2007年01月21日

あるある大事典:「納豆ダイエット」はねつ造


テレビでのこのような健康食番組はたくさん放送されているけれど、視聴者ってのは何にもかんがえてないのじゃないかな。

これがよいといえばすぐに飛びついて、今回のはこれでブ−ムは終わり!

納豆の製造業者は増産をかけたけれど後の処理はどうするのかな?

今は賞味期限ってのが気にされてるからせっかく作ったものが這いきってことにならなければいいのだけどね。

ここまでひどい捏造は少ないけれど、近いものはたくさん見受けられるかもね。

事実の一部を故意に隠して自分の予想の結果を導き出したりは常識かもね、この同じデ−タ−を使ってまったく反対の結論を導き出すことも可能だし、研究者同士で論争になっていることもね。

ただしこの研究者というのは純粋な科学者ではなくて自分の研究を使って金儲けをたくらんだり売名行為に走ってる研究者達かもね。

検査のデ−タ−なども捏造の意識がなくとも自分が予想したデ−タ−に一致してしまうこともね。

デ−タ−の収集には思い込み?先入観を持つなとは教えられるけれどもなかなかね(涙)

納豆の成分や健康にはよいというのは事実だろうし、間違いはないかもだけれど、これでダイエットをするというのは常識的に考えて疑問視するのがあたりまえじゃないかな。

私個人はこのような大豆が腐って糸をひいてるようなものは食べ物ではないって思ってるけれどもね。(笑い)



あるある大事典:「納豆ダイエット」はねつ造 関西テレビ
関西テレビ(大阪市北区)は20日、今月7日にフジテレビ系で全国放送したテレビ番組「発掘!あるある大事典2」で、事実とは異なる内容が含まれていたと発表した。

「納豆を食べるとダイエットができる」との内容だったが、研究者のコメントや被験者の検査データをねつ造していた。

同テレビは社内に調査委員会を設け、原因の究明を行うとともに過去の放送分についても検証を行い、番組を継続するかどうかを含めて検討する。

また、21日午後9時から放送予定だった同番組は、テーマは納豆ではないが放送を休止し、後ろの番組の「スタメン」を1時間前倒しし、冒頭で一連の経緯を説明する。
 同テレビによると、(1)被験者がやせたことを示すのに別人の写真を使用

(2)米の大学教授の発言の日本語訳の一部をねつ造

(3)被験者の一部の中性脂肪値が正常値になったとしたが、測定せず

(4)納豆を朝2パックまとめて食べた場合と、朝晩1パックずつ食べた場合の比較で、被験者の血中イソフラボン濃度の結果をねつ造

(5)被験者の血中のDHEA(ホルモンの一種)量検査のデータをねつ造、また、許可を得ずグラフを引用−−していたことが分かった。
 千草宗一郎社長は「報道機関でもある放送局として、視聴者の信頼を裏切ることになった。

誠に申し訳ない」と謝罪した。
 同番組は関西テレビの社員2人と番組制作会社「日本テレワーク」の4人がプロデューサーを務め、テレワーク社の取締役1人がコンプライアンス(法令順守)担当者になっていた。

実際の取材は孫請けを含む9チームの番組制作スタッフが行っていたが、どのチームが担当していたかについては「調査中」として明らかにしなかった。
 今回の問題は、「週刊朝日」の取材をきっかけに同テレビが調査を行い、明らかになった。
 健康ブームを背景に健康をテーマにした番組は増える傾向にある。

「納豆」の回でも全国の小売店で一時納豆の売り切れが相次ぐなど、社会現象となった。

そんな中で起こった今回の不祥事で、改めて放送倫理のあり方が問われそうだ。

【北林靖彦】
毎日新聞 2007年1月20日


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/redcarrion/50685772