2013年07月05日

コンフォートな[C4 Picasso]にリジカラを☆さぁ!どうなる?! 合わせてリジカラ検証も!

リジッドカラー、良いですね~
なんと言いましょうか、このパーツでここまで変わる!?という位に体感できます
ノーマル車輌にも◎
足回りガチガチ仕様にも◎
オールマイティに使用でき、なおかつ、その車の持ち味をグンと引き出す
ノーマル車の場合、シットリさや落ち着きの向上
ガチガチ車の場合、ガチガチの角を取った様なフィーリングに
必ずと言っていいほど変化を味わえます

原理的な難しい話は動画での説明をどうぞ

では、ノーマル状態がフワフワな印象の車の場合どうなるのか?

対象車輌は「CITROEN C4 PICASSO」
フレンチ ファミリーボックスとして趣味性も強く、良い車です。
乗り味は、ふんわり した優しいフィーリングです。
好みは分かれると思いますが、私の印象としてはそう、船です。

縦揺れに お釣り が多いという表現が正しいのかはわかりませんが、
明らかに揺れの納まりは良くないです。

このフィーリングに リジカラを組み込むとどうなるのか?
リジカラの検証も行ないながら、施工です

CIMG6713
まずはサスペンションの現状チェック!SDLテストです。

ふわふわの原因がダンパー機構にあってはいけません
からね

今回は前後にリジカラの組み付けです。
C4ピカソのリヤ用のお値打ち感、凄いです

16枚入っていました
いかにも 効きそう ですね。


CIMG6716CIMG6717


CIMG6718フロントサブフレームのひとコマです。

抜いてみると驚きの遊びが

このボルト遊びが多すぎて左右前後あらゆる方向に
傾けることが出来てしまいます。

これを最適化するのがリジカラの役割です。





CIMG6719CIMG6720


指定の箇所へ、指定のカラーを嵌め込むと、ピタッとフィットします
そのカラーをボルトに嵌め込むと、やはりピタッとフィットします。
カラーの付いたボルトをサブフレームに挿入すると、ど真ん中目掛けてボルトが入り込みます。
CIMG6722CIMG6723
CIMG6721CIMG6724

その相手側は、大きなプレーンワッシャ形状のカラーを挿入します。
これにより、サブフレームとボディを面接触させる効果が生まれます
ほとんどの場合、この部分は面で接触している様に見えるだけで、点で接触しています
車輌の全ての重量を請け負うこの部分へのカラー装着により負担軽減・乗り心地の改善の
キーポイントはこの接触具合にあるのでは?と考えています。
CIMG6725CIMG6726
CIMG6727
取材撮影を終えたら、付属の「リジカラグリス」を
カラーとボルトに塗布し、組み付け・増し締めを行なうのです。

カパーペースト風グリスを塗る事により、馴染みを助け
防錆効果も望めます。








CIMG6735続いてリヤ側を組み付けましょう。

リヤは左右合計8箇所に組み付けます。










CIMG6738CIMG6740
CIMG6743CIMG6741
う~ん、ピタッとくるな~
今回、知った事...それはC4ピカソのリヤフレームの穴の大きさが左右で違うこと
右側の方がより多くの遊びを設けて設計されています。
リヤ・スラストアングルやリヤのトー値のアンバランスを補正し易くしているのでしょかね?

CIMG6744リジカラを全数組み付け、アライメント作業を
施工後は、再度SDLテスト!

ここではアライメント作業後のサイドスリップ値
をチェックする意味も含めています。

乗ってみた印象は?






ふわふわだった作業前に対して、非常に変化が出ています。
もうフワフワだね、とは言わせないフィーリングです
ショックアブソーバを交換しなくては実現しようが無い、カチッとした印象に激変です。
しかしながら、ショックアブソーバを交換したわけでは無いので、苦痛を感じる部分も無く
一言で言えば「丁度良い」そんな印象でしょうか
(ショックを変えると誰もが苦痛を感じるわけではありません、付ける物にもよります)
素材の良さを引き立たせた仕上がりに、私どもも、お客様も満足です

リジカラメーカーサイトでも C4ピカソ のリジカラに関して開発記事が紹介されています。

アバルト500での記事も過去に紹介しています。
アバルトの暴れる足回りにグッと落ち着きを増す仕上がりは、これまた大満足でした。





Posted by redpointparts at 14:11│Comments(0)TrackBack(0) リジカラ・パフォーマンスカラー | シトロエン

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/redpointparts/50709639

コメントする

名前
 
  絵文字