2006年12月16日

天皇杯 福岡戦 サポーター少ないぞう!!

久しぶりの延長試合だった気がします。なんか長く感じますね。
それにしても。
今日は出来ればモチベーションの高い、ベンチや出場機会に恵まれなかった、若手を使って欲しかったと思いました。
永井や酒井、細貝はスタメンでしょ、て勝手に思っていた私です。実際、相馬あたりはかなりよかったです。動きも、チャレンジする気迫も素晴らしくて、相馬がボールもつとわくわくしました。

結果だけみれば、楽勝試合。
でも実際は、モチベーションは福岡のほうが高い印象で、ボールへの執着心はかなりのもの。やっぱり福岡は、監督変えないで、FW獲得すれば落ちなかったんじゃないかな。

まあ、それは他チームのことなので、おれたちのレッズのお話。
主力選手たちが溜め込んだ尋常じゃない疲労の凄さと実感し、リーグをとるのに全てをかけきって、勝ち取って、で、燃え尽きた部分もあったのかもしれないですね。
風邪でダウンだった、山田と長谷部。
長谷部はベンチで山田は試合(なんか辛そうだったから、山田はお休みさせてあげて欲しかったなあ)
いつもなら、ベンチにされたら、もー不機嫌、納得いかない!て顔をする長谷部が、なんか子供みたいにはしゃいで笑っていたのが印象的でした。
だって何度も笑いころげながら、細貝たちとボールにたわむれて、最後はボール拾いまでしてましたよ。機嫌かなりいいなあtt。
ただ、長谷部は途中出場することとなるわけですが。
啓太は長谷部がいないときはやりにくそうで、やりにくそうでした。やっぱり二人は最高の相棒なんだなって思ってみたり。


スタジアムでは、永井に対する期待がすごく高くて、まだ出ていないときから何度もコールが。
真ん中だったんですが、しばらくして、啓太のロングパスを右サイドでうけて鋭くきりこんだプレーがあったんです。
その位置なら、平川?と思ったら、永井!! 自分の判断で右に流れたのではないかと。
それからはもう、何度もチャンスメークして、やっぱり永井の右はたまらない!と思いました。
スタジアムでは、みんな永井にいれて欲しい、永井のアシストは全部決めて欲しい、そんな気持ちに満ちてた気がしました。
だからもう、永井がいれた時は嬉しかった!
オジェックにいいアピールになったと思うし、つかいたいと思うでしょう永井は。
ところで、相馬は大丈夫だったのかな。



redsakairo at 19:17│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔