2013年07月05日

コンフォートな[C4 Picasso]にリジカラを☆さぁ!どうなる?! 合わせてリジカラ検証も!

リジッドカラー、良いですね~
なんと言いましょうか、このパーツでここまで変わる!?という位に体感できます
ノーマル車輌にも◎
足回りガチガチ仕様にも◎
オールマイティに使用でき、なおかつ、その車の持ち味をグンと引き出す
ノーマル車の場合、シットリさや落ち着きの向上
ガチガチ車の場合、ガチガチの角を取った様なフィーリングに
必ずと言っていいほど変化を味わえます

原理的な難しい話は動画での説明をどうぞ

では、ノーマル状態がフワフワな印象の車の場合どうなるのか?

対象車輌は「CITROEN C4 PICASSO」
フレンチ ファミリーボックスとして趣味性も強く、良い車です。
乗り味は、ふんわり した優しいフィーリングです。
好みは分かれると思いますが、私の印象としてはそう、船です。

縦揺れに お釣り が多いという表現が正しいのかはわかりませんが、
明らかに揺れの納まりは良くないです。

このフィーリングに リジカラを組み込むとどうなるのか?
リジカラの検証も行ないながら、施工です

CIMG6713
まずはサスペンションの現状チェック!SDLテストです。

ふわふわの原因がダンパー機構にあってはいけません
からね

今回は前後にリジカラの組み付けです。
C4ピカソのリヤ用のお値打ち感、凄いです

16枚入っていました
いかにも 効きそう ですね。


CIMG6716CIMG6717


CIMG6718フロントサブフレームのひとコマです。

抜いてみると驚きの遊びが

このボルト遊びが多すぎて左右前後あらゆる方向に
傾けることが出来てしまいます。

これを最適化するのがリジカラの役割です。





CIMG6719CIMG6720


指定の箇所へ、指定のカラーを嵌め込むと、ピタッとフィットします
そのカラーをボルトに嵌め込むと、やはりピタッとフィットします。
カラーの付いたボルトをサブフレームに挿入すると、ど真ん中目掛けてボルトが入り込みます。
CIMG6722CIMG6723
CIMG6721CIMG6724

その相手側は、大きなプレーンワッシャ形状のカラーを挿入します。
これにより、サブフレームとボディを面接触させる効果が生まれます
ほとんどの場合、この部分は面で接触している様に見えるだけで、点で接触しています
車輌の全ての重量を請け負うこの部分へのカラー装着により負担軽減・乗り心地の改善の
キーポイントはこの接触具合にあるのでは?と考えています。
CIMG6725CIMG6726
CIMG6727
取材撮影を終えたら、付属の「リジカラグリス」を
カラーとボルトに塗布し、組み付け・増し締めを行なうのです。

カパーペースト風グリスを塗る事により、馴染みを助け
防錆効果も望めます。








CIMG6735続いてリヤ側を組み付けましょう。

リヤは左右合計8箇所に組み付けます。










CIMG6738CIMG6740
CIMG6743CIMG6741
う~ん、ピタッとくるな~
今回、知った事...それはC4ピカソのリヤフレームの穴の大きさが左右で違うこと
右側の方がより多くの遊びを設けて設計されています。
リヤ・スラストアングルやリヤのトー値のアンバランスを補正し易くしているのでしょかね?

CIMG6744リジカラを全数組み付け、アライメント作業を
施工後は、再度SDLテスト!

ここではアライメント作業後のサイドスリップ値
をチェックする意味も含めています。

乗ってみた印象は?






ふわふわだった作業前に対して、非常に変化が出ています。
もうフワフワだね、とは言わせないフィーリングです
ショックアブソーバを交換しなくては実現しようが無い、カチッとした印象に激変です。
しかしながら、ショックアブソーバを交換したわけでは無いので、苦痛を感じる部分も無く
一言で言えば「丁度良い」そんな印象でしょうか
(ショックを変えると誰もが苦痛を感じるわけではありません、付ける物にもよります)
素材の良さを引き立たせた仕上がりに、私どもも、お客様も満足です

リジカラメーカーサイトでも C4ピカソ のリジカラに関して開発記事が紹介されています。

アバルト500での記事も過去に紹介しています。
アバルトの暴れる足回りにグッと落ち着きを増す仕上がりは、これまた大満足でした。



  

Posted by redpointparts at 14:11Comments(0)TrackBack(0)

2013年05月24日

DS3のボンネットを断熱するという事を考える

お客様よりご依頼を頂いた作業をご紹介

DS3レーシングへの施工例です。

内容は「発熱するタービンの熱が、ボンネットの塗装に悪影響を及ぼす前に対策をしたい

納得です

実は私も前から気になってはいました。
ボンネットの先端・真下に位置する箇所にタービンがある車ですから
熱害による塗装の劣化も十分予想できます。
DS3が当社のデモカーだった頃に、R56ミニ用の遮熱板が流用できないか?
なども考えた事がありました。
時の経過と共に、アイデアも忘れていましたが、リクエストがあった為再度検討中です

熱源を覆う物を用意するのがベターですが、まずは手軽に行える事から施工します
CIMG6379CIMG6382
ボンネットを裏側から見た画像です。
防音材は存在しますが、断熱材は存在しません。
今日は、この部分に断熱材の貼り付けを施工したいと思います。

CIMG6380材料から型紙を元に切り出した物が
こんな形の物です。

裏側には粘着シートが付いていますから
デコボコした起伏に合わせて貼り付けていきます。








CIMG6383CIMG6385
ボンネットへ直接断熱材を貼り付け、縁取りをアルミテープで保護し、
純正の消音材を取り付けます。
ハンドメイド感満載ですが、効果はあるはず
ちなみに、ボンネットを閉めた際の音が変わりました
CIMG6386CIMG6388

モータースポーツを楽しまれるお客様ですので、トーイングフックの取り付けも
ご依頼いただきました。ありがとうございます
  
Posted by redpointparts at 19:55Comments(0)TrackBack(0)

2012年11月07日

シトロエンDS3にCDAの装着

本日2つ目のお題は「DS3にBMC・CDAの装着」です

皆さんご存知の通り、DS3にはCDAの設定がありません
皆さんご存知の通り、流用で装着可能です
CDA自体、汎用性の高いボックスフィルターですので、設定が無くとも殆んどの車輌に取り付けが可能です。
CIMG5588CIMG5585
今回CDAを取り付けさせて頂いたDS3は
前回のご来店時に3種の神器も装着済みです。
帰り道が楽しみですね

CIMG5586CIMG5587
今回は、CDAの取り付け作業と、レデューサの結露及び凍結防止対策も行いました。
寒冷地でレデューサをご利用になる場合、冷間時のリード凍結には気をつけなくてはなりません。
DS3や207の場合は、レデューサ本体が真下を向く状態で装着可能ですので水分は落下して
くれるはずですが、アルミボディの特製上結露は招き易いっはずですので保温マットを
本体に巻きつけました。
それでも凍結には注意が必要です
寒冷地でのご使用に関しては、詳しくはお問い合わせ下さい。














  
Posted by redpointparts at 20:57Comments(0)TrackBack(0)

2012年07月30日

DS3の足回りやキャッチタンクの取り付け

今週は 何かとバタバタしておりまして...更新できる時にやっておこうかなと
今週の作業内容には 工場通信内でご紹介したい作業が豊富なのですが
写真を撮影している余裕が無いのです
何とか撮影する努力をします

というわけで、先週やその前の週の作業をご紹介。
今朝のお題は 「DS3に色々と」です。

当社の元デモカーに現在お乗りのお客様が、足回りを変更するという内容で入庫しました。
現状は当社のオリジナル車高調整KITが付いていますが今回ダンパー部を変更します。
ベースはビルシュタインです
ビルシュタインダンパーを加工し、車高調整機構を持たせた物を用意しました。
CIMG5183CIMG5184
コチラがその加工ダンパーです。BSSキットがリリースされていればこんな加工は不要なのですが...
うまくいけば良いのですが、色々と問題が発生し組み付け完了といきません..トホホ

楽しみにして頂いていた、お客様 もうしばらくお待ち下さい。

気を取り直して、同じ車輌へレデューサの増加とキャッチタンクの取り付けを行います
この手のエンジンへのタンク取り付けは初めてです。

このDS3には1.6Turbo用のプロトタイプレデューサが装着されています。
今回は増設作業を行います。
CIMG5259右上に見えるのが、プロトタイプレデューサです。
現在の製品が出来るまではこんな方式も考えていました

加工作業が大変であるのと、コストが掛かる為現在の
方式に落ち着いたという事ですね。








CIMG5258タンクの世設置箇所はここしか空いていません
エンジンルーム内は、余裕のある隙間がないですね。

キャッチタンクのサイズラインナップが増えた事で
取り付け可能車種も増えました








CIMG5260そこへクワッドリードをぶち込みます

各部のレイアウトが決まれば、今度は配管を考えます










CIMG5261CIMG5262
CIMG5264全体像~各部のパイピング処理です。

アルミパイプは、加工性が良く私自身お気に入りな素材です

皆さんの気になるCDAも装着済みです。

DS3用はCDAキットの設定がありませんが、
装着は可能です

REMUS パワーライザも付いています




CIMG5204お次は、DS3に車高調整式スプリングの組み付けです。

ノーマル状態が、それほど車高の高く無いDS3だけに
スプリング選びは重要です。

ローダウンスプリングを組み付けると、ガクンと下がり
馴染むともっと下がるなんて事も予想できます

後々の事も考え補正可能な当社の製品はお勧めです。




CIMG5209フロントのノーマルストラットのバネ皿を取り外し、
ネジ式アジャスタを代わりに組み付けます。

バネは黄色のエナペタルロゴ入りです









CIMG5211
オリジナルブランド「SessA」のステッカも取り付けてみました

アジャスタブルって、響きも見た目も良いですね









CIMG5213CIMG5216
装着状態から、スプリングコンプレッサで圧縮して、取り外します。
右側は、組み付け後です。
上皿にはベアリングも組み込みました。
これにより、スプリング作動中のストレスから解放されしなやかにサスペンションが動きます
ベアリングの組み込みだけで、乗り心地はかなり変わりますので、気になる方はお試し下さい





  
Posted by redpointparts at 20:47Comments(0)TrackBack(0)

2012年06月26日

3種の神器の取り付けでDS3&207は元気ハツラツ!

今朝は 小学校の旗当番の日でした
私の長女の通う小学校は、学校の直近にある横断歩道に信号機がありません
通学の時間帯は 通勤車輌も多く危険な為 保護者が毎日交代で子供達の通学の
安全を見守る週間があります。

既に何度も当番は回ってきていますが 小学生との挨拶やちょっとした会話には
こちらも元気をもらえます

こんにちは サービスメカニックのハシモトです

本日のお題は 3種の神器です。
3種の神器とは?
CIMG5080ターボパイプKIT

ツインリードレデューサKITorクワッドリードレデューサKIT

ディバータバルブアダプタです。

本日のご来店は 長野県からのお客様です。
遠い所からありがとうございました。















CIMG5081CIMG5082
取り付け前と取り付け後です。
現代車特有のプラスチッキーな見た目が、メタル感溢れる華やかな印象に変貌します

以前にもご紹介していますが、過去の工場通信の記事も未確認の方は要チェックです。
プジョー・シトロエン系 1.6ターボ用レデューサの記事
ターボイプの効果を説明した記事(DS3レーシングですが。)

3種の神器の取り付けは、即日付けて乗って帰れます
事前のご予約をお待ちしています。

そして、大変永らくお待たせしております アノ部品の製作にも着手しています
308やRCZに装着可能なターボパイプKITです。
試作品の完成までもうしばらくお待ち下さいね

  
Posted by redpointparts at 15:05Comments(0)TrackBack(0)