2013年07月22日

目で見て分かるこの違い!! え?乗り心地の事ですよ。

すばらしい暑さですね今日も
暑さに負けず頑張っていますかワタシは負けそうです

当社の足回り整備には、SDLテストと言うサスペンションテストを必ず施工します。

SDLテストの施工判断基準は、車輌を約27Hz~7Hzの周波数で縦方向に
振動を与え、その上下動に対して車輌がテストプレート上にしっかりと設置しているのかどうか?
をグラフに表示する事で、サスペンションがしっかりと仕事をしているか?を判断するものです

ショックアブソーバに不具合がある場合は、一目瞭然な結果を表示できます怖いでしょ?

ショクアブソーバの良否判定だけでなく、どうも乗り心地に不満がある、や、不安がある。
と言った、誰に相談すれば良いの?この思いという表現し難い内容も、SDLテストにより
ズバリな回答をご提供する事が可能です

そんなわけで、今日は乗り心地に関して、顧客満足度の悪評高い FIAT500を対象に
テストデータを元にして、こんな変化が出ましたよをご覧いただきましょう

車輌データは FIAT500S です。
ツインエアーエンジン搭載 マニュアルミッション 専用パーツを豊富に装備したモデルです。
ほぼ新車同然のこの車輌ですが、お客様からの要望により、今回の作業を行ないました。

ご相談事項は
落ち着きの無い乗り心地が苦痛仕方ないので、何とかならないものか?
路面が少し荒れている状況での強めのブレーキング時にABSが作動する、こんなものか?

やはり500特有のアンバランスなサスペンションにご不満な様子でした。

ご提案として 乗り心地の根本を正すべくKONI FSD(ショックアブソーバ)の組み付け
小さなギャップの入力を緩和すべく パフォーマンスカラー(フロント側)の組み付け
リヤサスペンションの余分な動きを減少すべく トーションビームスタビライザの組み付け

大きく分けて3点のパーツ組み込みと、当社独自の4輪トータルアライメントメニュー
を施工となりました。
CIMG6839CIMG6840
CIMG6841
残念ながら商品単体画像と、パフォーマンスカラー
に関する画像が欠けています。

KONI FSDをFIAT500に用いるのは初めてですので
どういった仕上がりを見せるのか、興味があります。

ちなみに今回は、ローダウンしません
珍しいでしょ?
FSDはやはりノーマル車高との相性に定評があります。



beforeafter

いかがでしょう、この差!
リヤサスペンション・グラフのこの落ち込みこそが、500のリヤの落ち着きの無さを物語っています。
リヤ加重とリヤスプリングのレート・ダンパーの減衰力が車にマッチしていないのですね。
17インチのホイールが付いていたりすると、もっと酷い事になりますので。悪しからず。

今回のグラフに現れた極端なグラフの落ち込みは、リヤタイヤが跳ねる・浮く・そういった状況に
より表現されるものです。
ダンパーがしっかりと吸収出来る物になる事で、作業前・後で全く違った動きになりましたね。

これが目で見て分かる乗り心地の違いです

試運転した結果、非常に満足度の高い仕上がりとなっています
狙いを付けたパーツ3点が見事に調和され「BEST OF 乗り心地の良い500」になりました






  

Posted by redpointparts at 18:46Comments(0)TrackBack(0)

2013年07月12日

電気を整備し、目で見て判る成果を出す!

毎度おなじみ 電気の整備屋です

クルマって、ガソリン入れとれば動くそんな風にお考えの方が少なくないはず

よ~く考えてみてください
ガソリンは満タンでも、バッテリがダメならエンジン始動しませんね
ほら、電気って大事でしょ

いよいよ、猛暑続きの夏がやってきました
例年の傾向として、35度を越す猛暑が続くと、クルマの電装品がご臨終するケースが
多発しています

どんなところが
パワーウィンドのモーター付近(窓の上下が不可能になります)
燃料ポンプ(ガソリンを供給しなくなります)
電動ファン(オーバーヒートします)
オルタネータ(発電しなくなります)
機械的冷却系等(電気ではありませんが水漏れやサーモスタットなどによるオーバーヒート)
バッテリー(温度上昇に伴うエアコン作動率過多により突然死します)

出先や、長距離走行中にこんな事起きたらめんどくさいです
電気系統部品のトラブルは、不安定な電圧供給状態によっても発生するリスクは高くなります

上記に挙げた電気系統トラブルの中で、バッテリーとオルタネータに関しては間違いなく
事前の電気系統整備により長寿命化する事は可能なのですね

どういった内容かと言いますと
当社のスタンダード整備でもある ステージ1メンテナンス です
過去の記事ではフル施工メニューを取り上げています。

今回の施工車輌では、ステージ1Light(ライト)を施工しました。
フル施工と ライトの違いは??
ライト施工=電気の流れの基本を正すことで電圧安定化に的を絞った内容です
フル施工=ライト施工の効果に加えて車をとりまく帯電を除去し、
       静電気除去・流れる気体の清流効果が望めます

CIMG6814CIMG6816
例のごとく粗悪品のバッテリーターミナルです
特にこの内側から見た様子がひどいです
接触面積が少なすぎる点状に変色している箇所が、バッテリポストに対して
接触していた箇所です。
これでは電気の流れの妨げになって当然です

CIMG6811CIMG6809
ですから、信頼性の高い国産品のターミナルに変更します
このバッテリターミナルは、輸入車のバッテリーポストの規格形状に合わせ内面を
鏡面仕上げした製品です。
バッテリポストをしっかりと包み込み、締め付ける事の出来る永年の愛用品です

電気にとってのスタート地点であり、ゴールでもありますので、
この箇所をあなどるわけにはいきません

マイナス側は適切な箇所にアースケーブルを引きなおしてあります。
プラス側は、オルタネータからの電圧をダイレクトにバッテリへ供給出来る様に接続しています。

CIMG6813プラス側に関しては、形状が厄介なのです。

マイナス側の様な形状であれば問題はありません。
ところがプラス側の場合、数本のケーブルを集約
していたり、フューズが入っていたりとする為、
ご自慢のターミナルはすんなりとは付きません

ちょとした工夫と加工によりターミナル交換をしている
のですよ

これは最近の車に多く見られるケースですから
当社では施工が可能です

IMG_0003ここまでの作業で電気の流れの基本を
正すことができました

結果はレポートを見れば一目瞭然

目では見れない電気の流れを目で見て判る
結果をご提示しています

毛細血管の様に張り巡らされた配線に
きっちりと電圧供給をする事が可能になりました。















電気の流れが良くなるとどういうメリットがあるのか?

車をとりまく全てにおいて、良い方向につながります

バッテリに常に良い電圧が充電されますから、バッテリが長持ちします

電気を沢山使用した状況(ヘッドライト・エアコン・その他電装全般)において
オルタネータが楽に補充電を出来る様になる為、発電機本体の負荷が減り長持ちします

目で見てわかる電気部品(ヘッドライトの光量など)の仕事量に違いが出ます

耳で聞ける電気部品(電動ファンやブロワモータ・カーステレオの音)の仕事っぷりに変化を感じれます

もちろん、スパークプラグに飛ぶ火花も強くなりますから、走りにも違いがでます

電子制御オートマチックやセレスピード・デュアロジックなどの制御電圧が安定する事により
トラブルの未然防止につながります

と、長ったらしくご説明をさせて頂きましたが、まだまだ電気の重要性についてお話したい程です

何はともあれ、ステージ1 ベーシックメンテナンスを施工しましょう








  
Posted by redpointparts at 21:52Comments(1)TrackBack(0)

2013年06月12日

ツインエアー用レデューサに新たな仕様が仲間入り

CIMG6568
500Sです

先週納車されたばかりの車輌です。

早速色々とご相談を頂いています。







レデューサのご依頼があったのですが、どうも2013年以降あたりから?か従来のレデューサ
が装着出来なくなっている噂を聞いていました。

ツインエアー用レデューサは当社での取り付けのみでは無く、あらゆる方面のお店でもご利用
いただいていますので、これを機会に従来モデルとの見分け方をご用意しました。

CIMG6536CIMG6537
まずはエンジンルーム内のカバー装着状態での見分け方です。
丸印の箇所をチェックしてください。
この変てこな部品が付いているかどうかがポイントです。
(実際にはこの部品に黒色のスポンジが巻きつけてある為、見た目は異なります)

この新型に該当する場合の新しいレデューサKITはこの様になります。
CIMG6540ケースが変わりました。
接続パーツが増えました。

よって、お値段は従来型よりもUPします。









CIMG6556
装着するとこんな感じ

従来は真横にホースを接続していましたが
新型は出口を真下に向けて装着するようになります。








CIMG6569CIMG6572

SessAブレーキパッドも装着していただきました。
新車からパッドを交換する、既に定番メニューですね
そして、ルーフアンテナここも従来とは形状が異なります。
リクエストがあった為、フィッティングを行ってみたところ、装着できました

ツインエアー用レデューサVer.2 ¥35385-(税込み)



  
Posted by redpointparts at 18:31Comments(0)TrackBack(0)

FIAT500のアライメント施工やヘッドライト調整不良についてご紹介

先日、別件での作業ご依頼中に気づいたちょっと困った症状?についてご紹介です。

今回の例は、実は結構な確立で確認出来ている内容ですので、当てはまるかな?
という方は要チェックですよ!

今回はアイドルストップ反転システムを組み付けにご来店いただきました。

作業の完了後に、恒例の 「BOSCH SDLテスト」を施工したところ、えな結果が
IMG_0002
ほぼ新車なのに、何ですかこのサイドスリップ値は

「-13.4mm」って。。。明らかに異常です。

と、いうわけで半日のお預かりの所、期間を延長
させていただき、当社のイチオシ4輪トータルアライメント
の追加ご依頼をいただきました。

もちろん、この状態では直進安定性はサイアクです

ビシッと決めておきます












作業を開始すると、更なる異変を発見
CIMG6684CIMG6687
ヘッドライトの光軸を自動調整する機能が備わった車輌です。
が、リンクロッドの角度が変
左がおかしな取り付け方になった画像です。右が正常に戻した画像です。

ちなみに、この状態をテスターで診断してみると。。。
テスタテスタ1

数値も明らかにおかしく、なおかつキャリブレーションも完了できていない状態です。
さぞかし夜道が暗かった事でしょう

せっかくなので、光軸テスタでどの様に映るのかもお見せしましょう。
CIMG6685CIMG6688
CIMG6693センサ・リンクロッドが異常な取り付け方の場合
左上の様に、下の方を照らす事になります。

正常に戻し、キャリブレーションを実行すると
上の様に正しい位置を照らします。

HIDとプロジェクタライトの組み合わせですから
きっちりと調整すると、バツグンな視界を確保できます。






アライメントの調整結果と仕上げのSDL結果をどうぞ。
IMG_0004IMG_0003
フロントのトー値とスラストアングルの変化に注目!
そして、SDLテストのサイドスリップ値も正常に

当車輌は、ローダウンスプリングで車高を下げている仕様でした。
仕上げの作業を当社で施工させて頂いた、というわけですね

4輪アライメントは、形のしては無形の商品ですが、乗れば体感出来る!
そんな商品だと思います
新車だから、調整は不要!と思われている方、施工する価値は十分にあります

4輪トータルアライメント:¥18900-(税込み)
「当社のアライメント作業には以下の内容が含まれます」
BOSCH SDLテストの施工
タイヤのエアーを窒素ガスに入れ替え、車輌に合った当社おすすめの圧力調整施工
ヘッドライト光軸調整の施工
作業前・後の試運転によるロードインプレッションを基に調整を行います。

  
Posted by redpointparts at 13:29Comments(0)TrackBack(0)

2013年05月23日

★☆Tipo パンダキャラバン 寄り道でご来店☆★

CIMG6402パンダ3台で日本列島を横断企画 「パンダキャラバン」
皆さんご存知ですよね。

当社でも広告を出している雑誌「Tipo」の編集部
ジャーナリスト・カメラマンを引き連れて、当社にも
遊びに来てくれました






「当社スタッフはなぜかラーメン屋風のポーズ!?」

本日の名目はパンダ2台分のエンジンオイル交換です。
既に5000キロ近くを走破した当企画で、エンジンオイルもさぞかしくたびれた事でしょう。
新しいオイルに入れ替えて、この先も元気に乗り切って頂きたいです

今回のパンダに使用したエンジンオイルは
白のパンダには Lubross Classico 15W-50 鉱物油
グリーンのパンダには SessA 10W-40 100%シンセ
両オイル共に、当社のお勧めオイルです

そして、エンジンにはアノアイテムもインストール
CIMG6399
ツインリードレデューサを装着しました

長旅が確証されているこの企画でレデューサの
恩恵を実感してい頂けると思います。

エンジンが軽くなるだけでは無く、燃費にも
効いてきますからね

ラテン系統を代表する雑誌社のクルマはエコで
なくっちゃ


CIMG6393CIMG6395
CIMG6400そして、この白パンダ、実は当社の中古車
だったのですね~!

その証に、ボンネットを開けると当社のメンテナンス
ステッカーが顔を覗かせます








Tipo パンダキャラバンの最新情報はfacebookでご確認下さい  
Posted by redpointparts at 20:13Comments(0)TrackBack(0)