましておめでとうございます。
    ピアノで新曲を二曲ほど作りました。
    作曲したのはいいんですが、上手く弾けないので
    お正月の間は練習してました。エライでしょ?
    久しぶりに歌詞も自分なので、歌うとうれしくて涙がでます。
    春にはライブでお披露目できるといいな。 (*^_^*) とあ』


だそうです。
姉さん、ぼーっとしてたんじゃないんだぁ。
新曲作ってたんだ。偉いぞ姉さん!おっさんは嬉しいよ〜

そして春にはライブ! ライブしますよー。
日時など詳しく決まりましたら、また告知します。



recording_lab at 23:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0) column 

2005年12月30日

あざーす

しばらくぶりの更新です。
近況、特別な変化無し。
メンバー各々結構忙しく、年末を堪能しております。

今年も色々な出会いがあり、様々な方の力に支えられ
無事一年過ごせました。
この場をかりて、感謝の言葉を申し上げさせて頂きます。

次回更新は新年早々の予定です。 たぶん・・・

みなさま よいお年をお迎え下さい。
それでは、また来年!
              toa band ”あおちん”




recording_lab at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) column 

2005年12月04日

へっぽこtoa bandの下半期

師走 もう12月になりました。
いや〜、寒いって。
さっきラーメン食いにいって並んでたら、鼻水たらたら。
人目を気にせず鼻かみまくって、すっかり赤鼻。
しっかり冬を満喫中の"あおちん”です。
では前回に引き続き、年間エピソード後半をいきます。


6月
「立ち漕ぎ自転車 郵便ポスト」レーコーディング開始!
5月前半から準備をしていたのですが、スケジュール調整が
うまく合わなくて、録音が遅れておりました。
アレンジは一任するということで、独断/強行のトラック制作。
そうと決まれば、文句言わせません。
北の将軍様みたいなもんでしょうか。 わはは〜

「シークレットライブ」 at 岡山KENTOS
響きがいいですね〜「シークレット」ですから。
内容書きたいんですが「シークレット」ですから。
いいライブでしたよ「シークレット」ですから。
しかもワンマンで「シークレット」ですから。
もったいぶるなって?「シークレット」ですから。
じゃ ちょっとだけ写真を・・・



e67c012f.JPG


ざまぁみろ!
はわわ〜!



どう「シークレット」か知りたい方はコメント下さい。
なければスルーします。カカカ
「シークレット」な理由で7月〜9月までの三ヶ月間 活動休止。
水面下でレコーデイングはしておりました。


10月
じわじわ活動再開。
このブログ「toaの楽屋」を開設
それに伴い、数曲をネット上で試聴配信開始。
※ indies channel [JET STREET] にて4曲
まだお聞きでない方は、飛んでみて下さい。
URL http://camnet.jp/radio/hradicam_jetstreet4.html


11月
表町デスペラード にてライブ
今年二度目のデスペラード。共演の方々は実力者揃い。
なのに我々がトリという、シチュエーション。。。
ぶっちゃけ、緊張しましたわ。
でも、会場の雰囲気とスタッフさんのおかげで
いい演奏出来たんじゃないかと思っております。

オープニングは "出会い系キノコ"
久しぶりに彼らのライブを拝見しました。
相変わらず元気印で、楽しい世界を繰り広げてくれました。
秋は恋の季節!ってことでライブ中配っていたラブレター専用鉛筆。
私、もらいそびれたのが心残りなんです。

"かけるさん” ボーカルの声質が結構わたし好み。
フィービィスノウにちょっと似ていてカッコいい。
アコースティックなトリオ編成が、これまた好み。
スキスキ光線発射!な私です。
このバンドのベース大隅くんは、ベーシスト同士で旧知の仲。
久しぶりの対面でした。

”エテナクス” 京都を中心に活動している実力派
月イチでデスペラードに出演されています。
楽曲・演出・立ち振る舞い、ステージングの完成度の高さが素晴らしい。
今月18日の日曜日 またデスペラードに出演されます。
詳しくはデスペラードのホームページをご覧下さい。
URL http://www.desperado-okayama.com/home.htm

そしてこの日のラストは我々 toa
詳しい内容はこのブログの右サイドにある 
Categoriesの【live report】をクリックするか
カレンダーから11月4日をクリックして下さい。
当日の模様を記事にしてあります。


なんだかんだで12月。
今年もあと少しになってしまいましたね。
こんなこと言うと、今年の活動は終わったみたいですが
そんなこたぁありません。
まだやり残してることがあるんです。
練習にレコーディング。宴会に忘年会  ←そればっか
ひょっとしたら、突然ライブだなんてこともあるかも・・・

てなわけで、ここを定期的にチェックしてて下さいよ〜


recording_lab at 17:17|PermalinkComments(3)TrackBack(0) column | live report

2005年11月30日

へっぽこtoa bandの上半期

前回告知しておりました、年間エピソード
上半期[1月から5月]編でございます。

1月
年始早々、CDリリースの仕上げに追われる日々でした。
ジャケットはすでに出来上がっていたので
ちょっとばかし、あせったなぁ。。。
ミックスにずいぶん時間が掛りました。

それから表町デスペラードにてレコ発兼ねたライブ。
営業努力はしてみるもんです。
当日持参していたCD、見事完売!
「すげえ・・」売ってるこっちがビックリしちゃいました。

共演はリアバレンテさんと小梅さん。
このライブの企画は、小梅さんのお父様でして
彼女と親子デュオを披露してくれました。
リアバレンテさんは、ブラジル出身のシンガーソングライター。
アラニスモリセットばりのパワフルなステージに
度肝を抜かれました。


3月
Camnet パーソナリティLive を 岡山市中山下の
山田BOXで開催。
ちょい大きめのライブハウスで演奏したあとだったので
客席と近い「アットホームなライブがしたいな」と思い
我々で企画。
客数25名限定。会場の山田BOXは小さいけれど素敵なスペース。
パーソナルな感じを演出して下さいました。
出演は、逆立ちネコさん kessyさん そして我々toa
雰囲気を言葉で説明するのが難しいので
よければ聴いて下さい。
このライブの模様を録音してあります。

リンク先はこちら http://camnet.jp/radio/live_page.html

※当日PAを快く引き受けて下さった”ペットサウンド”の
 秋田君 本当にありがとうございました。



5月
岡山市城下の サウダーヂな夜 にてライブ 
我々、基本的に小さい箱が好きです。
そんな訳で"サウダーヂな夜"も、お気に入りの場所。
この日のライブ、わたし個人的なんですが
忘れることの出来ない一夜でした。

出演はクレア マルダー&オリバー マンション、
one tone [東京] と toa の三組。

私はリハーサルに入るのが遅れてしまい
開演ぎりぎりのサウンドチェック。
共演の方々の演奏を事前に聴いてなかったせいか
はたまた、すぐ出番だったせいか
いやいや、季節と会場の雰囲気が良かったのでしょうか
我々にしてはモチベーションの高い
気持ちのこもった、いい演奏が出来たような気がします。

日の暮れ始める時間、窓から見えるシンフォニーホールを背景に
先頭を切って我々が演奏。
それから、one toneさん。
最後はクレア マルダー&オリバー マンションの二人。

one toneさんはオープニングの一曲目で
いきなり大ファンになりました。CD売ってたので即購入。
以来頻繁に聴いているほどです。
彼らのホームページをリンクしておきます。
曲の試聴とか出来るので、飛んでみて下さい。
URLは  http://www.onetone-web.net/

クレア マルダー&オリバー マンション
この二人ご夫婦だそうです。
クレアさんのシルキーでちょっとロリ入った声は結構好み。
旦那のオリバーさんは芸達者な方で、バイオリン・ギター・ピアニカを
使いこなすマルチプレイヤー。
この二人、時折ラブラブ光線を交わしながら
独自の世界を紡いでおりました。

この日の模様が写真で見れます。
サウダーヂな夜 のホームページで公開されておりました。
URLは http://sound.jp/saudade/hyousi16.htm


そんなわけで、今回はここまで・・・



recording_lab at 01:47|PermalinkComments(4)TrackBack(0) column | live report

2005年11月25日

こっいぃ〜

そろそろ12月
忘年会やパーティのシーズン到来。
私も忘年会のお誘い、2件ほど頂いております。
類は友を呼ぶってんでしょうか
私の廻りはキャラの濃い方々です。
楽しみですねぇ〜
もう既に浮き足立っております。
でも、無事に家に帰れるかしら。。。

さて、先日あるメディア向けに
我バンドのプロファイルを制作しました。
「あんまり何もやってねぇだろ」と思っていたんですが
それなりに活動しておりました。
ざっと書いてみます。

《 2005年の主な活動歴 》
1月 2nd シングル "ever after" リリース
   表町デスペラード にてライブ 
    ※リア バレンテと共演
3月 中山下 山田BOX にてライブ
5月 城下 サウダーヂな夜 にてライブ 
   ※クレア マルダー、one tone [東京]と共演
6月 岡山KENTOS にてシークレットライブ
10月 ブログ「toaの楽屋」開設
   数曲をネット上で試聴配信開始 
   ※ indies channel にて4曲
11月 表町デスペラード にてライブ 
   ※エテナクス[京都]と共演

少ない様ですが、内容は濃い。 岡山弁で「ぼっけぇこいい」です。 
まるでエスプレッソダブルのカプチーノですな。
それぞれエピソード満載なので、一回で書ききれませんから
上半期と下半期の二回で紹介していくとしましょう。

てなわけで、次回予告〜
「へっぽこtoa bandの上半期」反省かねて書くことにしまーす。

それから「アンケートも募集したいなー」と考えております。
お暇ならコメントに残して下さい。
ホント、暇つぶしで結構ですから・・

問1 toaの曲でどれが好きですか? 
問2 その曲を聴いたのはライブ?CD?それ以外?
問3 その曲が好きな理由は?

メールにして下さるなら下記のアドレスへお願いします。
recording_lab@gold.livedoor.com

それでは、みなさんの「こっいぃ〜」メッセージお待ちしております。
マジ、暇つぶしで結構ですから・・



recording_lab at 18:23|PermalinkComments(5)TrackBack(0) column 

2005年11月20日

意外と真剣ですから

3892d5d2.JPG

 本気モードの私





このところ更新おサボリ気味。
というのも、次のレコーディング曲のトラック制作に
追われておるせいでございます。
相変わらず愚図でのろまな私。
試行錯誤を繰り返し、16小節が いっぱい いっぱい・・・
って、まだイントロじゃん!
はぁ・・・ とにかく頑張ります。

トラック制作ってのは、なかなか厄介な代物。
要は”カラオケ作り”ってことなんですが、
例えばトライアングルの「チーン」って音。
曲のテンポやメロディのキーに合わせて、「チーン」の長さと音程を
細かく調整して、かつバランスを考えなくてはならない
比較的高度で細やかな作業なんです。 ←チョット自慢?
ここ二日ほど「チーン」で悩んでおります。。。
次は「ポコポコ」で悩む予定です。アハハ〜

シャレにならんなぁ

そんなこんなで更新遅れが続きました。
この状況しばらく続きますが、懲りずに覗いて下さい。
そして応援メッセージなぞ残してって下さいまし。
コメント大歓迎。
必ずレスしますです。


recording_lab at 23:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0) column | recording

2005年11月18日

なつかしい

みなさん「ビスコ」って知ってますか?
グリコのクリーム挟んであるクラッカー。
先日コンビニで何となく目についたので
つい買ってしまいました。
これ子供の頃よく食べてた記憶があるんです。
素朴で懐かしい味。

ビスコ味わってたせいかな?
無性にtoa初期の音源が聴きたくなって
toaちゃんソロ時代の「空になるとき」を聴いてみました。
ちなみに音源は、私がPAのお手伝いをしていたライブを
勝手に隠し録りして編集したもの。

ん〜 いいじゃん♪ ちょっと懐かしい感じ。

めちゃシンプル。
テンポはゆったりしてるけど、味わい深くて・・

ギターのリフとか全く同じなんですが
なんだか別の曲に聴こえてしまいます。
小さなハコでライブするときは、
このアレンジも一度試してしてみたいな。
そういえば「想い」も、ここしばらく演奏してません。

彼女と音楽を一緒に演りたいと願ったことが
ずいぶん昔のよう。
バンドスタイルは音に厚みが出せるし、パートアレンジで
多彩な演出も可能ですが、彼女の原点はシンプルな弾き語り
なのだと感じてしまいます。

こうやって時々スタート地点を確認するのは、有意義なこと。

初心に還る。
最初を忘れず、今を見る。
そして次の作品に向かう。

今夜の私 なんか、いいこと言ってんなぁ。。



recording_lab at 00:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) column 

2005年11月13日

寒い月夜は「君の声」

11月もそろそろ中旬。
夜はずいぶん寒くなりましたね。
わたしは寒いのが苦手。
そんなわけでエアコンを暖房にして、ぶん回しておりますが
時々エアコンを停止しないといけない場面があります。
「マイク使って録音している時」です。
エアコンの作動音が録音されてしまうんですね。
停止していると当然寒い。でも寒いのキライ。
そろそろオイルヒーターを出しますか。。

さて、今宵は月夜。
お月さまが登場する歌を紹介します。



『君の声に夢中』
               作詞/青木光男 作曲/toa
青空にとかされて
僕の心 
何処を彷徨う

深呼吸する度に
指の先まで 
震えてる

恋をして夢うつつ
現世の月が変わっても
あなただけ夜の中
微笑みをずっと照らしてる

美しい背中の秘密
抱きしめてる手の中の宇宙
溜め息もメロディに似てる
耳もとの
君の声に夢中


いかかでしょう? 
きっと、わたしだけでないはず。
シンプルなメロディと、何気ない言葉が
こんなに美しく感じるのは・・・

当初、この曲アレンジはギター1本を目論んでいました。
そのアレンジも凄く良かったのですが「ピアノにしたら、絶対もっとイイはずだ」
と直感的に思ったので、toaちゃんに「弾いて」と一言。
レコーディングの時「久しぶりにピアノの練習したわ〜」と呟いてました。
それから歌を録ったんですが、一番色っぽい声のテイクを採用しました。
大成功。してやったり。

2nd single "ever after" に収録しています。
まだ若干の在庫があります。
欲しい方はコメント欄へ「CDキボン」と残して下さい。



recording_lab at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) songs & discography | column

2005年11月11日

さあ やりますか

5f7e45ff.JPG

左の写真は、わたしの
プライベートスタジオの一コマ




ライブの決まっていない、わりと暇な時期
toa bandの面々は、いったい何をしているんでしょう。
元来、のんびりした性格の上
あまり積極的でないといいますか、面倒くさがりな我々。
おまけに各々個人レベルの活動もしております。

光男君は仕事の他、執筆やMC。あとJetJet MAMAというバンドのドラマー。
Bean君は勉学・陶芸・ソロシンガーとして。
わたしは、もう一つ所属しているバンドのベーシスト。
toaちゃんは家事をしながら曲作り。。

まぁざっとこんな感じでしょうか。
ですから、toa bandは「のんびり」満喫。
練習やリハーサルの回数もぐっと減ります。 
そのぶんミーティングという名目の食事会や飲み会が・・・

「遊んでばっかり! そんなんじゃ太るぞ!」

耳が痛いですよ。。。

実は重要な事を裏でコッソリやっておるんです。

” レコーディング ”

へへっ! どうだ! まいったか!
腐ろうが、太ろうが、年寄りだろうが、われわれはミュージシャン!
やるべき事は押さえるんです。

リクエストの多いあの歌や、未発表だけど素晴らしい曲
先にお披露目した”立ち漕ぎ自転車郵便ポスト”とカップリングして
CDリリースですよ!

あぁ 言っちゃったよ〜 
これでやらなきゃ怒られるよ〜

ちょっとばかし先ですが、待ってて下さいね。



recording_lab at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) column | recording

2005年11月09日

ぜんぶでいくつ?

fda649ea.JPG

 
 Bean君の使用楽器
 
 yamaha-APX
 greco-DoburoType






このあいだ、といってもライブのちょっと前なんですが
Bean君ん家へおじゃましました。
で、どんなだったか?
デカイ家なんですよ。静かな郊外に立派なお屋敷。
オープンテラスやアトリエがあったりして・・・
とても素敵なところなんですね。

かわいい犬達がいて、とても和みました。
愛想がよくて、おとなしくて・・・
わたしの様な人相の悪いおっさんにも吠えません。
やはりペットというのは、飼い主に似るんでしょう。
彼の本質的な優しさや人柄を写しています。

その日の目的は、彼のMacのちょっとしたパワーアップと
”Mac使い”としての彼自身のスキルアップ。
その話はさておいて。。

いや〜。 ギターがね・・・ 
ここにも、そこにも、あそこにも
ギターがい〜っぱい。
「全部で何本持ってんの?」
「えーと、ヤマハのFGが2本にシーガルが1本に・・・」
わたしが見た限り、まぁざっと6・7本あったかしら。
ギターアンプも2・3台はあったかな?
数の多さに「やっぱギタリストなんだな〜」と思っていたら
「ほとんど貰ったんすよ。実は最初に買ったギター盗まれちゃって
それ以後、買ってないのに増え続けてんの。アハハ〜」

「・・・・ 」

おお? 
全部もらいもんだとぉ?

やっぱり、おおらかな人柄のなせるワザ
ただモンじゃねえ。



recording_lab at 17:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) column | profile

2005年11月04日

Live in DESPERADO 11/3

4a3c7299.JPG  Play List
  01. ever after 〜 空になるとき
  02. relove
  03. 立ち漕ぎ自転車 郵便ポスト
  04. まぼろしの跡
  05. おやすみ
  06. 永遠のループ

久しぶりのライブ。
そして10ヶ月ぶりのデスペラード。
ちょっと緊張したけれど、楽しく演れました。
会場の音も良いし、ステージの広さが嬉しい。
照明を浴びると、少しだけいつもと違う自分になれたりします。

で、今回のライブは toa band として小さな挑戦がありました。
何度も来て頂いてる方は、わかってもらえたと思いますが
曲のアレンジを大幅に変えてみたんですね。

まずは1曲目 ”ever after 〜 空になるとき”
シンセサイザーとリズムマシンをパソコンで自動演奏させ
それに我々の演奏が乗っかっていく「同期」を曲の導入部に
取り入れてみました。
タイミングがずれると、大ヤケドしそうな荒技です。笑
しかも、以前はパーカッションでリズム構築していたのですが
今回はドラムに変更。
「疾走感を出せれば良いな〜」と思ったので・・・

3曲目は新曲 ”立ち漕ぎ自転車 郵便ポスト”
ここで何度か紹介しているので、多く説明しませんが
光男君の作詞、toaちゃんの作曲ですね。
ここだけの話、いや〜 新曲はつらい。
でも、だんだん熟れていくはず。
しばらく演奏し続けるとおもいます。良い曲でしょ?

4曲目 ”まぼろしの跡”
toa bandでは、初めてのライブから演奏し続けている曲。
これもパーカッションのリズム構成から、ドラムに変更。
テンポも、少し速めにしてみました。
ちょっと若返った感じ?に、なったかなぁ

その他の曲は、特別なアレンジ変更してません。
でも、会場の音が凄くいいですから
「ちょっといい感じ」に、聴こえたかも?しれません。


共演の皆様、お疲れさまでした。

@ ”出会い系キノコ”さん
若いっていいな。おじさん達には眩しすぎます。
今度「百式Tシャツ」下さい。

@ ”かけるさん”
す、すみません! バンド名の件で大変失礼致しました。
海より深く反省しておりますので、次も一緒に演って下さい。

@ "エテナクス”さん
カッコよすぎます。楽曲の完成度の高さ、演出と立ち振る舞い「さすが!」
と、思い知らされました。来月のライブ、楽しみにしてます。

@ デスペラードのスタッフ皆さん
今回も気持ちよく演奏させもらいました。
ありがとうございます。

それから、会場へ来てくださった みなさん
本当にありがとう。



recording_lab at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) live report 

2005年11月03日

щ(゜д゜щ)カモーン

1fb267da.JPG

  満面の笑みで、お出迎え




本日、11月3日
岡山市表町のDESPERADOでライブします。
共演の方々は、三組。
京都を中心に活動されている エテナクスさん
地元から、出会い系キノコさん・かけるさん
そして我々 toa 。

前回のライブが6月
ひさしぶりに、皆さんの前に姿を出します。
是非、遊びに来てくださいね。
会場でお待ちしてます。

※ 次回はライブレポートを掲載予定です。



recording_lab at 01:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0) information 

2005年10月30日

残り10枚だったかも?

58d040e8.jpg


  2nd single
  "ever after"





収録曲
01.おやすみ
02.relove
03.君の声に夢中
04.舞いあがり降りそそぐ


〈解説〉
前作“three piece”の基本コンセプトを踏まえつつ、
サウンドメイキングも大胆に挑んだ、意欲的な作品です。
タイトルの”ever after”は、洋物の童話や物語の文末に使われている言葉。
名付け親は? やっぱり光男君です。

”おやすみ”
6/8拍子は手強かったのですが、アレンジをアイリッシュフォーク調に
展開して、アルペジオをピアノにしてみたら「あら、素敵」
苦労したかいあって、いい曲になりました。
彼女曰く「初期の作品、古い曲なんだよねぇ」だそうです。
※ indies channel で試聴可。右欄Linksから飛んで下さい。

"relove"
ストリートで演奏していた時期に作ったらしいです。
当時、女性の相方(カコさん)がいたらしく、この楽曲の作詞は相方だそう。
女性らしい柔らかなバラードなんですが、コード展開が素晴らしい。
そっと聴こえるBean君のアコギ・・・ これまたイイ感じ。
今風のAORに味付けしてみました。私のお気に入りの一曲です。
※ これも indies channel で試聴可。

”君の声に夢中”
光男君が歌詞を提供し、toaちゃんがメロディを付けました。
元々、ギターの弾き語りだったのですが「これピアノにしよう」と鬼の一声。
彼女、久しぶりにピアノ練習したそうです。

”舞いあがり降りそそぐ”
歌詞のイメージを大切にしたかったので、ギター弾き語り。それが・・・
「それだけじゃ面白くない。エンヤ風にしてやるっ!」
「ついでにオーケストラもバックに流したろ」 
ええ。いつもの悪い癖です。
イメージどおり上手く出来たので、ヨシとしましょう。


ジャケットの写真、素敵でしょ?
冬空の白樺林。
いつも光男君が散歩している所だそうです。





recording_lab at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) songs & discography