adef9720.jpg

スモーキー・ロビンソンが奥さんとデュエットしたある曲を一万だしても欲しいと言っていた人のことを時々思い出します。付け加えるとその時点で(今もかな)彼はその曲が誰のなんという曲か分かっていません。手がかりはどこぞの人間が作ったミックス・テープのみ。純粋な気持ちでレコードに1万だすというのだから相当でしょう。たいそうなレア盤を想像したのか、、、または自分が惚れ込んだ楽曲にそれくらいの価値を求めたのかは分かりません。いずれにしても、そこまで惚れ込んだ楽曲です。是非、自らの手で血眼になり探し出してほしいものです。さてさて、取り上げたのはハワイのフォーキー・デュオ=ROB SCHWEND & GARY KEWLEYの恐らく唯一の作品。彼らのバイオグラフィーは一切不明ですがそんなものは鼻から無いのではと思います。どこにでもいる音楽好きが趣味で作ったレコードなのでしょう。ただし内容は抜群でA3「MY EVERYTHING」を筆頭に素晴らしい佳曲が揃っています。それではまた次回。



ROB SCHWEND & GARY KEWLEY
STANDING ON THE EDGE OF TIME
Produce : Bob Kindler/Rob Schwend & Gary Kewley
Musicians : Rob Schwend & Gary Kewley(vocal,acoustic & classic guitar) Gary Kewley(piano) Bob Kindler(cellos/roland guitar synthesizer) Steve Kindler(violin/sinthesizer) Sulubika(flute) Dave Inamine/Darren Cummings(bass) Gordon Uchima(alto sax) Jesse Gopen(drum/simmons drum) Mike Muldoon(conga/percussion) Honolulu Strings
side A1.STANDING ON THE EDGE OF TIME 2.CHILD 3.MY EVERYTHING 4.I'LL NEVER LEAVE 5.LIGHTHEARTED LADY 6.GOOD LUCK
side B1.FOREVER 2.MANOA RAIN 3.UNTIL WE'RE THERE 4.JULY DAYS(4:00) 5.AS YOU SAY GOODBYE TO ME