2013年07月22日

目で見て分かるこの違い!! え?乗り心地の事ですよ。

すばらしい暑さですね今日も
暑さに負けず頑張っていますかワタシは負けそうです

当社の足回り整備には、SDLテストと言うサスペンションテストを必ず施工します。

SDLテストの施工判断基準は、車輌を約27Hz~7Hzの周波数で縦方向に
振動を与え、その上下動に対して車輌がテストプレート上にしっかりと設置しているのかどうか?
をグラフに表示する事で、サスペンションがしっかりと仕事をしているか?を判断するものです

ショックアブソーバに不具合がある場合は、一目瞭然な結果を表示できます怖いでしょ?

ショクアブソーバの良否判定だけでなく、どうも乗り心地に不満がある、や、不安がある。
と言った、誰に相談すれば良いの?この思いという表現し難い内容も、SDLテストにより
ズバリな回答をご提供する事が可能です

そんなわけで、今日は乗り心地に関して、顧客満足度の悪評高い FIAT500を対象に
テストデータを元にして、こんな変化が出ましたよをご覧いただきましょう

車輌データは FIAT500S です。
ツインエアーエンジン搭載 マニュアルミッション 専用パーツを豊富に装備したモデルです。
ほぼ新車同然のこの車輌ですが、お客様からの要望により、今回の作業を行ないました。

ご相談事項は
落ち着きの無い乗り心地が苦痛仕方ないので、何とかならないものか?
路面が少し荒れている状況での強めのブレーキング時にABSが作動する、こんなものか?

やはり500特有のアンバランスなサスペンションにご不満な様子でした。

ご提案として 乗り心地の根本を正すべくKONI FSD(ショックアブソーバ)の組み付け
小さなギャップの入力を緩和すべく パフォーマンスカラー(フロント側)の組み付け
リヤサスペンションの余分な動きを減少すべく トーションビームスタビライザの組み付け

大きく分けて3点のパーツ組み込みと、当社独自の4輪トータルアライメントメニュー
を施工となりました。
CIMG6839CIMG6840
CIMG6841
残念ながら商品単体画像と、パフォーマンスカラー
に関する画像が欠けています。

KONI FSDをFIAT500に用いるのは初めてですので
どういった仕上がりを見せるのか、興味があります。

ちなみに今回は、ローダウンしません
珍しいでしょ?
FSDはやはりノーマル車高との相性に定評があります。



beforeafter

いかがでしょう、この差!
リヤサスペンション・グラフのこの落ち込みこそが、500のリヤの落ち着きの無さを物語っています。
リヤ加重とリヤスプリングのレート・ダンパーの減衰力が車にマッチしていないのですね。
17インチのホイールが付いていたりすると、もっと酷い事になりますので。悪しからず。

今回のグラフに現れた極端なグラフの落ち込みは、リヤタイヤが跳ねる・浮く・そういった状況に
より表現されるものです。
ダンパーがしっかりと吸収出来る物になる事で、作業前・後で全く違った動きになりましたね。

これが目で見て分かる乗り心地の違いです

試運転した結果、非常に満足度の高い仕上がりとなっています
狙いを付けたパーツ3点が見事に調和され「BEST OF 乗り心地の良い500」になりました






  
Posted by redpointparts at 18:46Comments(0)TrackBack(0) メンテナンス情報 | フィアット

2013年07月14日

いま、エレクトリックチューニングが面白い!

昨日に続き、電気屋さんです

車の電気系統の基本が仕上がれば、次はエレキデバイスで遊びましょう

最近の電子制御系統はちょっとしたゲイン・ブーストデバイスを被せることで
本当に面白くなるので、未だその分野を未経験の方は要チェックですよ

オススメのデバイスを一挙紹介といきましょう

CIMG6822CIMG6821
「新製品 REDUCER EーPlus」           「もはや定番 V-UP16」
CIMG6667CIMG6666
「次世代型スロコン PPT」             「信頼性で名高いサブコン PPE」

これらの電子デバイスは当社選りすぐりのパーツ達なのです
この手のパーツは色々とリリースされているので、何が良いのか?と悩みますよね
悩んだときは、これらをご選択いただければ間違いないでしょう

CIMG6821イグニッション 1次側に供給する電圧を
16ボルトに昇圧する事で末端であるスパークプラグに
飛ばす火花をブーストアップするデバイスです

効果の程と信頼性が高く、装着車種を問わない
オールマイティな逸品です

装着車両により体感領域が変わるのも面白いです。

お乗りの車種での体感度を知りたい方はご相談下さい



CIMG6667プラグイン・パワー・スロットル 俗に言うスロットルコントローラです

スポーツ・スポーツプラス・エコ計3種の基本モードに
上下7段階の微調整が可能な賢いスロコンです

現代車特有のスロットル感度の低さを解消する
お楽しみパーツデバイスですね。

こんなん無くても、アクセルペダルいっぱい踏めば
一緒なんじゃ無いのか?という方、それは大きく
間違っていますので
びっくりする位、走りやすくなります。

CIMG6666プラグイン・パワー・エンハンスド 泣く子も黙るサブコンです

ターボの制御をコントロールする事で、お手軽に
ブーストアップが可能です

当社のジュリエッタにも装着していますので、体験したい方は
ご試乗下さい。
危険を感じる程の加速を味わえます

ちなみに当社のジュリエッタは1400ccでありながら
200頭程のお馬さんが潜んでいます


CIMG6822そして、コレ REDUCER E-Plus 気になりますよね
電子の流れに働きかける新型エレクトリックデバイスです

レデューサーを装着するとブローバイガスを制御し
エンジンをスムーズに回す環境が整います。
レデューサ E-Plusはその効果を電気系統に働きかける
デバイスです。

行き場を失う電子の流れを清流し最適化する事で、
結果としトルク向上・滑らかさ・はたまたエアコンの
効き具合にまで良い方向へ導きます


ほんとかよ~という方、試着して効果を体感して頂く事も可能です一度お試し下さい

皆さんはどのデバイスに興味が湧いてきましたか?
それぞれの価格は以下をご覧下さい

V-UP16 ¥27300-(税込み)
PPT ¥35700-(税込み)
PPE ¥79800-(税込み)**当社取り扱いの車用の価格です**
REDUCER E-Plus ¥29400-(税込み)


  
Posted by redpointparts at 22:28Comments(0)TrackBack(0) パーツフィッティング | お知らせ

2013年07月12日

電気を整備し、目で見て判る成果を出す!

毎度おなじみ 電気の整備屋です

クルマって、ガソリン入れとれば動くそんな風にお考えの方が少なくないはず

よ~く考えてみてください
ガソリンは満タンでも、バッテリがダメならエンジン始動しませんね
ほら、電気って大事でしょ

いよいよ、猛暑続きの夏がやってきました
例年の傾向として、35度を越す猛暑が続くと、クルマの電装品がご臨終するケースが
多発しています

どんなところが
パワーウィンドのモーター付近(窓の上下が不可能になります)
燃料ポンプ(ガソリンを供給しなくなります)
電動ファン(オーバーヒートします)
オルタネータ(発電しなくなります)
機械的冷却系等(電気ではありませんが水漏れやサーモスタットなどによるオーバーヒート)
バッテリー(温度上昇に伴うエアコン作動率過多により突然死します)

出先や、長距離走行中にこんな事起きたらめんどくさいです
電気系統部品のトラブルは、不安定な電圧供給状態によっても発生するリスクは高くなります

上記に挙げた電気系統トラブルの中で、バッテリーとオルタネータに関しては間違いなく
事前の電気系統整備により長寿命化する事は可能なのですね

どういった内容かと言いますと
当社のスタンダード整備でもある ステージ1メンテナンス です
過去の記事ではフル施工メニューを取り上げています。

今回の施工車輌では、ステージ1Light(ライト)を施工しました。
フル施工と ライトの違いは??
ライト施工=電気の流れの基本を正すことで電圧安定化に的を絞った内容です
フル施工=ライト施工の効果に加えて車をとりまく帯電を除去し、
       静電気除去・流れる気体の清流効果が望めます

CIMG6814CIMG6816
例のごとく粗悪品のバッテリーターミナルです
特にこの内側から見た様子がひどいです
接触面積が少なすぎる点状に変色している箇所が、バッテリポストに対して
接触していた箇所です。
これでは電気の流れの妨げになって当然です

CIMG6811CIMG6809
ですから、信頼性の高い国産品のターミナルに変更します
このバッテリターミナルは、輸入車のバッテリーポストの規格形状に合わせ内面を
鏡面仕上げした製品です。
バッテリポストをしっかりと包み込み、締め付ける事の出来る永年の愛用品です

電気にとってのスタート地点であり、ゴールでもありますので、
この箇所をあなどるわけにはいきません

マイナス側は適切な箇所にアースケーブルを引きなおしてあります。
プラス側は、オルタネータからの電圧をダイレクトにバッテリへ供給出来る様に接続しています。

CIMG6813プラス側に関しては、形状が厄介なのです。

マイナス側の様な形状であれば問題はありません。
ところがプラス側の場合、数本のケーブルを集約
していたり、フューズが入っていたりとする為、
ご自慢のターミナルはすんなりとは付きません

ちょとした工夫と加工によりターミナル交換をしている
のですよ

これは最近の車に多く見られるケースですから
当社では施工が可能です

IMG_0003ここまでの作業で電気の流れの基本を
正すことができました

結果はレポートを見れば一目瞭然

目では見れない電気の流れを目で見て判る
結果をご提示しています

毛細血管の様に張り巡らされた配線に
きっちりと電圧供給をする事が可能になりました。















電気の流れが良くなるとどういうメリットがあるのか?

車をとりまく全てにおいて、良い方向につながります

バッテリに常に良い電圧が充電されますから、バッテリが長持ちします

電気を沢山使用した状況(ヘッドライト・エアコン・その他電装全般)において
オルタネータが楽に補充電を出来る様になる為、発電機本体の負荷が減り長持ちします

目で見てわかる電気部品(ヘッドライトの光量など)の仕事量に違いが出ます

耳で聞ける電気部品(電動ファンやブロワモータ・カーステレオの音)の仕事っぷりに変化を感じれます

もちろん、スパークプラグに飛ぶ火花も強くなりますから、走りにも違いがでます

電子制御オートマチックやセレスピード・デュアロジックなどの制御電圧が安定する事により
トラブルの未然防止につながります

と、長ったらしくご説明をさせて頂きましたが、まだまだ電気の重要性についてお話したい程です

何はともあれ、ステージ1 ベーシックメンテナンスを施工しましょう








  
Posted by redpointparts at 21:52Comments(1)TrackBack(0) メンテナンス情報 | フィアット

2013年07月10日

断熱ウィンドフィルム「シルフィード」の効果が凄いので温度計で測ってみた

CIMG6790
梅雨明け後の連日猛暑すごいですね

工場内部の温度も38度程まで上がり、作業環境の
厳しい日が続いています

炎天下の中の車内温度はこれまた大変な事に

皆様熱中症にはくれぐれもお気をつけ下さい





そんな灼熱の中の試運転で嬉しい発見をしましたのでご報告を

以前より、当社でも施工を承っています 断熱フィルム「シルフィード」の断熱効果が
どの程度なのか?を具体的な数値にてお知らせしましょう
34CIMG6799

非接触式の温度計で測定したところ 運転席の
ドアトリムの温度は「34℃」、手に伝わるジリジリした
暑さが全くと言って良いほど感じません

当施工車輌は、リヤ側及び運転席・助手席に施工済みです。

では、未施工のフロントウィンド付近の温度はと言うと。。。


63CIMG6798

計測方法は同じです。
なんと「63℃」 え~!! 20℃近い温度差を確認しました。

こちらの場合、手にはジリジリとした暑さを痛いほどに感じます

すばらしい効果を体感&測定できました
お客様にお勧めしている内容ですから、
この様なデータサンプリングは嬉しいです


車内環境が良くなる事が間違い無いシルフィードは、エアコンの稼働率も下げる事が可能ですので
涼しくなるだけでなく、燃費も良くなりますよね
また、紫外線による肌への負担も軽減できるのも嬉しい点です
内装品へのダメージ軽減にもつながりますね

あらゆる意味で嬉しい シルフィード をご用命下さい


  
Posted by redpointparts at 20:18Comments(0)TrackBack(0)

2013年07月08日

法定点検で豪華商品が!岐阜県自動車整備振興会からのお知らせ

tenken3
自動車整備振興会からのうれしいおしらせです

キャンペーン期間中に 車検・定期点検などで
当社をご利用頂いたお客様に豪華商品の当たるチャンスが

当社は運輸局より認可を取得した認証工場ですので
分解整備を当社工場内で行なう事ができます

と、思われた方も多いのではないでしょうか。

そうなんです。認証を取得していない工場では分解整備を
行なう事が法的に禁止されているのですよ。


キャンペーンの詳細は以下をご覧下さい
IMG_0006IMG_0007
平成25年 7月1日~平成26年3月31日の期間内に、当社で車検・12検を施工させて
頂いたお客様に、上記のご案内をお配りしています
フロントに設置している投函ボックスへ入れていただければ、切手を貼る手間もご不要です
名称未設定 2
温泉旅行いいですね~

自動車点検整備ギフト券何をやりましょうね~

さあ!車検・点検期日の近い方!要チェックです

tenken23_small
  
Posted by redpointparts at 20:17Comments(0)TrackBack(0) お知らせ | メンテナンス情報